コラム

 公開日: 2014-10-10  最終更新日: 2015-06-23

【接遇の心】2つの「おもてなし」

東京オリンピック開催が決定して以来、「おもてなし」という言葉がブレイクしています。
「おもてなし」をテーマに、あちこちでいろいろな取り組みも始まっているようです。

「おもてなし」っていったいどんなものなのでしょう?


日本ならではの文化としての「おもてなし」


日本には、古来より茶道や華道など「作法」を重んじる文化があります。

「作法」を調べてみると、次のような意味が出てきます。(大辞林より)
1.礼にかなった立ち居振る舞いのしかた。
2.物事を行う方法。やり方。
3.しきたり。慣習。...

箸の持ち方、引き戸の開け方、畳の上の歩き方、靴の脱ぎ方・・・
私たちが小さいころから教えられてきた数々のことは
すべて昔から言い伝えられてきた日本独自の作法に違いありません。


ところで、おもてなしには、この「作法」としての意味合いと、「心遣い」としての意味合いの2つがあります。

「作法」はつまり、よく言われる「マナー」です。
つまり、「こんな時はこうする」というルール、方法です。
一方「心遣い」はその時々の気遣いを相手に伝えること、つまり「接遇」です。


外国人に伝えたい日本人ならではのおもてなしの心


「作法」という意味合いでのおもてなしは、日本独自の文化として
外国人には珍しく、大変喜ばれるでしょう。
あちこちで、そういう場面に遭遇するだけで、「日本の文化」として興味を持ってくださることでしょう。


一方、私たちが気を付けなければならないのが、「心遣い」という意味でのおもてなし。

日本は、どこに行っても街はきれいですし、治安も良いし、便利で楽しい。
しかし、公共の場での日本人の「心遣い」はというと
まだまだ自慢できるものではないと感じます。

電車に乗るとき・・・
満員電車でちょっとカバンが当たっただけで、舌打ちする人
我先にと人を押しのけて乗り込んでいく人
電車の中で髪をとかしたりお化粧をしたりする人

本当の意味で、日本は素晴らしいおもてなしの国だ!と言ってもらえるためには
一人ひとりのマナーや意識の改善が必要な気がいたします。

しかし、みんなギスギス、セカセカしているようで、
たまたまよからぬアクシデントがあった場合などは
多くの人たちが周りに集まり、協力して助け合うのもまた日本人の素晴らしい姿。

そんな本当は素朴な日本人の「心」を多くの外国人に伝えられると素敵だな、と感じます。

レストラン、ショップ、ホテルをはじめ、あらゆる接客の場で、
日本人の明るく親切なおもてなしの心を多くの外国人にも差し上げたいものです。

昔ながらの「作法」と、誰もが意識さえすれば表現できる「心遣い」
オリンピックまでに、磨き上げたいですね!


******************************************************************
『意識変革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…両経験を活かして行う実践的な接遇指導

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
講師として大切にしていること

最近、講師養成のための研修を行う機会が増えてまいりました。大手企業の社内講師の皆様向け、あるいは、一般講...

[ 人材育成 ]

【接遇マナー】メリハリのある笑顔

笑顔は、人の心を明るくし、さわやかな気持ちにさせてくれる素晴らしいものです。「いつも笑顔」でいてくれると...

[ 接遇マナー ]

【接遇マナー】親しみやすさと馴れ馴れしさ

一流ホテルの接遇は、大変丁寧で堅苦しいというイメージがあるようです。一方、気さくさを売りにする業種では...

[ 接遇マナー ]

【接遇力】 クレームは「処理」の前に「受け止める」

接客担当者にとって、最も避けたいのは「クレーム」ではないでしょうか?できれば受けたくない。しかし、そ...

[ 顧客満足度向上 ]

【接遇マナー】知識だけでは役に立たない接遇マナー

接客において、マナーのテキストに書いてあることをすべて覚えたらお客様に喜んでいただくことは可能でしょうか...

[ 接遇マナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ