コラム

 公開日: 2012-06-10 

【確定拠出年金必勝運用法とは? その2】

ライフプランのご相談はこちら

確定拠出年金には必ず元本保証型商品を複数組み入れなければならないことになっています

元本保証型商品は主に前回ご紹介した定期預金と保険商品です

保険商品は主に2種類あり、「利率を保証した年金保険」と「傷害での死亡保障がついた保険」です
※全運営管理機関を調べたわけじゃないので、もしほかにもあったらすみません

いずれもある一定期間(5年とか10年とか)の利率が保証されているタイプです

積立で定期預金をするのと積立で保険商品をすることの共通点は、毎月「新しい商品を契約する」ということを繰り返し継続していくという点です

たとえば1年定期に毎月掛け金を1万円拠出するということは、毎月1万円の定期を新規契約することです
つまり4月の拠出の1万円定期の満期は1年後の3月
5月の拠出の1万円定期の満期は1年後の4月

なので、1年間積立をして合計12万円を一度解約して5年定期に預け替えようと思うと、一番最初の定期は満期を迎えているかもしれませんがそのほかの11か月分の定期は満期を迎えておらず中途解約のペナルティとして予定された金利を下回った利息しかつかないという可能性があります

同じように保険商品の積立も5年利率保証型であれば、4月の1万円の積立の満期は5年後の3月ということになり、5月の1万円の積立の満期は5年後の4月ということになります

ただし、定期と違う点は、定期は予定された金利がつかないだけで元本を割り込むことは決してありません
っが、保険商品の場合は解約ペナルティが生じてタイミングによっては元本を割り込む場合があります
では、いつ解約するとどの程度マイナスなの?というと商品の概要説明をチェックしていただくほかありません
私自身が加入している運営管理機関の商品には、保険商品が組み入れていないので、保険商品の概要についてはネットで参照できる範囲でしかご説明できないのですが、この解約時期により元本が割れる可能性があるとしている商品と、元本は割れませんと記載してある商品もあるようなので、やっぱりそれぞれ加入中の商品を見るしかないですね

いずれにしろ「元本保証」の言葉から私たちが連想する意味は「どんな場合でも元本は下回らない」ということだとすれば、ここも理解にミスマッチが生じる可能性がありますから確認すべき点です

オペレーション的には、定期と保険については運用中の解約の際、契約日指定をして個別に解約ができるように措置がされています
3月積立した1万円の解約とか、いうように指定ができるのです
わかりにくいかもしれませんが、たとえば投資信託の解約は3月積立分と4月積立分の合計2万円を解約という指示はできず、今の残高のうち2万円を解約という指示になります
積立時の買付単価は平均化されるし、そもそも投資信託には「満期」というものがないので、残高のうち○○円解約という指示で問題は生じないのです
一方定期と保険は、何度も申し上げる通り、満期日前の解約は不利益になるので、○月積立分の解約という指示が必要になります
この指示ですが、運営管理機関によっては、満期月内の運用指図(ネットなどで解約指示を行うこと)であれば、満期日に合わせて処理がされるようになっているようですがもしかしたら運営管理機関によるのかもしれません

私が調べた限りでは、いわゆるポータビリティの際は、解約ペナルティは発生せず、払い込んだ金額そのもので解約し持ち運べると記載している商品もありました
やはりご自身でチェックされることが大事でしょうね

一般的には定期預金と比較して保険商品の方が金利が高く設定されているようですが、途中解約時の取扱いをチェックしたうえで選択する必要がありそうです

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

株式会社アセット・アドバンテージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山中伸枝

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-6215-8312

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談事例

いままで一緒に頑張ってきた仲間のために、そろそろ次のことを考えてみようか?そう思われている経営者の方にぜひ考えていただきたいことそれは、法人としての年...

メディア・講演実績
あさイチ出演

NHKのあさイチの特集「確定拠出年金が危ない?」に専門家として出演(2012/2/8)確定拠出年金加入者は500万人を超え、私たちの老後資金としての重要性がますます高ま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
独立系ファイナンシャルプランナー 山中伸枝さん

「確定拠出年金とライフプラン相談のプロ」法人・個人をしっかりサポート(1/3)

 2002年にファイナンシャルプランナーとして独立し、資産運用から確定拠出年金(401k)導入まで、多様な案件を手がけてきた山中さん。現在、個人からの相談に乗る「ワイズライフFPコンサルタント」を運営しているほか、法人向けの「株式会社アセッ...

山中伸枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

確定拠出年金アドバイスの専門家

会社名 : 株式会社アセット・アドバンテージ
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-6215-8312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6215-8312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

SBIベネフィット・システムズ株式会社 松井 真治社長

確定拠出年金のレコードキーピング(記録管理)システムを独...

松井 真治
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
たった3分で一生お得!動画サイトオープン おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
イメージ

お金の勉強をしたいお金の知識がないことで損はしたくないおかねと賢くつきあいたいでも、時間がない...

[ 社会人のお金の常識 ]

【動画】法人のための、コスト削減と福利厚生を同時に拡充させる確定拠出年金活用法

経営者、財務担当者、人事・総務担当者のための確定拠出年金活用法について、分かりやすく動画にまとめました(...

[ 経営者のための確定拠出年金 ]

【動画】サラリーマンが自分年金積立て毎年5万円以上!30年で200万円以上得する方法

個人型確定拠出年金について、分かりやすく動画で解説しています(視聴時間約7分)個人型確定拠出年金は...

[ 社会人のお金の常識 ]

個人型確定拠出年金(iDeCo)をやってはいけない人
イメージ

 iDeCoは今ブームです こんにちは、確定拠出年金相談ねっとの代表の山中伸枝です iDeCo、ち...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

iDeCoは地元の金融機関で、始めてはいけない

 じわじわ来てます確定拠出年金(iDeCo) 個人型確定拠出年金(iDeCo)について、取材を受けることが多くな...

[ 守りと攻めの確定拠出年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ