コラム

 公開日: 2017-03-27  最終更新日: 2017-06-07

【人生】試練、どん底を感じても、考えすぎず淡々と・・・自分で自分を救うために

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。

生きていれば誰しも、1度や2度は
これは試練か、あるいはどん底かと感じさせるような経験があるでしょう。

今日は、私事ですが、
ふとしたアクシデントがきっかけで、気持ちが大きく揺れ動いた自身の経験と
その時に身をもって感じた大切なことをご紹介します。



不思議なアクシデントの連続


20日ほど前に予想だにしないアクシデントに見舞われました。

これから新たなチャレンジをと勢い込んでいた矢先のことです。。

ちょうど海外から帰国する前日夜のこと・・・お風呂で滑って右手首を負傷しました。
こぶのように数か所腫上がり、ものすごい痛みです。
しかし、翌朝には空港へ向かわなければならず、そのまま飛行機に乗り込みました。

帰国後、右手首を2か所骨折、全治3か月との診断を受けました。

参ったなぁと思いつつ、取り合えず自宅でパソコンを開いて
左手だけでポツポツと必要な作業を進めていたところ
今度は、半年前に買ったばかりのそのパソコンが突然壊れ、電源すら入らなくなりました。

なんと左手での超スローな仕事すら不可能になってしまいました。


加えて、ちょうど週末でしたので、月曜には早朝から出社して
会社のパソコンで仕事をと思っていたところ
午後から体がだるくなり、発熱してしまいました。

帰国前から若干の咳をしていたため、風邪が悪化したかと思い
翌朝一番で受診したところ、
「念のためインフルエンザの検査もしておきましょう」ということで受けた検査が
まさかの陽性・・・医師もビックリでした。

結果、出社もままならず、
もともと患ってたらしい気管支炎+インフルエンザということで
大量の薬をいただいてきました。

寝込むなんてもう10年ほどなかったため、何ということかと
この一連のアクシデントを非常に不思議に思い、
何か意味でもあるのかとネットで検索したりもしました。



気持ちの変化


自分の状況より、まず、仕事に対する責任を果たすべく
少なくともギブスの外れる頃までは、仕事にならないことも覚悟し
予定していた会食等はお断りし、現在受けている仕事について
残った手段である電話を駆使して、必要な連絡と引き継ぎを済ませました。

この時は、まだ持ち前のポジティブ思考と責任感で動いていました。

しかしながら、自分が資本の自営であるため、
長期にわたり休止することがどれだけ事業に影響するかを考えると
何とも不安な状況です。


仕事の引継ぎを一通り終えると、
不安を抱えながらも、薬の影響か約1週間、昼夜を問わずこんこんと眠り続けました。
食事も面倒になり、そのまま眠ったためか体重も減少。

そのうち、起き上がるのが面倒で、風邪はよくなっても、
ベッドから出る気にもなれず、うつらうつらの日々・・・

気づくと、不安ばかりが私の中で大きく膨らみ、
起き上がって鏡を見ても、生気のない表情にぞっとするばかりでした。


少し前までの自分がそこにはいない。
ネガティブで、ひたすら体がだるくて、生きていることすらどうでもいいような
気持ちになっている自分でした。
かつての自分は、ベールに包まれた遠い過去の出来事のように感じられます。
つい先日訪れた海外のことですら・・



自分に戻った


そして、数日前のある朝のこと・・・
自分にとってはどうでもよい食事を食べながら、フッと思い浮かんだのが、
私の周りの大切な人たち
・・・お客様、友人、同業者、仕事で知り合った多くの人たち
そして、その人たちの笑顔。

その瞬間、私は、自分を思い出した気がしました。
人が大好きで、人のために仕事をしたいと思う自分が蘇りました。

あんなに体がだるかったのが、みるみる元気になり、
気持ちが生き生きとしてきたことを実感しました。

まさしく、「病は気から」です!



弱気に引き込まれないために


私は、社労士ですのでメンタルヘルスも扱います。
鬱病の大変さもそれなりに知っているつもりです。

今回私は、
このままでは私は鬱になってしまう・・それはだめだ!と無意識に思いながらも
どんどん現実から離れ、独自の思い込みに引きずられそうになった自分を経験しました。


そして、分かっていたけれど、知っていたけれど、身をもって感じたことは
自分の意識、思考次第で、自分はどうにでもなるということです。

ふとしたきっかけで、一瞬の間に目の前が明るくなり元のポジティブさを取り戻しましたが、
現実は何も変わっていません。
不安な状況もしばらく不自由が続くことも、何一つ好転しているわけではありません。

でも、見える景色は違います。
さっきまで見えもしなかった小さな花に気づくこともできます。
そして、何とかなるさ!って、思うようになるのです。


試練、どん底・・・
何をもって試練やどん底というかも、人それぞれであり、比べる必要もありません。

忘れてはいけなのは、そういう時には、自分を信じ優しく見守ってあげること
ネガティブなイメージに飲み込まれてしまわないこと

非常に難しいけれども、試練やどん底を感じたとしても、
その解消法や理由や未来の不安ばかりを深く考えるのではなく
「今」を淡々と過ごす・・・
こうして乗り切っていくことが大切だと実感しました。


人生何とかなるのです!心身さえ健康でいれば・・・

心が弱った時には非常に難しいのですが、
そんなときに自分をより苦しめているのは、まぎれもなく自分自身のネガティブな思考です。
ほんの少し意識を変えるだけで、心の健康は維持できます。

お役に立てると嬉しいです。


※「人生」に関するコラムはこちら!
[[【人生】「幸せ」って何だろう?」・・自分次第で変わる幸せ度 !http://mbp-tokyo.com/growthlish/column/58885/]]

***************************************************************
『意識改革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…結果を出す接遇指導&社員間の人間関係構築

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【クリニックの接遇】クリニックが患者さまに「安心感」を持っていただくために

患者さまがかかりつけにしたいクリニックは、「安心感」を持てるクリニックです。患者さまの必要とする「安心感...

[ 接遇マナー ]

【講師養成】講師として大切にしていること・・・その2

講師として、登壇するときに大切にしていること・・・過去のコラムでは「感性」を挙げました。今回は、もっと...

[ 講師養成 ]

【接遇マナー】究極の接遇…表情には全ての感情が表れる

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。「おもてなし」という言葉が、日本の一つの文化を表すように...

[ 接遇マナー ]

【つぶやき】一風変わった社労士??

人材コンサルタント&社労士の浜田純子です。社労士事務所を開業して12年目。これまで、新たな方々との...

[ 想い ]

【就業規則】就業規則を作った後に大切な3つのこと

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。就業規則第2弾です!皆さんは就業規則を日頃の労務管理...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ