ご相談事例

社会保険料削減を実現する選択制とは

人件費をこれ以上増やすことは難しい!!

でも、節税しながら有利に将来のためのたくわえができる制度を、社員のために用意してあげたい!!


そんな思いの経営者のためにご紹介したいのが、「選択制」確定拠出年金制度です



この制度、単純に言うと社員の全員の給与に「確定拠出年金の拠出金として自由に使える枠」を51,000円分埋め込んでしまうことで実現します


例えば、AさんにもBさんにも一様に給与の明細の中に「拠出枠」を設けます

仮に二人とも給与が30万円なら、そのうち51,000円を「拠出枠」とし残り249,000円を通常の給与枠として残すのです

51,000円の拠出枠は確定拠出年金の拠出金として本人たちが自由に使える枠です

例えばAさんは、この中から3万円を将来のために積立に回すことにしたとしましょう

51,000円の枠の中から3万円を使いましたから残りの21,000円は給与として受け取ります

つまり、今使うお金として24,9000円と枠に余った21,000円、合計27万円を給与としてもらい、3万円を将来使うお金として積立に回すというわけです

Bさんは、頑張って積立を4万円したとしましょう、給与としてもらうお金が26万円です


どうですか、「拠出枠」のイメージがつきましたでしょうか?


会社はこの拠出枠の中から実際に積立に回すと社員が決めたお金を天引きします、ちょうど財形貯蓄をイメージしてもらえると良いかと思います



さあ、ここからがこの「選択制」のキモです

社員がそれぞれ「拠出枠」の中から積立をすると、実際に今使うお金として受け取る給与額が給与規程を変更する前の金額から減額されます

拠出前の給与が30万円のところ、Aさんは3万円拠出なので給与は27万円、Bさんは4万円拠出なので、給与が26万円となります

企業としては、Aさん、Bさんに支払う金額はそれぞれ30万円のままなのですが、社員の意志により、振り分けが変わるわけですね


社員にとっても実際に受け取るお金は30万円で変わりないのですが、今使うのか将来使うのか区別しただけで、実は「社会保険料の等級」が変わります


例えば給与30万円の社会保険等級は22等級(厚生年金は18等級)です

っが、3万円を拠出したAさんの給与は27万円に変更しますから、等級が21等級(厚生年金17等級)さらにBさんの給与は26万円ですから等級が20等級(厚生年金17等級)になります


ピンと来ていただけたでしょうか?

社会保険料の等級が変わる、すなわち社会保険料の減額がこうして実現するわけです



「選択制」確定拠出年金、新しい資金を準備する必要なく現行給与の中から、割振りを変えるだけで社員は老後資金準備を有利にすすめられる節税制度を利用できる、更に社会保険料も削減できる、もちろん企業も重い社会保険料の負担を減らすことができる



そんなことが実はできてしまうのです


社会保険料の企業負担は約15%程度、給与に15%上乗せで人件費が発生しているわけです


しかもこの率は毎年上がっています


社会保険料は法人税のように利益がでなければ支払わなくても良いというものではありません

赤字であっても従業員を雇えば支払わなければならない経費です


この経費を社員にとってもいい制度を導入しながら、削減できたらどんなに良いでしょうか?


そういうことができるのです「選択制」確定拠出年金なら・・・


もちろん厚生年金に加入している社長もこの制度、利用可能です

【その他の記事】

これからの企業が社員のためにすべきこと

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/637/


公的年金の問題点
http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/652/


確定拠出年金の誕生

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/651/


確定拠出年金の問題点

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/659/


中小企業が確定拠出年金を活用するには

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/653/


確定拠出年金と人事改革

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/655/


企業の導入メリットシミュレーション

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/656/


社員の導入メリットシミュレーション

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/657/


導入ご検討企業様へのプレゼント

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/658/

山中伸枝(年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー)

株式会社アセット・アドバンテージ

  • 電話:03-6215-8312 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 定休日:日曜日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

株式会社ファーストブランド 河本 扶美子社長

確定拠出年金という、従業員の将来支援が出来て、 尚且つ社...

河本 扶美子
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやってはいけない人
イメージ

 iDeCoは今ブームです こんにちは、確定拠出年金相談ねっとの代表の山中伸枝です iDeCo、ち...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ