コラム

 公開日: 2017-08-17  最終更新日: 2017-08-18

【就業規則】就業規則を作った後に大切な3つのこと

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。


就業規則第2弾です!

皆さんは就業規則を日頃の労務管理に生かしていますか?


鍵のかかる場所に大切に保管しているがそれ以来一度も見たことがない・・・
実はこのような会社も結構あります。
もったいないですね!

せっかく作った就業規則を生かすために大切なことを3つ揚げます。


【1】「周知」しましょう!


「周知」とは、従業員が見たいときにはいつでも見られる状態にすることです。
それにより、就業規則の内容を全従業員に徹底しましょう。

内容を知っていてこそ労使ともに遵守できるわけです。
会社は周知し、従業員も面倒がらずにきちんと目を通しておくことをお勧めします。


周知の方法は、労働基準法で下記の3つに定められています。

① 常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること。
② 書面を労働者に交付すること。
③ 磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、
   各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること。

周知していない場合には、罰則もあります。


【2】運用しましょう!


ただ、規則があればそれでいいわけではなく、作った後の運用が非常に大切です。
つまり、就業規則に則ってきちんと労務管理を行うということです。
運用してこそ、せっかく作った規則が生きてきます。

これまでのルールを変更したり、新たに策定するような場合には、
そのためのシステムや書式等も必要になることがあり、
軌道に乗るまでは手間も時間もかかります。

作成するときには、運用が可能かどうかも考えながら、
自社に最適な就業規則を作っていきたいものです。


【3】部下を管理するマネージャーには労務知識も持ってほしい!


3つ目は、マネージャーには基本的な労務知識が必要だということです。

マネージャーが法令やルールを知らないばかりに
下した判断がハラスメントになってしまうことも少なくありません。

以前顧問先企業で行ったパワーハラスメントに関するアンケートによると、
部下がパワハラだと感じる事柄の中には、
たとえば、有給休暇を申請したら今は忙しいから駄目だと拒否されたとか
任意の懇親会に無理やり参加させられたなど
少なからず、労務に関する知識があれば防げたものが多いと感じました。

これから、働き方改革により、
残業規制や労働時間管理がこれまで以上に厳しくなってきそうです。

部下を持つ人たちには、
是非、労務管理上最低限必要な労務知識を学び
日頃のマネジメントに生かしていただきたいと思います。




ところで、就業規則通りに行おうと思っても、業務の都合上
なかなかそうもいかない現実もあります。
そんなときには、個別にお願いをして合意してもらう必要がある場合もあります。
そこで大切なのが、良好な人間関係やコミュニケーションです。


色々な会社の就業規則に携わっていると、
熱心な会社ほど、思いもつかないような新たな提案、ご相談をいただきます。
また、状況に応じて頻繁に変更、改定をなさいます。
そして、職場のコミュニケーションや人間関係がうまくいっている会社ほど
離職率が低いのもの事実です。


就業規則は、出来上がって終わりではなく、
周知し、しっかりと使い込むことが大切です。
それと並行して、職場の信頼関係も構築していきたいですね。



※ 「就業規則」に関するコラムはこちら!
【就業規則】就業規則を作るわけ



※就業規則について詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください!
就業規則(モアグロウ労務管理事務所HPより)


***************************************************************
『意識改革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…結果を出す接遇指導&社員間の人間関係構築

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【つぶやき】一風変わった社労士??

人材コンサルタント&社労士の浜田純子です。社労士事務所を開業して12年目。これまで、新たな方々との...

[ 想い ]

【講師養成】講師として大切にしていること・・・その2

講師として、登壇するときに大切にしていること・・・過去のコラムでは「感性」を挙げました。今回は、もっと...

[ 講師養成 ]

【接遇マナー】究極の接遇…表情には全ての感情が表れる

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。「おもてなし」という言葉が、日本の一つの文化を表すように...

[ 接遇マナー ]

【子育て】子供に我慢する力を!

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。我慢する機会を子供に与えていますか?豊かになり、...

[ 子育て ]

【接遇マナー】お客さまにはタブーな3つの言葉

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。接客の場でのクレームは、こちらが何気なく発した言葉が...

[ 接遇マナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ