コラム

 公開日: 2015-07-31  最終更新日: 2015-10-27

たねの森を訪ねて

先週の休日は、埼玉県日高市のたねの森を3年ぶりに訪ねました。当日は畑でエゴマの作業があるということで、一緒に畑仕事をさせていただき、久しぶりに土に触れ、土の温かさ、土の香りや植物の生命力を感じることができました。

私が初めてたねの森を訪ねたのは10年前で、最初に愛媛県の福岡正信さんの農園を訪ね、そこで知り合った人づてに、たねの森に辿り着き、一時期は連日のように畑仕事の手伝いをさせていただいていました。

その頃の私は、鍼灸の道を歩み始めていましたが、鍼灸の文献や教科書といった卓上の理論といったものだけでなく、生命というか、もっとリアルに自然を実際に感じ、その感触を自分の五感を通して経験したかった想いがありました。その経験が鍼灸治療を歩む者にとって絶対に必要なことだと信じていましたし、今でもそう思っています。それは、鍼灸の考え方には人体は自然と一体のものであるという考えが大前提であるとされるからです。たねの森という空間で自然を感じる様々な経験をさせていただいたことは私にとって鍼灸師としても財産であり、ただただ感謝するばかりです。

たねの森では紙さん一家が本物の種を作られています。現在の一般的な種は、F1種(交配種)と呼ばれ、一代で力を出し切ってしまい、二代、三代となるにしたがって、生産性が低下し、中には種が採れないものもあるようで、F1種は代々永続的につながっていく種ではありません。F1種の作物は形が良かったり、効率が良かったり、人間都合にとっては良いことがあります。しかし、それは本来の自然界のものとはかけ離れたものであり、代々つながっていく「種のリレー」が途絶えることになります。

人類が農耕を始めた1万年前から、人々は種を家宝のように大切に守りながら受け継いできました。それが20世紀に入ってから、このF1種という人工的に交配された、代々つながらない種は、資本主義的な生産主義、効率主義と価値観が合致し、大規模農業経営と共に急速に広がったのでした。

「種のリレー」が途絶えるということは、命の営みの上で最も大切な多様性や永続性が途絶えることになります。

たねの森では、途絶えてしまった「種のリレー」を取り戻し、失われた種を守り広め、継承の文化や多様性の価値観を取り戻すための様々な活動に取り組んでおられます。

東洋医学、とりわけ鍼灸治療の全盛期は江戸時代であるといわれていますが、明治維新や第二次世界大戦後のGHQによって弾圧され、近年になって西洋医学一辺倒からの東洋医学の価値観が見直されてきている状況があります。

私は東洋医学、鍼灸治療を取り巻く状況とこの「種のリレー」とに、重なる部分があると感じています。

無農薬・無化学肥料のたねの店
たねの森
http://www.tanenomori.org/

たねの森

たねの森

この記事を書いたプロ

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお) [ホームページ]

はり師 神尾理

東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL:03-6907-3250

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

腰痛改善ばかりでなく、精神的にも非常に充実した日々を送る事が出来ています!

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~
イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学で...

[ はりの話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ