コラム

 公開日: 2016-03-29 

厚生年金への加入をしたくない?させたくない?

社会保険加入要件について

社会保険(厚生年金、健康保険)の適用事業所は、株式会社などの事業所や、従業員が常時5人以上いる個人経営の事務所(除外される業種あり)などであり、適用事業所で常時使用される70歳未満の方は被保険者となります。

パートタイマーであっても、同じ事業所で同様の業務に従事する一般社員と比べ、一日又は一週の所定労働時間が概ね4分の3以上で、一か月の所定労働日数が概ね4分の3以上である場合は加入しなければなりません。

「手取りを増やしたいから厚生年金には加入したくない」「年金制度は信用できないから健康保険だけ加入したい」と考える方もいるかもしれません。しかし、加入するかどうかは選択できるものではなく、要件を充たせば当然加入しなければいけないものです。

適用逃れは指導・調査からは逃れられない

しかし、労使で折半する保険料の負担を嫌がるなどして、社会保険に加入しない事業所が存在するのも事実です。

そのような未加入の事業所に対しては指導が行われており、それにより適用事業所となった事業所数も平成24年度約8,000件、25年度1万9,099件、26年度3万9,704件と年々増加しています。悪質なケースですと、場合によっては遡って適用事業所となり、保険料についても遡って納付(最大2年分)することもあります。

また、事業所としては社会保険に加入していたとしても、本来であれば社会保険に加入させなければならない従業員を加入させていないケースもあります。

昨年末に厚生労働省が公表した国民年金被保険者実態調査では、国民年金第1号被保険者の就業状況を基に、本来であれば厚生年金に加入しなければならない可能性のある労働者が、推計で約200万人程度いるとされました。

今後は、国税庁から法人番号(法人のマイナンバー)を添えた法人情報の提供を受け、適用逃れの疑いのある約79万事業所に調査票を送付し、従業員数や労働時間等を確認するとしています。

従業員の将来に責任を持つのも事業主の責務

厚生年金と国民年金は同じ期間保険料を納付したとしても、将来受け取る受給額が違います。老齢年金だけではなく、万一の時の遺族年金、障害年金でも国民年金より手厚い給付が受けられます。

厚生年金に加入すれば配偶者が国民年金第3号被保険者になれる場合でも、厚生年金未加入となれば夫婦二人とも国民年金第1号被保険者として国民年金保険料を納付しなければなりません。また、国民年金の場合は保険料未納という問題もあり、将来的に低年金や無年金になるといった可能性もあります。

事業主にとって負担が重いのは事実でしょうが、自社で働いている従業員の将来に影響があることです。要件を充たした従業員を社会保険に加入させるのは、事業主の責務と言っていいでしょう。

この記事を書いたプロ

社会保険労務士/ファイナンシャルプランナー 藤原事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 藤原武志

東京都町田市小山町1971-1 [地図]
TEL:042-813-8012

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの藤原武志さん

年金の多様なケースを熟知し、年金相談に強みを発揮(1/3)

 社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの藤原武志さんは、2010年、地元町田市にて藤原事務所を開設。法人向けに労働保険・社会保険手続きの代行、就業規則等の整備などの人事・労務管理、そして顧問契約を行っています。「中小企業のオーナーの方...

藤原武志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

共済組合で8年間年金を担当した実務経験で、年金には特に詳しい

事務所名 : 社会保険労務士/ファイナンシャルプランナー 藤原事務所
住所 : 東京都町田市小山町1971-1 [地図]
TEL : 042-813-8012

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-813-8012

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤原武志(ふじわらたけし)

社会保険労務士/ファイナンシャルプランナー 藤原事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国民年金保険料免除 所得審査、未納との違い

 納付率7割、未納率3割 厚生労働省によれば、2015年度の国民年金保険料の納付率は前年度より0・3ポイ...

[ 年金 ]

被災者専用フリーダイヤル

このたびの地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様へ心からお見舞い申し上げま...

[ 年金 ]

学生納付特例 保険料を追納すべき?

 学生でも20歳になったら国民年金 日本国内に住むすべての人は、20歳になると国民年金の被保険者となります。...

[ 年金 ]

受給資格期間10年へ短縮、いったいいつから?

 消費税率引き上げは先延ばしの可能性あり? 消費税の税率は平成27年10月に10%に引き上げられる予定でし...

[ 年金 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ