山内眞紀

やまうちまき

ハピネス・マリッジ

[ 中野区 ]

コラム

 公開日: 2016-05-01  最終更新日: 2016-05-02

恋愛結婚よりお見合いの方が離婚率が低いわけとは

恋愛結婚とお見合い結婚では、
『お見合い結婚の方が離婚率が低い』ようです。

日本の離婚率は現在、およそ30%にまで達して、
結婚したカップルの3~4組に1組は離婚していると言われています。

そのうち離婚したカップルのおよそ40%が恋愛結婚だったのに対して、
お見合い結婚のカップルはおよそ10%だそうです。

日本での生涯未婚率は、長い間2%以下でしたが、
お見合い結婚が減少し、恋愛結婚が主流になった1970年代から上昇し、80年代にはさらに急上昇。

そして2010年には男性が約20%、女性が10%台にまでなっています

恋愛結婚に対し、 お見合い結婚の方が離婚率が低いのは


この生涯未婚率は、この先も高くなると言われています。
それだけ、結婚したいのにしない、出来ない男女が多いということです。

何故、恋愛結婚に対し、
お見合い結婚の方が離婚率が低いのでしょう?

それは・・・
大恋愛の末、結婚したカップルは、
恋愛感情で結びついているので、
恋愛中は、相手の悪い所も「あばたもエクボ」で良く見えますし、
多少、条件や価値観が合っていなくても簡単にそのハードルは越えてしまいます。

しかし結婚後3~4年して「恋の魔法」が溶け、
現実生活になって落ち着いてみると、、

・こんなはずじゃ無かった、
・「愛」だけでは食べて行けない現実を実感する
・恋愛中はこんなに優しかった(可愛かった)のに。

・愛してるなら「こうして欲しい」「ああして欲しい」と、
相手への要望や期待が多くなるからではないでしょうか?


私も恋愛結婚組ですから、
一概にみんながそうだとか、
恋愛結婚が悪いと言っているのではなくて、

恋愛結婚する時も、冷静に、
相手との相性や価値観、
相手のご家族、将来のビジョンなど、見極める必要があると思います。

お見合い結婚は、
・落ち着いて相手の生活環境や性格、価値観を見ることが出来る。
・恋愛結婚が、パッと燃え上がって結婚するのに対し、
お見合い結婚は、結婚してからゆっくりと愛を育む事が出来る。

・大恋愛と違って、相手へ過度な期待や要求をしない。
・お互いに歩み寄る努力が出来る。
・第三者の客観的な意見も受け入れやすい。
・比較的年齢が高くなるので、現実の厳しさをある程度は把握している。

こんな事から、お見合い結婚のほうが離婚率が低いのではないかと思います。

「あんなに優しくて熱かったのに、今では・・」とか
「釣った魚に餌をあげない」的な失望感とか・・
恋愛結婚にありがちなトラブルも、お見合い結婚ではあまりないですよね。

私の友人夫妻もお見合い結婚です。
会って2,3度デートしてもう決めたと言っていました。

結婚25年、今でも仲睦まじく、3人の男の子を育てています。
「激しい感情はないけど、ゆっくり分かり合え、
何かあっても相手を許す気持ちも大きい。
運命共同体みたいなものよ^^」と語っていました。

恋愛しないと結婚できないと思い過ぎ


そもそもなぜ、「恋愛しないと結婚できないのか?」
「なぜ、恋愛結婚の方が良いと思われるのか?」という風潮があるのが疑問ですね。

恋愛結婚は、
2人の恋が燃え上っているピークの時、

もしくは、
少し気持ちが落ち着いて来たころ、
恋愛結婚する人が多いですよね?

交際2年で結婚とか、
交際5年だからそろそろ・・とか、

でも、日本の離婚率は30%と言われているなか、

先にもお話ししたように
恋愛結婚からの離婚率 ⇒ 40%に対し、
お見合い結婚からの離婚率⇒10% なのだそう。

なぜ、恋愛結婚は離婚率が高いのか?

恋愛結婚は、
ラブラブ度が一番ピークの時に結婚し、
その後は気持ちが下がって行くものだからですね。

恋愛感情が冷めてしまった後は、

「こんなはずじゃなかった」
「あの時はもっと優しかったのに」
「恋愛時代はもっと可愛かったのに」などなど、

お互いに不満が積もりやすくなるのです。

一方、

『お見合い結婚』は、ゼロからのスタートです。

釣り合い、相性や感覚、価値観などが合えば
結婚するのですが、

恋愛結婚に比べたら、
始めから、相手への期待度が低いわけです。

お互いが
「歩み寄ろう」
「理解しよう」と言う気持ちも働き、
良い所を見て行こうともします。


お見合い結婚してから、
好きな気持ちが増えていくカップルが多いのも
離婚率が低いわけなのではないでしょうか。


『恋は盲目』『あばたもえくぼ』状態で結婚を決めるのではなく、
人生が掛かった大事な決断は、

「恋」というフィルターが掛かっていない
冷静な判断が必要なのかもしれません。

お見合い結婚に向いている人

そういう意味でも、

・恋に臆病
・恋に奥手
・恋愛が苦手
・もう恋愛に時間はかけられない。
・恋愛と結婚は別だと思う

そんな方は、
お見合い結婚が向いていると思いますよ^^


そして、
お見合い結婚してから
恋愛が始まるご夫婦も多いものです。

「もう恋愛より結婚!」と思うあなたは、
身元確かなお相手と『お見合い』をして、
安定した幸せな結婚を実現させましょう~


生涯未婚率が高まる中、
お見合い結婚の良さ、必要性が見直されて来ています。

お見合いでも、恋愛してから結婚するんですよ。

あなたも「お見合い」して、
落ち着いた「恋愛結婚」しませんか?

色んな人と出会える「お見合い」良いものですよ^^

アラフォーの成婚率をアップさせるお見合い&交際とは

アラサー・アラフォーの結婚相談所
【ハピネス・マリッジ】仲人 山内眞紀
 
成婚者お喜びの声
 よくある質問
 HP
 ブログ

この記事を書いたプロ

ハピネス・マリッジ [ホームページ]

山内眞紀

東京都中野区江古田 [地図]
TEL:080-5689-7990

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
成婚者の声
イメージ

アラサーアラフォー、アラフィフの成婚者さまより嬉しい感謝のメッセージを頂いています。【アラフィフ40代、50代カップルのご成婚】40代再婚B子さん50代初婚...

当会が選ばれる理由
イメージ

※結婚相談所「ハピネス・マリッジ」は、【福利厚生代行アウトソーシング企業の最大手、『株式会社リロクラブ(RELO CLUB)』】との業務提携をスタートさせました。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
山内眞紀 やまうちまき

アラフォー・アラサーの婚活を小さな結婚相談所ならではのきめ細やかなサポートで結婚へ導く(1/3)

「第一印象を良くすることは、結婚へ繋げるためのとても大切な要素です。そのため、私はご相談者に対して、本音のアドバイスを正直にお伝えすることもあります。でも実際、私のアドバイスを素直に受け入れて、お見合いから交際に結びつくケースが非常に多い...

山内眞紀プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

30代40代の男女へ的確なアドバイスとサポートで幸せな結婚へ

会社名 : ハピネス・マリッジ
住所 : 東京都中野区江古田 [地図]
TEL : 080-5689-7990

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5689-7990

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山内眞紀(やまうちまき)

ハピネス・マリッジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

山内さんのおかげで、理想の女性と成婚出来ました

自分なりに婚活しておりましたが、なかなか良い結果が得られ...

A男さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「こんな人が結婚出来る」婚活が上手く行く人と失敗する人の違いとは
イメージ

 「こんな人が結婚出来る」婚活が上手く行く人と失敗する人の違いとは 婚活をしている方は世の中にたくさん...

[ 婚活男女へお見合いアドバイス ]

お見合いのメリット・仲人型7つの利点とは?
イメージ

少子化が進み、生涯未婚率も上昇している現代。個人主義、価値観、生き方の多様化もあり、なかなか自分の価...

[ 婚活男女へお見合いアドバイス ]

お見合いで残念だと思う男性とは
イメージ

 お見合いで残念な男性は お見合いの立ち合いをしたときに、お相手男性の印象や対応に「残念だな~」と思...

[ 婚活男性へのお見合いアドバイス ]

恋愛経験が少ないアラサーアラフォーの婚活は
イメージ

 アラサーアラフォーの恋愛経験が少ない人の婚活 30代40代でも、『交際経験が少ない』または、「あま...

[ 婚活男女へお見合いアドバイス ]

40代後半女性が成婚出来たわけ
イメージ

 40代後半アラフィフ女性より成婚アンケート 先月、成婚退会したアラフィフカップルと成婚お祝い会をしま...

[ 婚活女性へのお見合いアドバイス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ