ご相談事例

確定拠出年金の誕生

問題が発生したのは公的年金だけではありません

〇〇厚生年金基金といわれる会社員のさらなる上乗せ制度である企業年金もずいぶん痛んでしまいました

こちらはそもそも公的年金の上乗せとして企業が独自に自分の会社の社員のために用意した年金制度です



例えばこんな制度です・・・


将来社員の退職時に〇〇〇〇万円(給付額)を準備するために、運用利回り〇%(当時は5.5%で計算しているところがほとんど)だから、毎月の会社の積立額は〇〇万円


給付額は、「確定」されています

さすが、大企業に勤めれば退職後も生活が安泰だわ~といわれるところです

運用利回りも「確定」です

だって当時は高度成長期、だれもが経済成長を当たり前だと思っていましたから

毎月の会社の積立額も「確定」です

前提条件がそろえば、あとは粛々と積立ればよいだけです


・・・っが、ここで問題がおきました


運用利回りの低下です


うまくいっている頃は、余裕でまわった利回り5.5%も、景気の低迷で予定をはるかに下回る結果に

そしてそのマイナス運用はなかなかプラスに転じることなく何年も経過


そうこうしているうちにも社員はどんどん定年を迎えます


でも、実際には用意されているはずの金額が足りていない・・・どうする?


これが積立不足の問題です



しばらくは会社の利益から足りない部分を補てんすることもしていました

しかし時代は団塊世代の退職期を迎え、補てんを続けるか雇用を守るかの瀬戸際という企業年金もでてきます





将来の給付額を先に決めて(確定給付)しまって、それに合わせて運用しなくちゃいけないなんてそもそも無理があったんじゃないか?

じゃあ、将来の給付額を決めずに、毎月の積立額だけを決めて(確定拠出)、あとの運用は加入者本人に任せてしまおう!!


そんなやりとりが本当にあったかどうかわかりませんが、かくて日本にも社員の老後の資金のための積立金額を会社が拠出し(確定拠出)、そのお金をもらった社員が自分自身で運用をしていく確定拠出年金が2001年日本にも誕生しました


確定給付型の〇〇年金基金などを維持するより、毎月の積立金を出すことで会社の責任が終わる確定拠出年金は、経営環境がますます厳しくなる企業にとっては、まさに夢のような制度であったのかもしれませんね


【その他の記事】

これからの企業が社員のためにすべきこと

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/637/


公的年金の問題点
http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/652/


確定拠出年金の誕生

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/651/


確定拠出年金の問題点

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/659/


中小企業が確定拠出年金を活用するには

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/653/


社会保険料削減を実現する選択制とは

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/654/


確定拠出年金と人事改革

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/655/


企業の導入メリットシミュレーション

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/656/


社員の導入メリットシミュレーション

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/657/


導入ご検討企業様へのプレゼント

http://mbp-tokyo.com/fpyamanaka/service1/658/

山中伸枝(年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー)

株式会社アセット・アドバンテージ

  • 電話:03-6215-8312 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 定休日:日曜日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ビービーセールス株式会社 大迫社長

日本では会社が給与から税金や社会保険料を天引きしてくれま...

大迫社長
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoを通じて国の仕組みや経済に強くなろう!!

 2017年から「みんなができる」iDeCo こんにちは、確定拠出年金相談ねっと代表の山中伸枝です確定拠出年...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ