コラム

 公開日: 2012-11-28 

【確定拠出年金 導入のいきさつ】



そもそも確定拠出年金は、加入者のための制度であり、それは昔あったマル優のような、あるいはもっと身近な財形制度のような「税制優遇」を受けた積立制度です

これほどシンプルで得な制度はないのですが、なぜここまで確定拠出年金は嫌われるのでしょう?

いくつか理由があると思うのですが、わたしなりに理由を考えてみたいと思います

まずひとつは、導入の背景です


2001年に確定拠出年金は日本に誕生したわけですが、たぶんその背景として一番大きな理由は「企業の将来債務をなんとかしたい」というところだったのでしょう

ご存じのとおり、厚生年金基金であれ、社内の退職金積み立てであれ、適格退職年金であれ、当初予定していた自社の社員の老後の備えが、予定利回りを到達できず金額が不足してしまっていました
いわゆる積立不足に陥っていました

それを補うには、まずは会社の利益の補てん
でもそれも追いつかなければ、制度の廃止と将来制度の条件変更

こういう中、「運用は会社が責任を負うのではなく、社員個人が負う」確定拠出年金は、きっと救世主に見えたのではないでしょうか?

でもここまでの話は、多くの方が納得はしないまでも受け入れられることだと思うのです
バブルが崩壊し、どうにもならない状況ってみんな理解できたでしょうから
会社がつぶれるくらいなら、それぞれが痛み分けをするのはしょうがいないか、みたいなところです

でも、問題は次です

確定拠出年金は毎月会社が社員に拠出する積立額を確定しているというのが特徴です
確定した毎月の積立金を社員本人が運用し将来その資産残高を老後資金とするという仕組みです

確定拠出年金制度が登場したとき、日本の企業の多くは定年退職の社員に払う(一時金にしろ、年金にしろ)お金が準備できないことが分かっていました

ある社員は定年までの年数が10年、足りないお金が500万円だったとしましょう

ここで制度が代わり、毎月の拠出額のみ確定されたとしても、社員が年間50万円会社から受け取ることができれば、社員は不安あるいは不満を抱かなかったでしょう

毎月41,500円、給与に上乗せ支給され、そのお金が60歳まで下ろせない確定拠出年金の特別口座に移動したところ、そもそも60歳で受け取るお金の一部であるし、税制優遇があるのですから

ところが多くの会社は社員に41,500円渡すのではなく、想定利回り割り戻した金額を拠出したんです

当時3%前後の会社さんが多かったのではないでしょうか?

金額にして、41,500円ではなく37,500円
会社にとっては、大きな支出を抑えることができるからこの方が経営的にも楽なわけです

一方拠出を受ける社員からすると、41,500円なら馴染みの定期預金に入れておいても税金分得するし黙っていても10年後には500万円になるのですが損はありません

っが、実際に受け取ったお金は毎月37,500円
これは3%で今後10年運用できなければ10年後450万円にしかならずつまりは50万円老後資金がショートしてしまう

こんな状況が確定拠出年金導入背景にはあちこちにありました

想定利回りは会社によってそれぞれですし、そもそも将来受け取る金額自身も見直し(減額)されることも合わせて決定さえたところもあるようですから、加入者さんからすると確定拠出年金憎し!になるのでしょうね

でも、何度もいいますが、このストーリーは確定拠出年金制度に対する問題ではなく、その他の問題(厚生年金基金であったり、景気であったり)であるわけなのです

すでに確定拠出年金に加入されているみなさん、御社の導入の背景はどうでしたか?
導入時、こういう話は聞いていらっしゃいましたか?
御社の想定利回りはご存じですか?

ご意見お聞かせいただければ幸いです

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

株式会社アセット・アドバンテージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山中伸枝

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-6215-8312

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

SBIベネフィット・システムズ株式会社 松井 真治社長

確定拠出年金のレコードキーピング(記録管理)システムを独...

松井 真治
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやってはいけない人
イメージ

 iDeCoは今ブームです こんにちは、確定拠出年金相談ねっとの代表の山中伸枝です iDeCo、ち...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ