コラム

 公開日: 2015-11-19  最終更新日: 2016-06-28

治療例の紹介 下痢

20歳代の若いビジネスマンです。仕事上などのストレスがかかるとお腹の調子が悪くなり、下痢をすることが慢性的に続いていた患者さんです。腰痛も慢性的で、初診時にはご本人は腰痛が良くなることはあきらめていたようでした。下痢と腰痛が関連していて、鍼治療によって良い結果がでた症例です。

性別

男性

年齢

20歳代

最もお困りの症状

下痢

その他の症状

腰痛、目の疲れ、肩こり

初診時の症状、体質

腸の調子が悪く、下痢をすることが多い。便秘することはまずない。元々、腸の調子を崩しやすかったが、2年前から職場のストレスが強く、下痢することが多くなった。腰痛は以前からあり、腰の痛みには慣れてしまっていて、腰痛を解消することはあきらめている。体は疲れやすく、だるさがある。肩こりや目の疲れを感じている。

治療内容

肩部、胸椎8番(肩甲骨の最も下の高さ)、腰椎1番、4番、5番、仙骨の上部は硬さがはっきりとあります。特に第4~5腰椎、仙骨上部は非常に硬く、鍼が入りにくいほどの硬さがあります。第1腰椎付近は、すい臓や胃と関連が深く、第4~5腰椎付近、仙骨上部は、大腸、小腸と関連が密接にあります。

腹部のおへその下も含めて、腰椎4~5番、仙骨上部の深部を緩めていくことで、腸の調子が整ってくることはもとより、腰痛の改善・解消も期待できます。初診では、腰部が非常に硬かったですが、鍼によって腰部の深部が緩み始めれば、徐々に腰部の柔軟性も高まると思います。「硬い」ということは、そこを通う臓器につながる神経の働きが鈍い、ともいえます。柔軟性が高まれば、神経の働きが高まり、それにより、臓器の働きも活性化されると考えられます。

また、鍼治療の効果として、自律神経系や血液循環が高まることから、腸の調子や腰痛の改善のみならず、体調全体にも良い影響が出てくると思われます。

経過

鍼治療を始めるまでは、下痢がかなり深刻で、奥様から内科で検査を受けるよう言われていたようでしたが、ご本人としては、内科で処方される薬剤で、完治できると思えなかったため、鍼治療を選択されました。

まず、下痢の症状ですが、2回目の来院時から、下痢が続くことがほとんどなくなりました。ただし、時より下痢することもあり、その時には必ずといっていいほど、仕事で徹夜するといった仕事がハードであることがありました。ご本人も自覚されていますが、この患者さんは、何かストレスが心身にかかると、下痢という形で症状が現れるタイプといえます。

また、腰痛に関しては、ご本人は腰は痛い状態が当たり前で、腰痛から開放されることはあきらめていると初診時には仰っていました。腰部には、消化器系と関連の深いツボが存在し、この患者さんの場合も腰部の治療を最も重視しました。消化器系の治療を継続していく内に、下痢という症状が改善されるばかりでなく、腰部の深部が鍼によって緩んでくるに従い、腰痛も改善されました。まさに一石二鳥といえるのではないでしょうか。

鍼治療を開始されてから2ヵ月後には、下痢、腰痛といった症状がほとんどみられなくなり、体調が安定してきました。その後は、私としては、治療間隔を徐々に空けていってもよいことをご本人に伝えましたが、ご本人としては、週1回の治療を継続していきたいとの意向があり、1年間通院されました。その後は、治療を終了し、何か問題がある時に、来院していただくようにしています。

治療期間、治療間隔(頻度)

治療期間: 1年(症状が改善し安定するまでは2ヶ月間)
治療間隔: 週1回

考察

下痢が続いていたことと、腰痛があるのが当たり前だったということが深く関連していた患者さんでした。

腰部の上部には、すい臓や胃、下部には大腸や小腸といった消化器系の臓器と関係したツボが存在します。これは、脳から始まる神経が背骨の中を通って各臓器につながっているのですが、その神経の走行上に「硬結」と呼ばれる滞りができてしまうと、その神経が圧迫され、臓器の働きが停滞してしまうことが起きます。

例えば、胃を癒すという意味の「胃兪(いゆ)」というツボがありますが、これは、第12胸椎~第1腰椎付近にあるとされ、脳から背骨の中を通ってきた神経がこの第12胸椎~第1腰椎付近から枝分かれして、胃につながっています。第12胸椎~第1腰椎付近に「硬結」と呼ばれる滞りが胃につながる神経を圧迫して胃の機能が低下することが起きます。

この患者さんの場合は、第1~第5腰椎、仙骨部の深部に「硬結」がはっきりと存在していたことからも、消化器系の臓器につながる神経を圧迫し、消化器系の臓器の機能が低下していたといえると思います。

この「硬結」とは体の歪みというか、負担のかかっている所にできているともいえます。人間の体は負担がかかりバランスが崩れると、負担のかかっている所を硬くして、なんとかそれを支えようとします。よく眠れていない、充分な休息がとれない、ストレスから開放されないといったことが続くと、バランスが崩れたままの状態が固定化され、様々な症状として現れてきます。症状としては、神経が圧迫されることによる臓器の働きの低下であり、また硬く固まった個所は血流が悪くなり、冷えや痛みの原因となります。

この患者さんの場合、腰部の「硬結」が、下痢が続くという消化器系の症状の原因と腰痛の原因となっていたことから、この腰部の「硬結」が鍼によって緩み解消されることで、下痢と腰痛という2つの症状が改善されたといえます。

下痢の症例①

この記事を書いたプロ

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお) [ホームページ]

はり師 神尾理

東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL:03-6907-3250

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

体内受精はあきらめかけていました

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

N
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マイベストプロサイトでの掲載の終了のお知らせ

今月で、マイベストプロサイトへの掲載を終了することになりました。今まで、コラム記事などを御覧いただいた...

[ お知らせ ]

ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ