コラム一覧 :はりの話

1件~15件(27件)

過去の15件

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~

イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学では「六臓六腑」とされます。この「六臓六腑」のことを「臓腑」と呼びます。「臓腑」が様々な要因で変調をきたすと、病気となるとされます。臓腑の「臓」は、中身がつまった実質臓... 続きを読む

はりの話

2016-09-30

「自分の鍼治療を説明させてください」 第3回 ~西洋医学、解剖学的な説明。神経の分布。~

イメージ

今回も、前回から引き続きまして、「自分の鍼治療を説明させてください」シリーズの第3回として、自分の鍼治療を西洋医学の観点から説明させていただけたらと思います。「第1回 ~鍼灸治療のやり方は様々で、多くの流派がある~」「第2回 ~東洋医学的な説明。人体は全体で一つ。六臓六腑... 続きを読む

はりの話

2016-04-07

自分の鍼治療を説明させてください 第2回 ~東洋医学的な説明。人体は全体で一つ。六臓六腑と兪穴~

イメージ

「第1回 ~鍼灸治療のやり方は様々で、多くの流派がある~」 に引き続きまして、第2回として、自分の鍼治療を東洋医学の観点から説明させていただけたらと思います。第1回の最後に、鍼灸治療は様々な技術、考え方がありますが、東洋医学の考え方が流派を問わず、共通しているのではないか、と... 続きを読む

はりの話

2016-03-17

自分の鍼治療を説明させてください 第1回 ~鍼灸治療のやり方は様々で、多くの流派がある~

イメージ

日本の国民の鍼灸治療を受けたことがある人の割合は7%程度と聞きます。残念ながら、現代における鍼治療はそれだけ一般的ではありません。一般的ではないことを説明するのは難しいことです。それでも、患者さんに納得していただいて治療に取り組んでいただくには、鍼治療についてご理解していた... 続きを読む

はりの話

2016-03-10

健康保険を利用して鍼灸治療は受けられるのか?

イメージ

最近、数名の患者さんから健康保険を利用して鍼灸治療が受けれるかどうか、をお問合せいただきました。鍼灸治療では、健康保険を利用することができます。患者さんの利点としては、1回の施術につき、は1,057円(平成28年2月現在)を健康保険組合が負担してくれるので、通常の5千円の治療費... 続きを読む

はりの話

2016-02-05

ここちよい針のシゲキ

先日、私と同世代の患者さんがこう仰っていました。「鍼治療に行く日が早く来ないか待ち遠しくて、PUFFYの愛のしるしを歌っちゃいましたよ~」「でも、あれは鍼じゃなくて針ですけどね~」最初、何を言われているのかわからなかったのですが、「愛のしるし」という曲の歌詞の出だしに次... 続きを読む

はりの話

2015-11-11

鍼灸の鍼と注射針の違い

イメージ

「はり」と聞くと、病院での採血の時の注射針や歯科医院での麻酔の注射針をイメージされる方が多いかと思います。もちろん、私も経験がありますが、とにかく痛いですね。まず、漢字としては、鍼灸は「鍼」を使い、注射針は「針」を使います。裁縫の場合も「針」ですね。語源には諸説あるようで... 続きを読む

はりの話

2015-11-04

どんな鍼を使うのですか? ~鍼の種類~

イメージ

鍼には様々な種類があり、代表的なものをご紹介させていただきます。毫鍼に関しては、私の流派のやり方を説明させていただきます。 毫鍼(ごうしん) 一般的にも鍼といえば、このタイプを思い浮かべられるのではないでしょうか。私はこの毫鍼のみを使用します。毫鍼は鍼体(しんたい... 続きを読む

はりの話

2015-10-27

どのぐらいのペースで続ければいいですか?~治療間隔について~

イメージ

 治療開始時は週1回以上 治療間隔ということを考えるにあたっては、鍼治療開始時は最低週に1回をおすすめしています。鍼治療は治療を受けた直後から効果を感じていただけることが多いですが、鍼治療直後から体が変化し、それが治まるのが3日後~1週間とされます。2回目の治療は3日後~1週間... 続きを読む

はりの話

2015-09-30

何回通院すればいいですか?~治療期間について~

イメージ

鍼治療をどのぐらいの期間をかけて、治療に取り組んでいけばよいか、についてです。特に初めて鍼治療を受ける患者さんとしては、「何回通えば治りますか?」と聞きたくなる心情はよくわかります。答えにはならないかもしれませんが、それは治療を進めていくに従って、つかめてくることであ... 続きを読む

はりの話

2015-09-30

インタビューを受けて

イメージ

先日、あるウェブ上の企画でインタビューを受けました。短い言葉で、伝えることは難しいですね… 質問① ここの治療院はどのような治療ですか?  私の鍼治療では、首から骨盤まで、背骨や骨盤の周りを重視します。この場所に硬さなどの異常が現れると、各臓器に関連するツボが現れます... 続きを読む

はりの話

2015-09-16

鍼をすると、どうなる?

イメージ

鍼治療について、端的に200字以内に説明するならばを、考えてみました。鍼治療の効果など詳細については下記をご覧ください。鍼 神尾ホームページ 鍼はなぜ効くのか?http://harikanwo.com/chiryou_naze.html 続きを読む

はりの話

2015-09-09

たねの森を訪ねて

イメージ

先週の休日は、埼玉県日高市のたねの森を3年ぶりに訪ねました。当日は畑でエゴマの作業があるということで、一緒に畑仕事をさせていただき、久しぶりに土に触れ、土の温かさ、土の香りや植物の生命力を感じることができました。私が初めてたねの森を訪ねたのは10年前で、最初に愛媛県の福岡正信... 続きを読む

はりの話

2015-07-31

患者さんの不安 ~初診時に大切なこと~

イメージ

先日、当院にお電話でお問い合わせがありました。初めてお電話をいただいた方でした。腰椎椎間板ヘルニアで、それほどの激痛ではないものの、腰に痛みがある方でした。この方は、この電話の前日に他の鍼灸院で治療を受けられたとのことでした。にもかかわらず、「鍼 神尾では私のような場... 続きを読む

はりの話

2015-07-24

鍼灸治療ってどこの治療院で受けても一緒?

イメージ

鍼灸治療には、色々なやり方があり、流派やグループがたくさんあります。経絡というツボの並びを重視して、その流れを通すように鍼や灸をする方法。この症状には、このツボという風にツボを使っていくやり方。ツボには特にこだわらず、筋肉や神経に対して鍼や灸をする方法。そのそれぞれのやり... 続きを読む

はりの話

2015-07-19

1件~15件(27件)

過去の15件

RSS
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

腰痛改善ばかりでなく、精神的にも非常に充実した日々を送る事が出来ています!

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~
イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学で...

[ はりの話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ