コラム一覧

1件~15件(92件)

過去の15件

ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」

イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。コラム 2016年7月27日 ツボとは何か第5回は「脾兪(ひゆ)」と「胃兪(いゆ)」をご紹介できたらと思いました。ツボには「~兪」という名前のツボが背中や腰にあります。... 続きを読む

ツボの紹介

2016-11-21

治療例の紹介 通風

イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通風の再発はなんとしても避けたいという患者さんの治療例となります。今回は患者さんの了解をいただき、病院での検査結果を掲載させていただきました。この検査結果さえ良ければ問... 続きを読む

通風

2016-11-07

ツボの紹介 第4回 「心兪」

イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。コラム 2016年7月27日 ツボとは何か第4回は「心兪(しんゆ)」をご紹介できたらと思いました。ツボには「~兪」という名前のツボが背中や腰にあります。そのようなツボの... 続きを読む

ツボの紹介

2016-10-24

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~

イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」といいます。「背部兪穴」は腰背部の背骨の中心から左右の約5センチ外に位置します。「背部兪穴」の「兪(ゆ)」という漢字は、「癒」という字の原型といわれています。「~兪」の「~... 続きを読む

ツボの紹介

2016-10-09

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~

イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学では「六臓六腑」とされます。この「六臓六腑」のことを「臓腑」と呼びます。「臓腑」が様々な要因で変調をきたすと、病気となるとされます。臓腑の「臓」は、中身がつまった実質臓... 続きを読む

はりの話

2016-09-30

治療例の紹介 めまい

イメージ

めまいを訴える患者さんは、首から耳の後方にかけて、肩から肩甲骨の内側にかけてに硬さがみられることが多く、その根本は腰部であったりもします。 性別 女性 年齢 30歳代 最もお困りの症状 めまい その他の症状 食事中や食後の胃の不快感、食欲不振、頭痛、首痛、眠りが... 続きを読む

めまい

2016-09-26

みんなの声を追加いたしました!

みんなの声を追加いたしました。タイトル: 体内受精はあきらめかけていましたhttp://voice.mbp-tokyo.com/harikanwo/voice/872/ 続きを読む

お知らせ

2016-09-13

ツボの紹介 第3回 「気海」

イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第3回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。コラム 2016年7月27日 ツボとは何か第3回は「気海(きかい)」をご紹介させていただきます。「気海」は臍(へそ)の下、約4.5センチのところに位置しますが、実際に鍼を... 続きを読む

ツボの紹介

2016-09-06

みんなの声を追加しました!

みんなの声を追加いたしました。タイトル: 睡眠導入剤には頼りたくない!http://voice.mbp-tokyo.com/harikanwo/voice/857/ 続きを読む

お知らせ

2016-08-30

治療例の紹介 自律神経失調症

イメージ

自律神経失調症は、症状として複数あったり、曖昧だったりし、また西洋医学では検査結果にはっきり現れないといったこともあり、治療の手立てがなかなかないといったことが現状ではないでしょうか。自律神経失調症は、意思とは関係なく、体の様々な調節を自動的に行なってくれる機能が失調して... 続きを読む

自律神経失調症

2016-08-29

ツボの紹介 第2回 「天柱」

イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第2回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。コラム 2016年7月27日 ツボとは何か第2回は「天柱(てんちゅう)」をご紹介できたらと思いました。天柱は頭と首の境目にあり、頭を支えている位置にあります。人間の頭部... 続きを読む

ツボの紹介

2016-08-25

Time Laps@雑司が谷

自分が持っているデジカメでもインターバル撮影ができることを知り、タイムラプスに初挑戦してみました。治療院の施術室から見える風景で、まずは作ってみました。撮影時間は4時間以上かかりましたが、その4時間を約1分に縮めたパラパラ漫画のようなものです。10秒に1度シャッターを切るよ... 続きを読む

お知らせ

2016-08-14

治療例の紹介 腰痛

イメージ

腰痛を訴える患者さんの多くは、腰部と骨盤の境目の深部が硬く、その硬さを鍼によって緩めていくことで、腰痛に改善がみられ、快方に向かいます。この患者さんの場合は、腰部と骨盤の境目を緩めるだけでなく、太ももの裏のハムストリングを緩める必要がありました。ハムストリングが緩むに従い... 続きを読む

腰痛

2016-08-09

ツボの紹介 第1回 「命門」

イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第1回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。コラム 2016年7月27日 ツボとは何か第1回は「命門(めいもん)」をご紹介できたらと思いました。命の門というだけあって、並みのツボではないというか、究極的なツボに思... 続きを読む

ツボの紹介

2016-08-03

ツボとは何か

イメージ

「ツボ」という言葉は、一般的に広く使われ、いわゆる「肩こりに効くツボ」といった使い方や「笑いのツボ」といったように、「ツボ」のことを「ポイント、要点」といった意味で使うこともあるかと思います。東洋医学では、「ツボ」を正式には「経穴(けいけつ)」といいます。「経穴」は、「気... 続きを読む

ツボの紹介

2016-07-27

1件~15件(92件)

過去の15件

RSS
治療案内・ご予約方法

治療についての詳細は、当院HP「治療について」をご覧下さい。「鍼はなぜ効くのか」ページ「実際にはどのように治療するのか」ページ「鍼は何病に効くのか」ペ...

Q&A

私が使う鍼は、鍼作りの職人の方に、私の師匠から受け継いだ鍼の仕様で特別注文で製作していただいています。素材は、伝統的な鍼の場合、一般的には銀製が多いようです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)の神尾理さん

はりで体の深いところをほぐすと、その人自身が持つ力が発揮できる(1/3)

 地下鉄東京メトロ副都心線、雑司が谷駅から徒歩4分。落ち着いた街並みの中にあるマンションの一角に、鍼 神尾(はり かんお)はあります。院長の神尾理さんは若い頃、腰痛をきっかけに寝たきり状態になったこと、また、母がすい臓がんを患ったことから、...

神尾理プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

伝統的なはり技法で体の滞りを解消して病の根治を目指す

屋号 : 鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)
住所 : 東京都豊島区高田1-40-10 グランヴァン目白ヒルズ801 [地図]
TEL : 03-6907-3250

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6907-3250

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神尾理(かんおおさむ)

鍼灸院 鍼 神尾(はり かんお)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

腰痛改善ばかりでなく、精神的にも非常に充実した日々を送る事が出来ています!

≪治療や治療院に関するご感想、治療効果、来院までの経緯、今...

T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ツボの紹介 第5回 「脾兪」「胃兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第5回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

治療例の紹介 通風
イメージ

通風の痛みは、足の指の付け根などに嫌な神経痛が最初にあり、場合によってはかなり痛みも強いようです。そんな通...

[ 通風 ]

ツボの紹介 第4回 「心兪」
イメージ

今回のコラムがツボの紹介としては、第4回となります。ツボについては以下のコラムをご覧いただけたらと思います。...

[ ツボの紹介 ]

背部兪穴とは ~腰背部に並ぶ臓器を癒すツボ~
イメージ

背中や腰には、「~兪(ゆ)」といったツボがあります。このようなツボのことを「背部兪穴(はいぶゆけつ)」とい...

[ ツボの紹介 ]

臓腑(ぞうふ)とは? ~東洋医学の基本的な考え方の一つ~
イメージ

「五臓六腑に染み渡る…」とは、「内臓全体に染み込むように美味しく感じられる」という表現ですが、東洋医学で...

[ はりの話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ