コラム

 公開日: 2014-12-05  最終更新日: 2015-06-21

【接遇力】飲食店の感じの良さは店長次第!

飲食業では多店舗展開をしているところが多いですが
不思議なことに、同じオーナーであっても、店舗ごとに「感じの良さ」は異なります。

一方、メニューをはじめとする提供サービスは、ほとんどの場合
その企業の「強み」「ブランド」としてどの店舗も同じになっています。
企業によっては、店内の内装に関しても、同一性を持たせています。

こうなると、同じ人が経営する店舗であっても
顧客から見ると、一番感じの良い店とそうでない店は一目瞭然です。
そしてその判断要因は、「店内の心地よさ」。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少し前にこんなことがありました。

ずっと昔からある 多店舗展開をしているある飲食店に行ったときのことです。
数十年前に比べると、メニューも豪華になっているので、これはすごいと思い、期待をしてのことでした。

そんな折、すぐ近くの席でクレームが発生しました。
詳細はわかりませんが、
2人が注文した「エビ」の大きさが違うということらしいのです。
そのクレームそのものがどうかは別として、
お客さまがそう感じたことは事実です。

男性の店長が、それなりに丁寧に応対しています。
クレーム対応についても指導を受けていることは見て取れました。
しかし、残念なことに、その応対の中には、お客様の言うことに対する否定と、
自分たちは間違っていない、つまり、大きさは同じだったはずだという主張が感じられました。

どう対応すべきかはわかっているけれども、
お客さまの「文句を言いたかった悔しい気持ち」を心から受け入れ、
共感することができなかったと感じます。
こういう場面に遭遇すると、やはり、「自分たちに非があるかないか」が気になるものです。

たとえば「それを食べたら具合が悪くなった」というような一大事のような場合には
最終的なは責任所在の判断等は、調査等をしたうえでの慎重なものになるでしょう。
しかし、エビの大きさ程度の問題であれば、
「日頃から十分に気をつけて材料を選別しているつもりだが、
何かの手違いで、ご迷惑をかけてしまったのかもしれない」という考え方で
受け止め、速やかに誠実にお詫びする方が、双方にとってよほど気持ちがいいでしょう。

こんな小さなことで、
エビを食べたお客さまが、今回は少しいやな思いをしたけれどまた来ようと思ってくれるか、
もう二度と来るもんかと思うか、大きな分かれ道になるのです。


ところで、その店長、そんなクレームを受けた後も、お客さまから見えるところでの
女性スタッフとの会話が多いのです!
一応仕事の話のようですが、その笑顔が、妙に不調和でした。

また、スタッフもお客さまが帰った後のテーブルもなかなか片づけず
いつまでも食べた後の食器があちこちのテーブルに残ったままの状態・・・

これでは、クレームをした人の心を逆なでする可能性もあります。
「真摯」な気持ちは、態度でしか伝わりません。
残念な思いで見ていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飲食店の心地よさは、店長次第です!
感じの良いお店は間違いなく店長のリーダーシップが素晴らしい!

そして心地良さを決める要因とは・・・

店内の清潔感(清掃、片付けなどの状況)
顧客を大切に思う気持ちの度合い
顧客へのかかわり方
店長と他のスタッフとの関係性
コミュニケーションの取り方   

これらについて、店長が「気になるかどうか」次第なのです。
それらに対するポリシーを持っているかどうかなのです。

飲食店の場合、スタッフはその多くがアルバイトで、ほんとうに出入りの激しい業界です。
アルバイトのスタッフは、いずれにしても短期間就業の人たちです。
教育を受けて、次へ継承してというふうにはなかなかいきません。

だからこそ、何を大切にしているか、どういう働き方をしているかは、
店長の言動を見て判断するわけです。
店長が確固たるポリシーを持ち、自分が実践し、背中を見せる!


飲食店の場合、「店長」への教育の徹底こそ、
その企業のブランドの定着には必要です。
店のカラーは店長次第で変わります!


******************************************************************
『意識変革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町3F [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務案内

接遇マナーは、なんとなく知っているという中途半端な状態では通用しません。つまり、知識を持っているだけでは、実際には役に立たないのです。接遇の重要性を全ス...

受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…結果を出す接遇指導&職場風土改革

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町3F [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
クリニックの受付スタッフのための公開型研修を行います!

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。今日は、研修のご案内をさせてください。クリニックの...

[ 接遇マナー ]

【クリニックの接遇】クリニックが患者さまに「安心感」を持っていただくために

患者さまがかかりつけにしたいクリニックは、「安心感」を持てるクリニックです。患者さまの必要とする「安心感...

[ 接遇マナー ]

【接遇マナー】究極の接遇…表情には全ての感情が表れる

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。「おもてなし」という言葉が、日本の一つの文化を表すように...

[ 接遇マナー ]

【講師養成】講師として大切にしていること・・・その2

講師として、登壇するときに大切にしていること・・・過去のコラムでは「感性」を挙げました。今回は、もっと...

[ 講師養成 ]

【就業規則】就業規則を作った後に大切な3つのこと

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。就業規則第2弾です!皆さんは就業規則を日頃の労務管理...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ