コラム

 公開日: 2014-12-02  最終更新日: 2015-06-21

電車の中でのひとコマ…席を譲るお年寄り…

先日、大変すばらしい光景を目にいたしました。


*************************************************

吊り革を持って電車に揺られていたときのこと…
あるお年寄りの女性が、電車に乗ってきました。
咄嗟に、私の斜め前に座っていた若い女性が席を譲りました。
そして、お年寄りの女性は申し訳なさそうに、お礼を言って、座りました。

そうして、しばらくした頃
足に包帯をぐるぐる巻きにした松葉づえの若者が電車に乗ってきました。
彼は偶然にも、そのお年寄りの近くに立っていました。
するとどうでしょう?
そのお年寄りが若者に声をかけ、立ち上がったのです、「ここに座ってください」 と。

若者は、驚いた様子で、「私は大丈夫です。」と辞退していました。

**************************************************

私たちが行う行為と同じように、
背中を丸めた高齢の女性が、若者に席を譲ろうとしたのです。
怪我をしている若者が痛々しかったのでしょう。

その光景を見て、心が震えるくらい感動いたしました。
これこそが「人の優しさ」なんだと。


「お年寄りには席を譲りましょう!」・・・私たちはこう教えられて育ってきました。
そのためか、「お年寄りには席を譲らなければならない」 という意識が強いのも確かです。

もちろん最終的には「席を譲る」という行為になるのですが
「~しなければならない」から譲るのではなく、
「大変そうだから代わってあげよう」という優しい気持ちの結果、
席を譲るという行為につながることこそ、本来の姿なのだと思いました。

このお年寄りの女性は、自分が高齢であるとかそういうことは関係なく
目の前の人に対する優しさから、我を忘れて席を譲ったのでしょう。

私たちが「お年寄りには席を譲るべきだ」という考え方をするのと同様に
お年寄りも「若い人には席を譲ってもらって当然」という感覚を無意識に持ってしまいがちですが
このような「~するべき」「~してもらって当然」という感覚は、
「席を譲る」という行為の裏側にある「優しさ」に気づくのを妨げることさえあると感じます。

年を取っているから席を譲るのではなく、
年を取っているため、立っているのがつらいだろうと思うからこそ、席を譲りたいですね。
実際に譲っていらっしゃる方々は、まさにそうなのです。

そして、譲ってもらったら相手が誰であれ、
なかなかできないその行為に、心から有難いと感謝する気持ちを持ちたい…


私事ですが、今でも思い出す「忘れられない気持ち」があります。
子供が1歳少々の頃、右肩と左手に荷物を持ったまま子供を抱っこし
もう一方の手で電車の吊り革を持って立っていた時のことです。
目の前に座っていらっしゃったご婦人が、席を譲ろうと声をかけてくださったのです。
まだ若かった私は、さすがに悪くて、遠慮しましたが
それでも、その人の気持ちが嬉しかった・・・


見知らぬ人どうしであっても、そんな小さな心の触れ合いが、
双方の人を温かい気持ちにさせてくれます。

そんなことを考えさせられたひとコマでした。


******************************************************************
『意識変革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/

******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町3F [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…結果を出す接遇指導&職場風土改革

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町3F [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
クリニックの受付スタッフのための公開型研修を行います!

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。今日は、研修のご案内をさせてください。クリニックの...

[ 接遇マナー ]

【クリニックの接遇】クリニックが患者さまに「安心感」を持っていただくために

患者さまがかかりつけにしたいクリニックは、「安心感」を持てるクリニックです。患者さまの必要とする「安心感...

[ 接遇マナー ]

【接遇マナー】究極の接遇…表情には全ての感情が表れる

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。「おもてなし」という言葉が、日本の一つの文化を表すように...

[ 接遇マナー ]

【講師養成】講師として大切にしていること・・・その2

講師として、登壇するときに大切にしていること・・・過去のコラムでは「感性」を挙げました。今回は、もっと...

[ 講師養成 ]

【就業規則】就業規則を作った後に大切な3つのこと

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。就業規則第2弾です!皆さんは就業規則を日頃の労務管理...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ