コラム

 公開日: 2015-11-28  最終更新日: 2016-03-23

「企業へのマタハラ防止策の義務付け」を受けて思うこと~

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。

厚生労働省が、マタニティー・ハラスメントの防止策を企業に
義務付ける方針を固めたというニュースを目にしました。

25日の労働政策審議会分科会で明らかにされたもので、2017年の実施へ向けて、
男女雇用機会均等法や育児・介護休業法を改正し、
相談窓口の設置や上司の研修などの具体策を指針で示すということです。



いつの間にかハラスメントという言葉があちこちで聞かれるようになり、
特にパワハラと指導の区別が難しいということで、パワハラ研修のご依頼が急激に増えているこの頃。
先日は、広島高裁に差し戻されていた訴訟で、マタハラが認められ、
病院側に対して損害賠償175万円を命じたという判決が下されたばかりです。
マタハラについて、防止対策が強化されるのも頷けるところです。


少子高齢化の中、女性が、出産や育児と仕事を両立しやすい世の中を目指し、
どんどん法制化が進み、女性活躍の場を増やしていこうという動きが活発化しています。
先だっては、女性活躍推進法が成立したばかり。


思えば・・・
数十年前は、男女の定年年齢が異なるばかりではなく、結婚すると退職を余儀なくされる時代でした。
少しずつ女性のワークライフバランスが認められるようになったものの
私が就職した頃は、子供が生まれても働き続けることがやっとでした。
育児休業なんてとんでもない!
退職しなくていいだけ有難いという感覚でした。


あの頃を思うと、今や産前産後休業から育児休業中には、
社会保険料が免除され、出産手当金や育児休業給付金が支給され・・・
本当に仕事を続けやすい女性に非常に優しい時代へと変遷してきました。


最も、本来男女平等ですし、こういう変遷はなるべくしてなった素晴らしい動きです。

しかし、数十年前の状況が当たり前だと思って過ごしてきた私のような世代にとっては、
今の女性は、何と有難く、幸運なのかとさえ感じるのも嘘ではありません。
昔は女性にとって何と生きづらい世の中だったことか・・・


私のような感覚を持っている人たちは、組織にも結構いらっしゃると感じます。
だからこそ、法律で義務化され、企業が制度化を図るばかりでなく、
社員の意識を変えていくことが大変重要になりますね。


制度を変えるのは、その気になれば難しくない・・
しかし、それを運用するためには社員、
特に上に立つ人達が心から納得できる環境を作らなければなりません。
これこそまさに意識改革です!

人に感情がある限り、そこに働きかけていくことが欠かせません。
マネジメントには、最低限の労務管理に関する法律の知識も必要でしょう。
また、具体的に部下にどのように関わっていくのか、コミュニケーションのとり方も必要になるでしょう。

意識改革から行動変革です。


マタハラ防止が実現したら、その他のパワハラだって、並行して減少していくはずです。
すべてが職場の風土を変えていくことだから。


パワハラの防止対策だけではなく、パワハラ、そしてそれに続きがちなメンタルヘルスが
そもそも起こらないような職場風土を作っていく・・・
これこそ今私がコンサルタント、講師として大切に考え、実践していることです。


これからの企業には、人を活かすための教育が必要だと、
マタハラ防止対策の義務化の記事を見て、改めて感じています。

******************************************************************
『意識変革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…両経験を活かして行う実践的な接遇指導

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
講師として大切にしていること

最近、講師養成のための研修を行う機会が増えてまいりました。大手企業の社内講師の皆様向け、あるいは、一般講...

[ 人材育成 ]

【接遇マナー】メリハリのある笑顔

笑顔は、人の心を明るくし、さわやかな気持ちにさせてくれる素晴らしいものです。「いつも笑顔」でいてくれると...

[ 接遇マナー ]

【接遇マナー】親しみやすさと馴れ馴れしさ

一流ホテルの接遇は、大変丁寧で堅苦しいというイメージがあるようです。一方、気さくさを売りにする業種では...

[ 接遇マナー ]

【接遇力】 クレームは「処理」の前に「受け止める」

接客担当者にとって、最も避けたいのは「クレーム」ではないでしょうか?できれば受けたくない。しかし、そ...

[ 顧客満足度向上 ]

【接遇マナー】知識だけでは役に立たない接遇マナー

接客において、マナーのテキストに書いてあることをすべて覚えたらお客様に喜んでいただくことは可能でしょうか...

[ 接遇マナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ