コラム

 公開日: 2012-12-07 

【確定拠出年金マイナス40代がすべきこと その2】



40代にはDCのポートフォリオも見直ししてほしいですね
もちろん近々転職する予定、という方はポータビリティにともなう現金化がありますから、原則定期預金とか日本の債券ファンドとかになってしまうかと思いますが、その場合はDC以外の部分でのポートフォリオとしてお読みください

今回の投稿はDC加入者向けに書いているので、お読みになっていらっしゃる方は誰しも一度くらいは「ドルコスト平均法」という言葉をお聞きになったかと思います

ドルコストというのは、なにもドル建ての商品を買い付けるという意味ではなく、定時定額購入のことを言います
つまり確定拠出年金のように毎月決まった金額で決まった商品を継続的に買い続けるという手法です


これをすることにより市場価格が下がっている場合は、同じ金額でも単価が下がるのでたくさんのユニットを購入できるというわけです

考え方は単純ですよね
1万円でペットボトルのお水を仕入れるとします
あるときに仕入れ単価は1本100円、10000万円が仕入れの予算ですから100本仕入ます
あるときの仕入れ単価は1本50円、同じく予算は1万円ですから今度は200本仕入れます

現在在庫は300本、仕入の平均単価は67円です
これを1本120円で販売すると1本あたり53円の儲けとなります

仮に2回目の仕入れが1本50円ではなく、20円に下落していたとします
1万円で仕入れられる本数は500本です
ですから在庫は600本となり、仕入の平均単価は33円
つまり120円で販売すると儲けが87円となり、先ほどの例より得するということになります

これを市場に置き換えると、定時定額で同じ予算で同じ投資信託など金融商品を買う場合、値段が下がるというのは行ってみれば仕入単価が下がることになるので、悪いことではなく、良いサイン
確定拠出年金は長期投資なので、市場の動きに一喜一憂せずにどっしり構えて投資をしましょう!

なーんてお話し聞いたことがあると思います

ですよね

ペットボトルの水の仕入れは前提条件として売値が120円というところです
売値が分かっていてそれに対しできるだけ安く仕入れたら儲けが大きい、子供でも分かることです

でも市場の場合売値は?

つまり将来的に値上がりが期待できる市場でなければ、定時定額購入は日の目をみないということになります
仕入単価がどんどん安くて、市場で求められる価値も下がり続けていれば、うるにも売れませんものね

お伝えしたいことは、もしあたなのポートフォリオ、マイナスであった場合(株式投信を選択しているでしょうから)、その投資先は今後値上がりする可能性が高い市場なのかどうなのかをもう一度考えて欲しいということです

値上がりの可能性・・・

もちろんわかりにくいお話しをしていることは承知の上ですが、まずひとつの考え方として今後10年~20年のうちに人口の増加および消費の拡大が期待できる市場かどうか、が目安かと思います

値上がりが期待できる市場であれば、「安く仕入れている」状況です
儲けの可能性はあります
引き続き仕入れても良いという判断になります

値上がりが期待できない市場であれば、「値崩れする在庫過多」の状態です
持っている必要性はありますか?
売却してしまうのも選択肢です

こういう言い方をすると気分を害される方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は確定拠出年金の掛け金以外のお金(つまり家計全体の資産)はほとんどが定期預金です

また確定拠出年金の企業が拠出する掛け金、日本の平均値って13,000円くらいって言われていますから拠出の金額合計がその他の家計資産を上回るって方はそう多くないはずです

それほど家計における配分のウエイトが少ない確定拠出年金で数十万円の損が出ていたとしても、40代であればそれが致命傷になることはないと思います

私がこれまで見てきたかたの多くは、損失が出ていたとしても数十万円でした
率にすると確かに20%割れみたいにはなるのですが、それでもその数十万円の損失があたなの人生を転落させますか?というと「そんなことはないですね、飲み会●●回分ですね」という方がほとんどでした

これからの将来設計を考えると、資産運用はどうしても避けては通れない必須科目となるでしょう
だからこそ確定拠出年金の残高がマイナスになったからといって気落ちせず、将来に向けてのポートフォリオ戦略を立てて欲しいと思います

ご自身でどうも決められないという方はご相談ください
相談料は1万円いただきますが、お値段以上の満足感お約束します

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

株式会社アセット・アドバンテージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山中伸枝

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-6215-8312

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

DCマイスター協会 川嶋理事

当協会の特別認定講師・DCマイスター資格推進大使の山中先生...

川嶋 真
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやってはいけない人
イメージ

 iDeCoは今ブームです こんにちは、確定拠出年金相談ねっとの代表の山中伸枝です iDeCo、ち...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ