プロTOP:藤城康二プロのご紹介

患者さんとの密なコミュニケーションを大切にしています(1/3)

世田谷区の歯列矯正歯科医 藤城康二さん

良い歯並び・噛み合わせは、笑顔で健康的な生活を続けるために必要なもの

 矯正歯科医として約30年のキャリアを持ち、下北沢駅近くに「藤城矯正歯科」を開業している藤城康二院長は、歯列矯正の治療に全力を注いできました。藤城院長は長年の経験から、歯列矯正とは「健康づくりと笑顔づくり」だと話します。
 「歯並び・噛み合わせは健康に重大な影響があります。口は消化器官の一部だということ。噛み合わせが悪いと、食べ物を上手く摂取する、あるいは噛み砕くことができません。咀嚼効率が悪くなり、胃や腸など、他の消化器官に負担をかけることになります。また、笑顔づくりという意味では、歯並びが悪いことにコンプレックスを感じ、口元を隠しがちになります。歯を見せるのを避けるために人前で笑えないこともあります」
 良い歯並びが必要なのは、いまこのときの健康、笑顔のためだけでなく、将来にとっても重要だといいます。
 「歯の形は1本1本違い、それぞれの形に意味があります。前歯ならハサミのように食べ物を切り取る役割、奥歯はすりつぶす役割などです。従って噛み合わせが悪いと歯は本来の役割を果たせなくなります。使わない機械が錆つくのと同じで、日常的に使われない部分の歯は劣化し、逆に、負担をかけている部分はすり減ってしまいます。また、歯並びが悪いと、磨きづらく歯に汚れが残りがちになり、虫歯になりやすいという面もあります。なるべく永く自分の歯を使い続けるためにも、良い歯並び・噛み合わせは必要だといえます」
 【1】歯の本来の機能を取り戻すこと、【2】見た目を良くして患者さんの自信を取り戻すこと、【3】将来にわたって健康な歯を使い続けるための予防。藤城院長はこの3つが歯の矯正治療が必要な意味だと説明してくれました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 大人の歯列矯正が増えています

最近投稿されたコラムを読む
当院患者様の体験談
イメージ

ドアを開けて入った瞬間和やかな雰囲気に驚きました。歯医者さんというと特有の消毒の臭い、そして耳を塞ぎたくなってしまう様なキーキーという歯をけずる音がする場所...

特典につきまして
イメージ

せっかく時間と費用をかけて矯正治療したのに、数年後に戻ってしまった。そんな話を聞いた事ありませんか?後戻りの理由として一番目にあげられるのは、動的治療終了後...

藤城康二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

医院名 : 藤城矯正歯科
住所 : 東京都世田谷区代田6-7-24 ルミナス24ビル [地図]
TEL : 03-3481-0136

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3481-0136

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤城康二(ふじしろやすじ)

藤城矯正歯科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
矯正治療の歯の後戻りについて
矯正装置 デーモン クリア

せっかく時間と費用をかけて矯正治療したのに、数年後に後戻りしてしまった。そんな話を聞いた事ありませんか?...

[ 後戻り ]

8020達成者38.3%
20本以上の歯を有する者の割合の年次推移

80歳で20本以上の歯がある、所謂8020達成者が23年度で38.3%と前回調査(2006年)時の24.1%から14.2ポイントも増...

[ 歯科一般の話 ]

矯正治療のデメリットについて/下北沢/藤城矯正歯科
イメージ

矯正歯科治療は、健やかな人生を送っていただくためのものですが、治療のデメリットもあることを理解していただか...

[ 歯列矯正の話 ]

歯列矯正の意義について/下北沢/藤城矯正歯科
イメージ

藤城矯正歯科の症例報告が東京矯正歯科学会雑誌に掲載されました。初診時の年齢が30歳、女性のケースです。上下...

[ 歯列矯正の話 ]

矯正治療中の歯と歯の間の清掃用具『フロッサー』
イメージ

矯正治療中のフロッシングのニューウエポン登場!!今日は新しい清掃用具のご紹介です!歯と歯の間の清掃...

[ 歯列矯正の話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

藤城康二のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は藤城康二さんが更新している外部メディアサイトです。

rss
ブログ
2016-11-19
twitter
Twitter
2013-07-19
facebook
Facebook
ページの先頭へ