コラム

 公開日: 2012-10-02  最終更新日: 2017-08-27

【接遇マナー】親しみやすさと馴れ馴れしさ

一流ホテルの接遇は、大変丁寧で堅苦しいというイメージがあるようです。

一方、気さくさを売りにする業種では、「きちんと感」ではなく
親しみやすい雰囲気をイメージします。

素敵なホテルマンの心遣い


かつて、あるホテルでチェックアウトをしたときのこと・・・
堅苦しいというイメージのある「一流ホテル」での出来事です。

フロントに飾ってあったランの花がとてもすがすがしくて
「このランの花、素敵ですね!」と話したことがあります。
すると、フロントで応対をしてくださっていた男性が、
「冷蔵庫で温度調節しなければならなく、なかなかむずかしいんです」と。

その後、そのランの花の育て方について、いろいろと話を聞きました。
他にお客様がいらっしゃらない時間帯だったため、
こちらの質問に対して、あれやこれやといろいろな豆知識をいただきました。

こんな有名なホテルでも、小さなランの花ひとつに、そんなに気を配っているのか・・・
そして堅苦しく思えたフロントで、こんなに素敵な会話ができるのか・・・
温かくホッとさせるものを感じました。

相手の気持ちや立場を考えて対応するのが接遇ですから
お客様が高度なホスピタリティを求めていれば、
それを満足させるための応対になりますし、
気さくに話をしたいような場面では、またそれを満足させるべく応対になるわけです。


親しみやすさと馴れ馴れしさは全く別もの

ここで取り違えてはいけないのが「親しみやすさ」と「馴れ馴れしさ」です。
気さくな感じ、親しみやすい感じを伝えようとすると、度を越して馴れ馴れしい感じになってしまいがちです。

相手はどうでしょう?
もちろん人にもよりますが、一般的には親しみやすさは歓迎されますが、
馴れ馴れしさはうっとうしく不快に感じるものです。

では、親しみを込めて接したのに馴れ馴れしくとられてしまう原因は何でしょう?
多くの場合「言葉づかい」です。

敬語はそれだけで相手と自分との立ち位置を明確にします。
つまり、敬語を使うだけで、相手は自分を立ててくれていると感じるわけです。
敬語にこだわり続けると、堅苦しくなるようですが、固い原因は言葉そのものというより
その人の気持ちの持ち方が固くなっているのです。

言葉遣いは崩さず、抑揚や表情、身振り手振りや動作で
親しみやすさは十分伝わります。

たとえば、ご高齢の患者様に対して、次の言い方はどうでしょう?
A:「○○しているの?」
B:「○○していらっしゃるのですか?」
C:「○○しているのですか?」

どんなに親しくなった常連さんでも大切なお客様に違いはありません。
どんなにお年を召されていても、体が動きづらそうでも
長い年輪を刻んできた大先輩なのです。
Bの敬語、最低でもCのですます調くらいは使いたいですね。
ただし明るい声、優しい表情で!

敬意を言葉遣いで表現し、
その上で親しみやすさを表情や動作でしっかりと伝えたいものです。


※「言葉遣い」に関するコラムはこちら!
【接遇マナー】気を付けたい今流行の言葉づかい


※弊社のご提供する研修については、こちらをご覧ください!
㈱モアグロウの提供サービス


******************************************************************
『意識変革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

株式会社モアグロウ [ホームページ]

社会保険労務士 浜田純子

東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL:03-6261-2327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講者の皆さんの声

許可を得て企業名を公表させていただいている「お客さまの声」はこちらからどうぞ!株式会社モアグロウ公式ホームページ{お客様の声」http://www.moregrow.co.jp/...

 
このプロの紹介記事
労働法を得意とする社会保険労務士 浜田純子さん

接遇マナー研修によって、顧客対応への意識改革と行動変革に取り組む(1/3)

 最近、よく聞かれるようになった「接遇」という言葉。多くの人が耳にしたことがあると思いますが、本質的にそれがどういったものなのか、マナーや接客とどんな違いがあるのかなど、正しく把握している人は少ないのではないでしょうか。「株式会社モアグロウ...

浜田純子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元CA&現・社労士…結果を出す接遇指導&社員間の人間関係構築

会社名 : 株式会社モアグロウ
住所 : 東京都千代田区麹町3-7-28 KWレジデンス麹町503 [地図]
TEL : 03-6261-2327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6261-2327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【クリニックの接遇】クリニックが患者さまに「安心感」を持っていただくために

患者さまがかかりつけにしたいクリニックは、「安心感」を持てるクリニックです。患者さまの必要とする「安心感...

[ 接遇マナー ]

【講師養成】講師として大切にしていること・・・その2

講師として、登壇するときに大切にしていること・・・過去のコラムでは「感性」を挙げました。今回は、もっと...

[ 講師養成 ]

【接遇マナー】究極の接遇…表情には全ての感情が表れる

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。「おもてなし」という言葉が、日本の一つの文化を表すように...

[ 接遇マナー ]

【つぶやき】一風変わった社労士??

人材コンサルタント&社労士の浜田純子です。社労士事務所を開業して12年目。これまで、新たな方々との...

[ 想い ]

【就業規則】就業規則を作った後に大切な3つのこと

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。就業規則第2弾です!皆さんは就業規則を日頃の労務管理...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ