コラム

 公開日: 2015-11-27  最終更新日: 2016-03-28

アーシング(Eathing)のご紹介

前回のコラム(無線LAN(Wi-Fi)による健康被害はあるのか?)に引き続き、今回は体に入り込んだ余計な電気を解消する方法について考えてみたいと思います。

ここで言う、電磁波や体に溜まった電気というのは、太陽光線などに含まれる電磁波(放射線)といったものではなく、主に電気製品などが発する人口的な電磁波についてです。電化製品が発する電磁波は、太陽光線などとは異なり、まだ人間が適応するには時間がかかり、現代人にとって、ほとんどは害になってしまっているのが現状に思えます。

電磁波から体を守るには

電磁波から体を守ろうと考えた時、方法としては、電磁波を避けるか、体に溜まった電気を外に放電するかとなるかと思います。

電磁波を避ける方法としては、電気機器の使用を控えたり、使い方に気をつけて、できるだけ影響を受けないように努めることになります。

ただ、私達の日常では、自分がどんなに気をつけていても、周りからの影響は少なからず受けてしまいます。例えば、満員電車に乗れば、ほとんどの乗客が携帯電話、スマホを持っていて、車内は凄まじい電磁波の嵐なのかもしれません。

そう考えると、どうしても避けられない電磁波を体の外に出す方法を考えるべきかもしれません。

下のブログでは、アーシング(Earthing)について書かれています。

Alohaに生きよう Live in Aloha
Earthing
http://www.liveinalohas.com/2013/05/microsoftinternetexplorer4-0-2.html

外ヨガではアーシングをすると一石二鳥で体がすこぶる元気になる
http://engawayoga.com/sotoyoga-earthing-effect

上記のブログで言われていることは、アーシングの方法と、なぜアーシングに効果があるのか、といったことだと思います。

アーシングの方法

単純なことではありますが、素足で地面に立つ、ということになります。

地面は土(畑)、芝生、砂地(浜辺)、といった場所が適しているとされます。アスファルト、木材、ゴム、プラスチック、ビニールなどでは効果はないようです。

従って、現実的には、公園などの芝生の上や砂浜を素足で歩くのが良さそうです。時間は30分以上を継続して行うと効果があるようです。

靴を履くと効果がないとされますが、多くの靴の底はゴム製のため、電気が通らないことが理由のようです。

静電靴というものもあるようです。

静電靴を履けばアーシングできる?
http://16296315.at.webry.info/201508/article_14.html

なぜアーシングに効果があるのか

Earthingとは地球とつながる、という意味だと思いますが、そのつながり方によって、体に溜まった電気を地中に逃がし、地中から自由電子を体内に取り込めるということのようです。

現代人にとっては、電気製品に囲まれた生活は、体に電気が溜まることは容易に想像がつきます。また、化学繊維の衣類により、発した静電気が体に影響することも充分に考えられます。このように、体内に溜まった電気を地中に逃がすことで、体内の電気的なバランスが保たれる、というのがアーシングの効果の代表的なものなのだと思います。

そして、もう一つの大きな効果としては、体から地中へだけでなく、地中から自由電子と呼ばれる抗酸化物質が体に入ってくるということです。つまり、体と大地が相互にやり取りをして循環しているということになります。

いかなる疾病を引き起こす原因の一つとして、「酸化」が挙げられます。酸化の原因として、活性酸素が必要以上に増えすぎてしまうことがあります。

地中に存在する自由電子は人類史上、最も効力のある抗酸化物質とされ、電気的に活性酸素を中和してくれる作用があるとされます。自由電子はマイナスで、活性酸素はプラスであるので、お互いを相殺するということのようです。

ツボは帯電している所?

上記のブログの中で、「体内で帯電する所として、ツボと呼ばれる所にどんどん帯電される。」という一説がありました。

私は、患者さんに鍼治療をしている時に、ツボに鍼がしっかりと入った時に様々な感覚があるのですが、その一つとして、電気的なものを感じることがあります。鍼という金属を通して、体外に放電しているような、そのようなことが起きていても不思議ではないと感じています。

電気的なもののことを昔の人は「邪気」と呼んだのかもしれません。電気的なものなのか、邪気なのか、老廃物、氣と呼ぶべきか、いずれにしても、鍼治療は鍼という金属を通して、患者さんと鍼灸師との間で様々なやり取りがされていると感じます。そんなことをふと考えました。

実際には

私自身もこのアーシングをしてみています。私の場合は、毎日はできていませんが、近所の公園に芝生があって、そこに数十分間ほど、素足で軽く体操をしたりしています。

実際に実行してみて感じることは、はっきりと劇的な感触といったものはないものの、体がスッキリする感覚はあります。少なくとも、体に害を感じたりすることは一度もありません。私の場合は天気が良い日しかしませんが、冬場の寒い日でもできないことはなく、素足でいた後は体がむしろ温まるような感じもします。

理想としては、ビーチで素足で朝日を浴びながら散歩することが日常的にできたら最高かもしれません。

この記事を書いたプロ

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお) [ホームページ]

はり師 神尾理

東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL:03-6907-3250

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

意外な効果もありました!

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

N.K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~
イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学で...

[ はりの話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ