コラム

 公開日: 2012-06-16 

【小冊子プレゼント いただいたメッセージから】



先日「選択制確定拠出年金Q&A」という小冊子プレゼントの告知をFBにてさせていただいたところ、合計24名の方にお申込みをいただきました

その内数名の方とは実際にお目にかかりお話しをうかがったり、また今週は何名かの方から「届きました~」というメッセージもいただきました

こうやって実際にいろんな方と接点をもてるというのもフェイスブックの素晴らしさですね
本当に感謝しております、ありがとうございます!

いただいたメッセージには、「確定拠出年金は知っているけど、選択制は知らなかった!」というものも多く、中には「なんで選択制は知られていないのでしょう?」とおっしゃる方もいらっしゃいました

選択制確定拠出年金は何も新しいものではありません
聞いたところでは、ユニクロさんが始めて「選択制」という仕組みを取り入れたという風に聞いています
なので、未だに選択制のことを「ユニクロ型」と言ったりします

従来の従業員全員に一律掛け金を拠出するという企業型確定拠出年金を導入するのではなく、従業員の給与の内訳を変えそれを従業員の意志で将来の積立にする、という「選択制」を導入した背景には、業務拡大に伴う人件費アップをどうにか抑制したいという思惑もあった、などという話も聞いております(正しいかどうか直接聞いたわけじゃないのですが・・・)

確かに「社会保険料」は会社のコストです、それもものすごく負担が重い

人が増えると社会保険料の負担が増える・・・経営者としたら悩ましい問題です

でも従業員に支払う給与は単なる人件費というコストではないはずです
それは会社を守りさらに成長させていく会社の核をなす「人」を支えていく財産

もしかしてちょっと良く考えすぎかもしれないけれど、ユニクロさんとしては、この選択制の仕組みを夢を生み出す仕組みとして考えたのではないかなと・・・

例えば従来の企業拠出は、ある意味年功序列の昇給みたいなものです
係長は一律1万円、課長は一律1万5千円、部長は3万円 みたいな
会社への貢献度にかかわらず、ルールにのっとって全社員一律拠出、これが企業型確定拠出年金ですから

でも、これだと人事評価に流動性がでないというか、もっと評価をダイレクトに給与に反映するというのはちょっと難しくなるのではないでしょうか?

だったら、もっとダイナミックに、できる社員にはその評価として給与をアップする、そこに年功序列はなく、実績に伴い会社は人事評価をする

でも、制度として全社員に「拠出上限51,000円の節税枠」を提供し、その人のライフプランに活用してもらる

そんなことも背景にはあったのではないかと・・・

今のご時世、ともすると「目の前」の生活を維持することで精いっぱいになりがち
でも、働くことってやっぱり将来の夢につながることですよね

家族をもつ、家をもつ、遊びにいく、車を買う、エトセトラ・・・
それらの夢を実現するために働く
そして、将来のために資産を築いていく

そういうことって、わかっていながらもなかなかできない
だからこそ、会社が将来のための「有利な仕組み」と作り、その仕組みを維持するためのコストを払う

そういうことが目的ではなかったのかなと

しかも選択制はおしつけではなく、その従業員の自主性に任せ、制度を活用する、しないを選択させることもできる

とってもフェアで、合理的な考えではないかなと
そんな風に個人的には考えています

会社は「今」の結果に対して、給与を支払えばいいのだと思います
世界と競争をしている企業が、従業員の老後の面倒をみるのは、今の時代ナンセンスなのではないでしょうか?
ましてや退職後に20年、30年と続く老後の面倒までを会社に求めるのはなんとも不合理ではないかと

であれば、会社は従業員の「今の企業貢献」に給与で答え、そして「資産作りが有利にできる仕組み」を提供する

これってユニクロさんが目指した新しい日本の会社の姿ではないかな、なんて・・・ちょっと良すぎなストーリーですかね?

一度柳井さんに直接聞いてみたい(笑)

やっぱりね、今の時代努力にレバレッジをかけていかないとなかなか実がならないのではないかとおもうんです
だから「節税」というレバレッジ(たぶん普通の会社員で20%くらいは節税できますから)を利かせて、資産作りをスピードアップしないと夢をかなえるほどのお金は作れないのではないかなと・・・

そういう不安は、仕事がらたくさんの方のライフプラン相談にかかわりつつ常に感じていて、だからこそこの「選択制」ってもっと普及させないといけないな、って思っているのです

選択制も、そもそもの確定拠出年金もまだまだ知られていません
だからこそこの場で、できるだけ多くの方と情報交換をさせていただき、日本人の将来を変えていきたいな!って

あっ、大きすぎますね話が(笑)

いずれにしろ、小冊子プレゼントにご応募いただいた皆様、またご丁寧にメッセージをいただきました皆様、ありがとうございました!

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

株式会社アセット・アドバンテージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山中伸枝

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-6215-8312

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

DCマイスター協会 川嶋理事

当協会の特別認定講師・DCマイスター資格推進大使の山中先生...

川嶋 真
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやってはいけない人
イメージ

 iDeCoは今ブームです こんにちは、確定拠出年金相談ねっとの代表の山中伸枝です iDeCo、ち...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ