不妊で悩む女性の思いに応える漢方薬の薬剤師

鈴木寛彦

すずきひろひこ

不妊専門 むつみ薬局

[ 中央区 ]

職種

プロTOP:鈴木寛彦プロのご紹介

不妊の漢方相談に特化した薬局(1/3)

中央区銀座にあるむつみ薬局の薬剤師・鈴木寛彦さん

気・血・水のめぐりを改善して妊娠しやすい体に

 「むつみ薬局」は、不妊相談専門の漢方薬局。銀座・松屋デパートからほど近いビルの2階にあり、扉をあけると、心地よい薬草の香りが出迎えてくれます。薬剤師の鈴木寛彦さんは、不妊に悩む女性の心情に寄り添いながら漢方薬の相談にあたっています。

 鈴木さんがむつみ薬局を不妊相談に特化したのは、『赤ちゃんが欲しい』(主婦の友社)という雑誌に顧客が妊娠体験談を投稿したことがきっかけでした。まだ妊活という言葉もなかった1994年こと。毎年、多数の懐妊のニュースが届きます。

「特殊なケースでは、卵管閉塞の方が2~3カ月で自然妊娠に至ったことがあります。また、子宮外妊娠で左の卵管を取ってしまった方が、左の卵巣から排卵した卵で妊娠した例もありました。たまたまかもしれませんが、同じような症例が続いたことで、漢方薬の素晴らしさを再認識しました」

 漢方薬では、『気・血・水』という3つの要素を重視し、体内でこれらのめぐりが滞ったり、偏ったりすることで不調があらわれると考えます。「気・血・水のめぐりを良くして、老廃物や悪いものを便や尿、月経、汗、涙などで体外に排出して、体全体の働きを活性化するのが漢方薬です。特殊なケースも、気・血・水を整えることで体が持つ本来の力が引き出された例といえるかもしれません」

 特に不妊の場合は、「古い血が滞った状態の“瘀血”(おけつ)や気の滞りが深く関係している」と言います。「瘀血には、体質によって、体が冷え切って血をめぐらせる力がない『陰性』、ドロドロした血でめぐりが悪くなる『陽性』があります。不妊につながる月経周期の乱れなども瘀血が影響しています。また、漢方では、排卵障害の多嚢胞性卵巣症候群は気が滞っているイメージです。現代はストレスによって気が滞りがち。『病は気から』というように、気は生きる力に関連します。気のめぐりをよくすると血管が開いて血行が良くなり、泣いたり笑ったりと抑えていた感情も表に出るように。感情を出すことも解毒。それによって妊娠しやすくなる傾向があります」

<次ページへ続く>

【次ページ】 パートナーの男性も一緒に漢方を飲むと結果が出やすい

鈴木寛彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不妊相談に特化した漢方薬局

店名 : 不妊専門 むつみ薬局
住所 : 東京都中央区銀座3-8-17 銀座理容会館ビル2階 [地図]
TEL : 03-3563-6238

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3563-6238

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

不妊専門 むつみ薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
卵巣チョコレートのう腫と漢方薬…35歳の女性
イメージ

30歳を過ぎたころより、生理痛がひどくなり、度々不正出血が出るようになったといいます。病院で検査を受け...

[ 妊活と不妊症(薬局の現場から) ]

ストレス不妊
イメージ

           (写真は、東邦大学薬学部 生薬学「漢方基礎理論と婦人科疾患」講義の様子) 37...

[ 妊活と不妊症(薬局の現場から) ]

男性不妊・・・39歳の男性
イメージ

4年前に結婚されたようですがなかなか授からず、病院で検査をしたところ、ご主人様の精子数が少なく、運動率...

[ 妊活と不妊症(薬局の現場から) ]

月経不順と漢方薬…19歳の女性
イメージ

14歳で初潮を迎えてから月経不順で悩んでいるといいます。一時、病院でホルモン治療を行い整いましたが、薬を...

[ 女性のための漢方薬 ]

おめでた(糖尿病)…35歳の女性
イメージ

               ( 写真は、自家薬草畑の 当帰の花 )30歳より不妊治療を開始し、AIH6...

[ 妊活と不妊症(薬局の現場から) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ