コラム

 公開日: 2017-01-15 

iDeCoのブラックヒストリーって知ってますか?

iDeCoと確定拠出年金はどう違うの?


こんにちは、確定拠出年金相談ねっと代表の山中伸枝です。

iDeCoって良い良いって話をよく聞きますよね~、確かに良い制度ですよ。税制優遇大きいですから。

iDeCoっていうのは、確定拠出年金個人型のニックネームです。昨年9月に公募で決まった新しい名前です。

でも、確定拠出年金って2001年からあって、日本にできてもう15年以上経っているんですよね。でもこれまであまり聞いたことなかったでしょ?カクテイキョシュツネンキンなんて・・・



少なくとも、今みたいに新聞や雑誌などで目にすることもなかったと思うし、ましてや書店で関連書籍が平積みになるなんてなかったんです。

一体なにが起こったの?

確定拠出年金という名前はイメージが悪い



実は確定拠出年金が歩んできた過去15年は、言ってみればブラックヒストリー、えっ、確定拠出年金?それってダメでしょ?って言われ続けた歴史でした。



そもそも確定拠出年金は、厚生年金基金の救世主として日本にやってきました。アッ、会社にとってのね(笑)

厚生年金基金というのは昭和40年代から急速に広まった企業年金です。厚生年金という国の保険料を借りて、そのお金を運用し、うまく利益を出して自社社員のための上乗せ年金にしちゃおうぜっていうとっても「いい感じ」の福利厚生制度です。

でもうまくいっていたのは平成5年くらいまで・・・バブルもはじけちゃうと、運用がうまくいかず国から借りた厚生年金保険料も返せないくらい損失が膨らんできちゃって、どうする、これ?って状態になりました。

借りたもんは返さないとまじーし、社員だってさ、上乗せ年金期待しちゃってるし、どうすんのよ?やべーじゃんってことで白羽の矢が立ったのがアメリカにあった401kという仕組み、確定拠出年金です。

おっ、これいいじゃん。運用責任は社員に転嫁できて、会社は肩の荷おろせるぜってもんです。まぁ、会社だって仕方なくってところもあって、苦渋の決断ってところもあったはあったですけどね、結局そうそうに厚生年金基金をギブアップして確定拠出に乗り換えたところが大手企業でした。



厚生年金基金というのは確定給付型の年金制度です。社員の定年後に支払う「給付」額を先に確定しておいて、会社が運用し準備するから確定給付。一方で確定拠出年金は、会社は毎月の「掛金」を確定するだけで、運用するのは社員にお任せという仕組みです。名前は似ているけど大きな違いですよね。



ちょっと想像してみてくださいね、定年後は厚生年金の上乗せとして会社から月3万円終身で年金を保障しますよっていわれているのと、今給与にちょっとお金を上乗せしてあげるから、そのお金を運用してしっかり将来に備えてねって言われるのって大分感じが違いますよね。



特に当時はなんでもイケイケだった高度成長期&バブルの名残があって、国や会社にお任せしているのが間違いないんだ!って言う時代だったので、確定拠出年金って「いいよね」って言う人がほとんどいなかったんです。

それに、確定拠出年金って資産運用、つまり投資です。

当時は投資に関しての情報も今より少なかったですからね・・・投資と言うと、ちょっと悪い人がこっそりニヤつきながらやるもので、素人がやるもんじゃない。ビギナーズラックでたまたまうまくいってもしょせんはロシアンルーレット、ある日ドカンと悪い事が起こるよ、くわばらくわばら、みたいな感じです(笑)



多分ある程度昭和の記憶がある方にとって、確定拠出年金ってね~、好きになれないね!っていう人の方が多いと思います。言ってみれば、確定拠出年金は昭和の裏切りの代名詞ですから(笑)


人生のよりどころが変わってきた




では、なぜ今iDeCoか?

正直iDeCoって根本的に確定拠出年金と何も変わっていません。加入できる人が増えたってだけで、加入者が自ら運用するものって、15年前にみんなが嫌だっていった点も変わっていません。



じゃあ、なんで状況が変わったの?



やっぱり確定拠出年金をやらないといけないよねって、いよいよ覚悟を決めたってわけです。

だれが?国です



これから日本の人口減るし、どう考えたって高度成長期みたいなことが再びってことはないだろうし、企業の役割も変わってきているし、ってことをみんなも分かってきたから、今回の国のリードで始まったiDeCoブームに乗り出したのです。



昔は自己責任って言われると、「えーなんなのよ、そっちがちゃんと責任とってよね」って世界でした。でももうだれも責任とれないんですよ。自分のことは自分でするってこと。





でも、自己責任って本当はめっちゃクレバーでかっこいいことですよね。

だって自分で考え、自分で行動し、自分の結果ととことん向き合う覚悟ができているってことでしょ、かっこいいでしょ!!



確定拠出年金はiDeCoってニックネームがついても本質は変わっていません。確定拠出年金のこれまでのブラックヒストリーを知らない人がiDeCoにとびついたとしても、自分で運用しなければならないってことは同じだし、投資の状況によっては損もしますからね。



でも、これからは本当に一人一人がしっかり自分の足で立ち、しっかり前を向いて歩く時代。

時代に振り回されるんじゃなくて、時代が産んだiDeCoを使いこなしてやるんだってくらいの気持ちで頑張っていきましょう!

お知らせ

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

株式会社アセット・アドバンテージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山中伸枝

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-6215-8312

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ファイナンシャルドクター 北川 邦弘様

確定拠出年金は30年前にアメリカ社会を変えてしまったパワフ...

北川 邦弘
  • 男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

古いインデックスファンドは入れ替えが必要

 運営管理機関、乗換た方がいいの? こんにちは、確定拠出年金相談ねっと 代表の山中伸枝です。 さて...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

会社員のiDeCoは転職時に注意を!

こんにちは、確定拠出年金相談ねっと 代表の山中伸枝です。最近iDeCoが花盛りでどっちを向いてもiDeCo、iDeCo...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ