コラム

 公開日: 2015-08-28  最終更新日: 2015-10-27

五十肩はどうしたらいい?

五十肩というと、50歳代の肩の痛みと思われがちですが、40歳代でもその他の年代でも五十肩とされ、医学的には「五十肩」が正式な疾患名となり、40歳代は「四十肩」とは医学的には言いません。

痛みは強く、日常生活にも支障がでるほどのことが多いようですが、ある一定の期間を過ぎると何事もなかったかのように痛みが消えるといった特徴があります。

実際に、五十肩を発症した場合、どのように対処し、ご自分でできることはあるのか、また鍼治療ではどのように治療していくのか、といったことを3回のコラムに分けてご紹介させていただきます。

五十肩の症状

症状は肩が重だるい、うずくような感じがする、手の置き場がない、といった訴えが多いですが、肩を動かさない時は特別に苦痛はなく、たなの上のものを取ろうとした時など、ふいをつかれて痛んだり、服に手を通そうとしたとき、自分の髪を束ねようとしたときなど、手を伸ばす瞬間にキリッとした痛みを感じるのが特徴です。

五十肩の原因

原因は不明とされますが、肩がどうなるために痛むのか、については以下が挙げられます。
五十肩
① 肩の関節を取り囲んでいる回旋筋腱板という筋肉の腱(骨に付着する部分の強い筋肉)がすりきれたり、石灰がたまったりする。

② 癒着性関節炎や粘液包炎をおこす。

③ 肘を曲げる筋肉である上腕二頭筋の腱が腱鞘炎をおこす。

筋肉が骨にくっつく部分に腱と呼ばれる組織があります。足のアキレス腱をイメージされるとわかりやすいかと思いますが、この腱は関節を動かすときに重要な働きをしています。かなり丈夫にできているのですが、この腱には血管がないために、一度、傷つくとなかなか治りにくいのです。この腱が老化などの理由で、もろくなると、部分的にすれたり、切れたりして五十肩の症状が出てきます。

以上が五十肩の最も有力な原因とされますが、その他には、関節そのものが変形したり、肩の周りの筋肉や筋膜(筋肉を包んでいる膜)に炎症をおこし、それが五十肩になる場合もありえます。

また、肩の関節の可動域(動かせる範囲)は360度ですから、人間の関節の中で最も可動域が広い関節なので、これは人間の手が進化の過程において使いやすいように、その自由度が高くなったために、仕組みが複雑になって、安定性が犠牲になっている、という弱点があります。

鍼治療方法

治療を行わず自然治癒をただ待つ場合、完治まで早くて半年、長くて1年かかるとされています。その場合でも完治してしまえば跡形もなく治り、腱組織も自然に修復され、安定状態が保たれます。

鍼治療を行なうとその半年~1年のつらい肩の痛みの期間が短縮されます。実際の鍼治療では、肩関節の前面、後面、上腕、鎖骨下端、胸鎖関節付近などにみられる異常個所に鍼をすることで、痛みを和らげる効果はもとより、損傷している腱の修復を早める効果があります。

基本的に、鍼をする個所には、「血液」や「気」が集まる性質があります。それによって、患部に栄養が運ばれ、老廃物が回収されるという循環が促進されます。また、鍼は金属で、体にとっては「異物」であり、その異物に対して戦う力が発動され、その力が腱などの損傷個所に対する修復力の増加につながると言えます。

また、肩周辺の患部のみの治療ではなく、体全体の治療を行うことで、自律神経系が整うことや、栄養吸収の改善、排泄力の増進、眠りの質の改善、ホルモンバランスの正常化や骨盤の調整などの様々鍼治療の効果が、患部の修復、回復に必要な体内環境を作り出します。

五十肩の症例を以下で紹介させていただいております。
五十肩の症例①

普段の生活での注意点

初期の2~4週間は肩を安静にし、無理をして動かさないことと、温めると痛みが楽になるので、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることや、カイロで患部を温めるのがいいと思います。

ウォーキングは誰でも手軽にできる運動で、腕を振って歩くことで血行を良くし、筋肉のトレーニングにもつながるので五十肩にも効果があります。

肩を覆うということが大事なので、普段の工夫として、少し厚手のシャツを着たり、就寝時には肩を保温するサポーターをつけることもお勧めです。肩周辺を冷やさないことが大切です。

仰向けで寝る時に肩周囲に痛みがある場合は、バスタオルなどを2~3回折りたたみ、痛いほうの腕の下に置きます。こうすることで、腕の重みで肩が下に引っ張られることを防ぐので痛みがなく安眠できます。

肩が少しずつ動かせるようになったら、積極的に運動療法を始めることが、完全に治す一番の近道です。運動療法のポイントとしては、自分で動かして最も痛む方向に向って、無理せず徐々に根気良く動かすことです。

五十肩の運動療法に関しては、次のコラム「五十肩の体操療法」を参考にされてください。

この記事を書いたプロ

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお) [ホームページ]

はり師 神尾理

東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL:03-6907-3250

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

先のことを思うと途方に暮れる日々でした…

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

N.W
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~
イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学で...

[ はりの話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ