コラム

 公開日: 2016-07-11 

治療例の紹介 肩こり

肩こりと消化器系の症状が関連している患者さんの治療例となります。

このように、体のバランスを整えていくことで、一見、関係がなさそうな症状が解消される、という一例となります。

性別

女性

年齢

30歳代

最もお困りの症状

肩こり

その他の症状

子宮筋腫、お腹の張り、便秘、冷え性、眼の下のクマ

初診時の症状、体質

10年以上前から、肩こりが強い。肩が痛む時と、突っ張っている時がある。右肩よりも左肩のほうが痛む。腕が上がらないといったことはないが、常に両肩がつらい。左腕を上に挙げると、ポキッと鳴ることがある。

去年、子宮筋腫の手術を受ける。子宮筋腫と診断を受けてから、食べ過ぎるとお腹が張ることがあり、現在もある。

便秘気味。暑がりだが、手足の冷えは強く、寝ていても手足の冷えで目が覚めることがある。

眼の下のクマが気になる。

診察

肩部は左右とも板状の硬さです。肩甲骨内縁も硬さが連なります。これは肩こりの直接的な原因でもありますが、消化器系とも関連が深いです。他にも硬さがある所は、背骨の第12胸椎付近、仙骨部です。

第12胸椎付近には、「胃兪」(いゆ)や「脾兪」(ひゆ)と呼ばれる胃や膵臓に関連が深いツボがあります。また、仙骨部には「小腸兪」と呼ばれる小腸に関連したツボがあります。こうした胃、膵臓、小腸といった消化器系に関連の深いツボが硬さとして現れていることと、肩部~肩甲骨内縁に硬さが現れていることが、消化器系の症状の原因であるといえます。

仙骨上部は生殖器とも関連が深く、子宮筋腫とも関連があると考えられます。

また、便秘、冷え性、眼の下のクマというのは、どれも体の循環が悪いことが共通した原因です。

治療内容

治療のポイントは以下の4つになります。
①お体全体のバランスを整えながら、肩部~肩甲骨内縁の硬さが鍼によって緩まると→肩こりの改善・消失

②肩部~肩甲骨内縁、第12胸椎付近、仙骨上部の硬さが緩まると→胃、膵臓、小腸といった消化器系の臓器につながる神経が圧迫された状態から開放される→消化器系の機能が高まる→お腹の張り、食欲不振などの症状の改善・消失

③仙骨上部の硬さ→緩まると→生殖器につながる神経が機能を取り戻す

④全身のバランスをとりながら、上記の硬さが緩まると→全身の気・血液・神経の流れが滞りなく循環するようになる→便秘、冷え性、眼の下のクマといった循環の流れの停滞といえる症状が改善・消失

肩こりの治療ポイント

経過

ご本人の最もつらい症状である肩こりを改善することから始めました。初診時には、両肩ともに板状の硬さで、根深い肩こりの印象でした。

治療開始時は、鍼治療の2~3日後には、また以前のような肩の痛みや張りに戻ってしまうことがありました。

鍼治療を受けた後、眠気が強いとも仰っていました。それは体を回復させるために、体を休めたいという反応に思えます。そのような反応が見られる方のほうが回復する力が強いと考えられます。

初診から1ヶ月後には、それまでの治療後2~3日後に戻る、といった状態が、治療4~5日後に戻る、といったように、肩の痛み、つらさが戻るまでの間隔が開いてきました。それと伴に、その時期から、お腹の張りや胃もたれといった症状が、ほぼ気にならなくなってきたとのことでした。

また、2ヶ月目に入ると、手足の冷えが以前よりなくなってきている、便通が良くなってきた、よく眠れる、といった変化があり、肩の痛みはほとんどないが、首の付け根がつらい、といったものになってきました。

その後は多少の波がありましたが、初診から4ヶ月後に肩のつらさが強いことがなくなり、5ヵ月後も肩の痛みでつらい、といったことはなくなりました。

治療期間: 5ヶ月
(肩の痛みが気にならなくなった…初診から4ヶ月)

治療間隔:
初診~1ヶ月…週に1回
1ヶ月~3ヶ月…隔週に1回
3ヶ月~5ヶ月…月に1回

患者さんご自身が感じられた変化

鍼治療を始めたころは、とにかく治療を受けた後、すごく眠くて、あくびを連発していました。

肩の痛みは、しばらくは治療後の数日間は楽に感じるものの、1週間以内に元に戻ってしまうことが続きました。

最初は肩に関してはそんな感じでしたが、肩よりも先にお腹の張りが気にならなくなってきたり、便通が改善され、胃がもたれることが気にならなくなったりと、お腹の調子が整ってきた感じがありました。

その後、徐々に肩が痛むことがなくなってきて、肩の張りや肩が重く、つらい、といったことがなくなってきました。

私の場合は、肩が硬くつまっていたことで、様々な循環が良くなかったように思えます。そのせいで、消化器系の症状もありましたし、冷え性や目の下のクマがあったりと、特に血液の循環が悪かったのだと思いました。

考察

肩こりのタイプとしては、硬い塊がゴロっと触れるタイプ、肩全体が張っているタイプ、バリバリに板状の硬さがあるタイプと様々です。この患者さんの場合は板状の硬さがはっきりとしていたタイプでした。

硬さが根深い印象でしたので、ある程度、時間はかかる覚悟が必要でしたが、思っていたよりかなり早い時期から症状の変化と改善がみられました。

初診から1ヶ月は、治療の数日後には元に戻る、といったことが続きましたが、肩こりの大きな変化よりも先に、お腹の張り、胃のもたれ、便秘といった消化器系の症状の改善がみられました。

その後は肩の外側から緩んできて、4ヶ月後には肩の痛みを感じることはほぼなくなってきました。その頃は月に1回の治療でしたが、元の肩の痛みが再発するようなことはありませんでした。

この患者さんの場合、肩こりの他に消化器系の症状が目立ちました。肩部が硬く、つまった状態が続くと消化器系に影響がでるタイプの患者さんであったと思います。また、肩部が硬くつまれば、血液や気の流れが停滞することにもなりますので、冷え性などの全身の症状にも影響があります。

肩こりが改善される過程で、消化器系の症状のほうがむしろ肩こりよりも先に改善がみられ、それに従って、肩こりにも改善がみられた、といったことからも、消化器系と肩こりに関連性があるケースであったといえると思います。

このように肩こりと消化器系との関連が、全ての肩こりの患者さんに当てはまるかといえば、そうとはいえません。しかし、肩こりは肩部だけの問題ではないことがほとんどです。そのような意味でも、症状のある個所にだけ気をとられず、お体全体をとらえながら鍼治療を続けることが重要であるといえます。

この記事を書いたプロ

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお) [ホームページ]

はり師 神尾理

東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL:03-6907-3250

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

体内受精はあきらめかけていました

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

N
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~
イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学で...

[ はりの話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ