コラム

 公開日: 2015-12-03 

不動産購入を40代で検討する際に考えるべきこと

不動産の購入は人生の一大イベントですが、人生の大きなイベントはそれだけではありません。良く言われる人生の3大資金は、「教育」「住宅」「老後」です。それぞれ千万単位の資金が必要になります。

特に40代の方が不動産を購入する際は、ローン返済期間、教育費などについて十分考えなくてはなりません。そして、その間にもコツコツと老後資金の準備をして行く必要があります。

例えば30歳で結婚されて、翌年にはお子さんを授かり、その2年後に第2子が誕生するというケースを考えてみましょう。この場合、40歳から55歳までがお子さんの小学校から大学までの学齢期になります。
教育費がかかる時期にローンの返済も、と考えると大変そうなことは容易に想像がつくと思います。昔のように右肩上がりの昇給は望めません。しっかり作戦を練らないと幸せなマイホーム生活がローン地獄と化します。でも、ちゃんと計画すれば大丈夫です。

不動産購入の借入金額、返済金額、返済期間について

マンションや一戸建てといった不動産は高額な買い物で、ほとんどの方がローンを組んで購入されます。

現在の生活レベルのままで、無理なく返済できる額は
(現在の家賃)+(住宅購入のための積立金)-(固定資産税や管理費などの維持費)
と考えられます。
そして、当初必要な現金としては、頭金、税金などの諸経費、引っ越し費用、カーテンや家財などの購入費用が考えられます。頭金で物件価格の20%、その他10%程度必要です。
さらに臨時費用として、月生活費の6カ月から12カ月分の預金は手元に残していなければなりません。

学費の支出が始まって、これからだんだん教育費が膨れ上がってくる時期です。現在、住宅のための貯金が毎月できていて、学費のための貯金もしてあるという事でないと不安です。定年まで25年ですからローンもできれば25年で完済したいところです。
35年ローンを組んで、子供の学費が終わったら繰り上げ返済で65歳までに完済するように計画するのも、学齢期の負担を軽くするにはいいかもしれません。

返済額や借入可能額などのシミュレーションも

ここで、ちょっとシミュレーションをしてみましょう。
金融広報中央委員会のサイト「知るぽると」 https://www.shiruporuto.jp/tool/sikin/menu/
では借り入れ額から返済額を、返済額から借入可能額を、などいろいろなシミュレーションができますので、ぜひ試してみてください。
<例1>40歳男性サラリーマン 年収手取り500万円 
     妻38歳パート 年収手取り120万円
     住宅積立3万円 教育費積立2万円 家賃13万円
     預貯金 住宅用600万円 教育用 300万円 その他500万円

◆借入限度額シミュレーション
毎月返済額 15万円 期間 元利均等返済固定金利1.3%  
25年返済:借入可能額 3,840万円 (完済65歳)
35年返済:借入可能額 5,059万円 (完済75歳)
これは返済可能額15万円(持ち家経費1万円を引)、ボーナス返済なしで考えた
場合の借入可能額です。
頭金を2割とすると、物件価格はそれぞれ 4,800万円と6,323万円になります。
購入時に必要な現金は3割ですから、それぞれ 1,440万円と1,897万円です。
他に臨時費用として月生活費の10か月分200万円を加えると、購入時に必要な
預金はそれぞれ 1,640万円と2,097万円です。
現在使える預金1,100万円では足りません。

◆返済可能額シミュレーション
では、現金1,100万円で購入できる物件価格はと考えると、
1,100万円÷30% で 3,666万円になります。
借入額は2,566万円、毎月返済額は25年で約100,000円、35年で76,000円です。
これが無理なく買える住宅価格です。借入可能額から算出した金額より低いですね。
不動産屋さんは借入可能額で大丈夫、大丈夫と太鼓判を押してくれます。
怖いことです。
今より学費が大幅に増える大学生2人の時期にも耐えられるか考えましょう。
人生90年の中の2-30年ですが、家族にとって最も大切な時期ではないでしょうか。
この時期を幸せに暮らせるようにしっかりした計画を立てましょう。

この記事を書いたプロ

有限会社コスモスペース やさしいお金の相談室 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 桑野恵子

東京都港区赤坂4-11-20 [地図]
TEL:03-5166-8324

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
つねにベストな提案を心がける。

FPとして中小企業オーナーをサポートしたい(1/3)

 ファイナンシャルプランナーとして、やさしいお金相談室を主宰する桑野恵子さん。不動産取得、相続、年金、教育資金プランなど、お金にまつわる幅広いジャンルの相談にのっています。「お金のことで困っているけど、誰に相談していいかわからないと悩む人の...

桑野恵子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続や不動産購入など、豊富な人生経験をもとにアドバイス。

会社名 : 有限会社コスモスペース やさしいお金の相談室
住所 : 東京都港区赤坂4-11-20 [地図]
TEL : 03-5166-8324

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5166-8324

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

桑野恵子(くわのけいこ)

有限会社コスモスペース やさしいお金の相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
エンジェル税制による節税

資産運用時のエンジェル税制という節税方法をご存知でしょうか。エンジェルというのは、日本語で天使ですが、...

[ 資産運用 ]

不動産売却の相談で抑えておきたいポイント

不動産売却を相談するにしても、まず自分が売る意思をはっきりさせ、住み替えのイメージを膨らませることが重要で...

[ 不動産売却の注意点 ]

不動産売却の手数料の相場について
イメージ

不動産を売却する際には、さまざまな費用がかかり、中でも仲介手数料は高額になります。仲介業者から出される書...

[ 不動産売却の注意点 ]

不動産売却のリスクを考えてみる

投資目的で購入した不動産を売却しても、思うような収益にならないことがしばしばあります。ここでは、不動産売...

[ 不動産売却の注意点 ]

不動産売却の際に利回りが重要な理由

不動産を保有し運用したからといって必ずしも、この先利益が保証される訳ではないことはご存じだと思います。た...

[ 不動産売却の注意点 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ