コラム

 公開日: 2012-06-15 

【確定拠出年金必勝運用法とは? その7】



投資信託の分類には主に2種類あります

アセットクラス → どこに投資をするのか、という投資先での分類方法、債券とか株式とか、日本とか日本以外の先進国とかいう区分です

そのほかどうやって運用するほか、ファンドマネージャーの運用方針によって分ける分類法もあります

ファンドマネージャーとは、ひとりひとりの投資家の変わりに個別の投資銘柄を選定し、売買のタイミングを決める人でのことです。ファンド(投資信託)のマネージャー(管理人)ですね。

ファンド(投資信託)の成績はこのマネージャーの腕次第です
この方(あるいはチーム)の投資判断が優れていればファンドの成績もいいでしょうし、劣っていれば魅力のないファンドとなります

つまりファンドマネージャーの投資の腕がどうかを私たち投資家は判断しなければならないというわけです

そのため投資信託はファンドマネージャーの所信表明をわかりやすくスタンダード化した言葉でもって区分されます、私たちが判断の目安にしやすいように

例えば、ベンチマーク(先日お伝えしたようにそのアセットクラスの代表的な経済指数、たとえば日本株に投資をするなら日経225とか)と同じような運用成果を目指します!と宣言すれば「インデックス型」というカテゴリーになりますし、いやいやベンチマークを上回っていきますよ!と宣言すれば「アクティブ型」となるわけです

インデックスをパッシブ、と呼んだりします
受動的という意味なので、アクティブが能動的だから、この方がイメージしやすいでしょうか?

この所信表明、ファンドの評価の際にも大事なキーワードとなります

そもそもベンチマークと同等の運用成果を目指すインデックス型のファンドであれば、ベンチマークが2%上がれば2%上がる、2%下がれば2%下がるという運用で合格となります
(それ以上望んじゃいけません(笑)、これでいいんですインデックスだから)

一方でアクティブ型は、ベンチマークが2%上がれば3%、2%下がっても1%プラスみたいな感じで、常にベンチマークを上回っていくことが評価の基準となるわけです

またインデックスとアクティブでは、私たち投資家が負担するコストも違います

インデックス型は極端な話その市場全体に投資をすれば、(つまり指数を構成する銘柄に投資をすれば)同じような運用成績になるはずです
でもアクティブ型はファンドマネージャーがリサーチをしたり分析をしたりして銘柄を厳選していかなければ優秀なファンドにはなりえません

そのため、インデックス型よりアクティブ型の方がコストが多くかかります

その負担が投資信託の販売手数料であり、信託報酬であり、信託財産留保額といったコストに跳ね返ってくるわけです

販売手数料とは証券会社などで投資信託を購入するときにかかる手数料です
0~3.15%程度、かかります
信託報酬は、日々かかるコストです
こちらもファンドによりばらつきがあり、0.5%~2%程度というのが多いのではないでしょうか?
信託財産留保額というは、解約手数料のようなものです
これもファンドによりあるものとないものがあります

これら3つのコストすべて、インデックス型とアクティブ型を比較するとアクティブの方が割高になります


しかし、しかし、しかし


確定拠出年金においては、販売手数料はすべて0%です!!

アクティブであってもインデックスであっても

(0%じゃなければいけないというわけではないらしいのですが、もう慣例として販売手数料無料となっているようです)

買うたびに3%もとられてしまうバカ高い販売手数料、これが確定拠出年金の投資信託は無料なんですから、すごいことです
例えば同じファンドが証券会社と確定拠出年金にあれば、迷わず確定拠出年金の枠の中で買えばその分販売手数料がお得ってことです


つまり、確定拠出年金のファンドを選ぶとき、インデックスであれアクティブであれ、運用成果の良しあしがとても重要な選択基準になりうるということです

運用成果の報告書に記載されているチャート等はすべて信託報酬手数料を差し引いたパフォーマンスが表示されています
ですから、もし同じアセットクラスであれば運用成果の良いファンドを選ぶ、こういう考え方もできるし、これは販売手数料がかからに確定拠出年金ならではの判断基準ではないかなと思います

アクティブであっても販売手数料が無料!
これは確定拠出年金のVIVAな部分ですね

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

株式会社アセット・アドバンテージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山中伸枝

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-6215-8312

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

AOIA株式会社 中田 裕社長

これからの時代、知らなかったでは済まされないことが たく...

中田社長
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoを通じて国の仕組みや経済に強くなろう!!

 2017年から「みんなができる」iDeCo こんにちは、確定拠出年金相談ねっと代表の山中伸枝です確定拠出年...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ