コラム

 公開日: 2017-03-21 

若い世代の生命保険離れが続く理由とは

保険離れ


先日、生命保険協会が発表した「2016年版 生命保険の動向」によると、過去例のないほど若い世代を中心に生命保険離れが続いていることが鮮明になりました。

今回の調査で、生命保険に加入していると回答した人が79.7%で前回調査した2009年の89.9%から10.2%の大幅低下しました。

日本の保険加入率は世界一位で、加入率も90%前後をキープしていましたが、今回の調査は保険業界にとっても衝撃的だったでしょう。

しかし、若者の保険離れはここ数年言われ続けていたことなので私は驚きませんでした。


なぜ保険離れが起こっているのか


原因はいくつかあると考えます。

1. 2009年リーマンショックの影響で保険を解約する人も少なくなかったこと、新規で保険に加入をしなかった人が今に至っている。
2. 現在の雇用形態が非正規4割を占めており、保険料を支払う余裕がそもそもない
3. かつて職場に通いつめていた保険レディと呼ばれる保険のおばちゃんから保険加入していた若者が多かったが、最近は職場のセキュリティが厳しく保険に触れる機会が減った。
4. 保険加入の必要性を感じていない若者が増加している。

以上の点が考えられます。

生命保険は加入していれば良いというものではありません。
若者の保険離れは、悪い傾向ではないと思います。

あくまでも、万が一の事態になった時は公的な社会保障で賄えないときのための補助として保険を利用することが大切です。

非正規雇用や働き方や雇用形態が多様化していく中で、保険加入をどうアドバイスしていくかが保険コンサルティングの使命と考えています。

この記事を書いたプロ

FPサテライト [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 町田萌

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL:03-4405-6033

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ブログ
時差Biz

2017年7月11日(火)~7月25日(火)に東京都で開催される時差Bizに参加登録いたしました。時差通勤・テレワーク等を促進し、働きやすく、自由度の高い事務所を実現します...

 
このプロの紹介記事
中立な立場から明快に答えるファイナンシャルプランナー 町田萌さん

お金に関する相談を、中立公正な立場でアドバイス(1/3)

 「学生の時から、いま学んでいる知識を活用できる仕事に就きたいと考えていました」と語るのは、FPサテライト代表の町田萌さん。その希望にかなう職種を探しているうちに、ファイナンシャルプランナーの存在を知ったといいます。お金の問題を幅広く扱える...

町田萌プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

保険営業なし!お金のプロが幅広い相談に中立な判断で回答

事務所名 : FPサテライト
住所 : 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F [地図]
TEL : 03-4405-6033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-4405-6033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

町田萌(まちたもえ)

FPサテライト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
地方移住のお金のお悩み、ファイナンシャルプランナーが解決します
イメージ

政府が推進している地方創生。東京一極集中の是正の標榜で若い人に地方に移住してもらい、衰退している地...

[ 地方移住 ]

終身医療保険は本当に良い保険?
イメージ

保険会社がテレビCMなどで広告を打ち、積極的に販売している保険商品のひとつが終身医療保険です。数々の...

[ 保険 ]

地方移住計画に、今の住まいをどうするかも組み込みましょう
イメージ

地方移住を考えるにあたって、仕事面や移住先の補助金など、気になる部分は尽きません。移住先、移住後の生...

[ 地方移住 ]

法人保険を利用して、法人と経営者のリスクに備えよう
イメージ

会社を経営していくにあたっては、様々なリスクがあります。法人保険は、大きく分けると・経営者個人...

[ 保険 ]

地方移住の失敗例が続々と出ています・・・
イメージ

FPサテライトでは、地方移住に関する情報を集めていますが、その中で、「移住はしたものの定住できなか...

[ 地方移住 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ