>   >   >   >  中村真佐子

プロTOP:中村真佐子プロのご紹介

「主婦の目線」でお金の正しい知識や適切なライフプランを提供していきます(1/3)

ファイナンシャル・プランナー 中村真佐子さん

子育ての経験を生かして、教育費にはより適切なアドバイスをしていきます

 2人の子供を持つ母親でもある中村さん。主婦という立場から、子育て経験を生かして、暮らしの中でのお金の知識や適切なライフプランを提供していきたいと、ファイナンシャル・プランナー(FP)として多忙な活動を続けている毎日です。
 また、高齢化社会が進むなかで、老後の生活設計もますます重要になると,FP活動の一環として、老後のリスクマネジメントの必要性などについても、セミナーや執筆活動を通じて積極的に訴えています。

 「子育て経験を生かして、教育費については、より力を入れてアドバイスしていきたいですね」という中村さん。教育資金のセミナーでは特に未就学児をもつ若い主婦の参加が多く、セミナー後の相談会では、「教育費はいつから、どのくらい用意すればいいのか」「私立と国公立ではどのくらいの差がでるのか」「教育費の準備はしているがもっといい方法はないか」など様々な相談が寄せられるといいます。
 子供の進路ケースによって、一定の基準を決めるのはなかなか難しい教育費ですが、中村さんによると、私立大学の場合をみると、学部にもよりますが年間約100万円は必要とみなければならないといいます。従って就学前の子供をもつ若い母親に対しては「大学まで考えるなら、比較的教育費のかからない小学校を終える12年間のうちに、大学進学費用として500万円を目標に準備するようにしたいものです」とアドバイスします。

 「現実の生活の中で教育費として準備していくのは大変なことですが、金融機関には学資保険などいろいろな形の貯蓄方法が用意されていますので、自分に適したものを選んで利用していけばいいですね。支給が始まった子供手当なども、支給されている間は将来の教育費として積み立てていくのも一案ですね」と話します。

<次ページへ続く>

【次ページ】 人生の節目ごとにライフプランの見直しが大切です

最近投稿されたコラムを読む
雑誌・メディア
イメージ

プレジデントファミリー別冊 ムック版「中学受験大百科 2015完全保存版」にて教育ローンガイドを執筆しました。http://presidentstore.jp/books/products...

執筆

日本政策金融公庫さんサイトでコラムが掲載されました。高校生のいる家庭の家計についてです。https://www.jfc.go.jp/n/finance/ippan/seminar.html

中村真佐子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

お金の視点で高齢期の生活をサポート

事務所名 : なかむらFPオフィス
住所 : 東京都日野市程久保3-16-19 [地図]
TEL : 042-594-9517

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-594-9517

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村真佐子(なかむらまさこ)

なかむらFPオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
消費税が上がったら働く?

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。2012年もよろしくお願い申し上げます。先日、参加した気の...

朝の早起きで、お金の時間を有効に使いましょう

現在発売中のプレジデントファミリー3月号「ママFPが毎日実践!金まわりがよくなる7つの習慣」の特集で7人もマ...

高齢期の金銭管理をサポートする成年後見のNPO法人発足
イメージ

日野市において、特におひとりさまの生活をサポートするNPO法人「成年後見サポートひの」が日野市社会福祉協議会と...

[ 成年後見 ]

単身赴任生活ってどんなもの?

(本コラムはマイアドバイザーサイトにて2011年1月から2011年12月に連載したものです)単身赴任が決まった。その...

[ 単身赴任家族 ]

でんき家計簿の活用

東京電力の電気家計簿ってご存知でしょうか。東京電力のHP東京電力のHPで見ることができます。会員登録をするこ...

[ 家計管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

中村真佐子のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は中村真佐子さんが更新している外部メディアサイトです。

google-plus
Google+
ページの先頭へ