コラム

 公開日: 2017-05-17 

「放っておいて欲しい」という気持ちを見守ろう

ママ友達とのランチで


息子が小学生の時に出会ったママ友達とは、3ヶ月に1度くらいのペースでランチをしています。
これからお話するのは、今から3年くらい前のランチ会での出来事です。

一人のママが、
「仕事から帰ってくるとイライラしちゃってさ」と話を切り出しました。
彼女は午後から出勤するお仕事なので、帰宅するのは21時くらい。
疲れているし、眠いし...
イライラしているのはそのせいもあるのですが、何がイライラを助長させているかというと、
子供たちがリビングに荷物を置きっぱなしにしているとか、食事の片付けをしていないとかではないのです。
それは、自分に対する『ご主人の態度』だと言うのです。

放っておいて欲しいのに!


「疲れてイライラしている私に気を遣っていると思うから、こんな風に言うのは申し訳ないと思うんだけど、正直、放っておいて欲しいの!」

彼女はストローでグラスの中をクルクル回しながら、眉間にしわを寄せ、そう言いました。
子供たちは、ママがイライラしていると、そーーーっと子供部屋に避難するらしいのですが(笑)、ご主人が何かと気遣って声をかけてくれるらしいんですね。



「疲れた?」
「どうだった?」

ヘトヘトになっている彼女にとって、ねぎらいの言葉でさえ煩わしいと思ってしまうんですって。
優しさゆえの気遣いだとわかっているからこそ、気を遣った対応をしなければいけないと、さらに疲れてしまうのだとか。

「疲れているのは見てわかるでしょって思うんだよね。なんでいちいち聞いてくるのか...。疲れてるって言ったら家のことをしてくれるの?って感じ。」

私ともう一人のママはこの話を聞いてハッとしました。
実は、私ともう一人のママは、彼女のご主人と同じようなことを”自分の子供”にしていたからです。

気づけなかったサイン


学校やバイトから疲れて帰ってくる娘。
あー、疲れてるなーーー、なんか機嫌悪いなーーと感じると、

「今日は●●どうだった?」
「△△あるけど食べる?」

などと、色々と話しかけていました。
疲れている娘は、そんな問いかけを面倒臭そうに受け流します。
段々その態度が気に食わなくなって、こちらもイライラしてきます。
心配して気遣っているのに、その態度はなんだ?ってバカバカしくもなってくるのです。



子供のことはいろいろと把握しておきたい。
どんなサインも見逃したくない。
そう思っていましたが、大事なサインを見逃していました。
そうです。
「放っておいて欲しい」というサインです。

「そっかーーー。放っておいて欲しかったんだねー。
なんだーーーー。放っておけばよかったのかーーー。」

私ともう一人のママは、顔を見合わせてニッコリ。

「そうよ、放っておけばいいのよーー。」
話をしてくれたママもニッコリ。

この時以来、彼女がご主人の態度について愚痴をこぼさなくなったので、もしかしたら正直に伝えたのかもしれません。
「帰ってきたばかりで疲れているから、また後で話すね」と。

見守りながら、放ってみる


もともと私の娘も、もう一人のママの娘さんも、話したいことがあれば話をしてくるタイプ。
だから、心配せずとも何かのときはちゃんと話が出来るんですね。
疲れている娘を気遣っているつもりが、いつの間にかご機嫌とりみたいになっていたのかもしれません。

これは『放っておいた方が良い』『放っておいて良い』ことなのかどうかを、ちゃんと見極められる親でありたいなと思いました。
ご機嫌とりは不要。
いつも通りでいいんですね。

ただし、当然のことながらお子さんの性格や傾向、周囲の状況などにもよりますから、ただ放っておくだけではいけないと思いますよ。
これは何かある、というようなサインを敏感に受け取れるように、日頃からお子さんをちゃんと観察したり情報を収集することは大切です。
また、気持ちを察して欲しくて、自分に興味を示してもらいたくて、話しかけてもらいたい、聞いてもらいたいという気持ちを機嫌や態度にあらわに出すお子さんもいます。
そんなタイプのお子さんにはちゃんと突っ込んであげた方がいいですよね。

「ただいま」
「おかえり」

そんな会話の中からでも、感じ取れるものはあります。
放っておくことは無関心になることではありません。
見守りの中の、1つの方法です。

ママ友達の存在は大きい


ママ友達とのランチ会は楽しいだけじゃなくて、お互いの話の中から気付きを発見できたり面白い情報を得たりできます。
子供の年齢が同じなので悩みや考えることに共通点が多いのも嬉しいですね。
ママ友達とのランチは面倒臭いと思う場面もたくさんあると思いますが、ママ友達ほど心強い存在はないです。
それは、付き合い方や関係性が大きく関係してきます。
私には子供たちが成人した今でも付き合いのあるママ友達がいるのですが、もはや「ママ友達」ではありません。
単なる「友達」とも違う気がします。
子育てを一緒にしてきた「同士」であり、これだけ長い間付き合って来れたので「同志」とも呼べる存在かもしれません。

玉川晃子ができること

◉メールカウンセリング
一番人気のメニュー!対面が苦手な方にオススメ

◉カフェDEカウンセリング
町田駅周辺のカフェでゆったりとカウンセリング!

◉魅力が向上!美人度アップ♡コスメ同行ショッピング
お化粧品選びでお困りの方、お買い物をお手伝いをさせていただきます

詳細はHPで→https://www.counseling-firststep.com

この記事を書いたプロ

First step [ホームページ]

心理カウンセラー 玉川晃子

東京都町田市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金案内

ご利用料金は以下の通りです。<メールカウンセリング>1往復  5,000円*HPよりお申し込みください。*お申し込みから10日以内に指定口座へのお振込...

ご相談の実例

○赤ちゃんが生まれたことの不安○家事、育児全般○子供の幼稚園や学校についての不安○結婚、結婚生活○交際している人のこと○夫婦関係○浮気、不倫○妊娠中の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
女性応援カウンセリングFirststepの玉川晃子さん

頑張る女性に寄り添いながら、言葉と文章で心を癒す(1/3)

 誰かに悩みを相談したいのに、人間関係などを考えると、なかなか言えない。真剣な悩みを相談できる相手が周囲にいない。安心して相談できるカウンセラーがわからない。カウンセリングを受けに行く時間がない。こうしたことで、一人で悩みを抱えてしまう女性...

玉川晃子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

子育て・夫婦・恋愛・人生等の悩みを言葉とメイクで解決に導く

会社名 : First step
住所 : 東京都町田市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

玉川晃子(たまがわあきこ)

First step

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

この出会いに感謝

あれから今日まで昔の夫に戻った感じです。 私は自分のしたい...

S.T
  • 女性 
  • 参考になった数(21

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
分かり合うということ
イメージ

 分かり合うって難しい 目の前にいる人と分かり合えたら、誤解も不安も心配もなくなって安心して付き合えま...

[ 心の言葉(詩) ]

自分の価値は自分で決める
イメージ

こんにちは。今日はアインシュタインの名言を紹介しますね。+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+...

[ 名言 ]

完璧な人間などいないから
イメージ

 シェイクスピアの言葉 「神は我々を人間にするために何らかの欠点を与える」これは、シェイクスピアの...

[ 名言 ]

ため息じゃなくて深呼吸を
イメージ

 ため息をつくと幸せが逃げる? こんにちは。長い連休が明けてから、なんとなく体がだるいと感じる方は多...

[ メンタル ]

人生は思い通り
イメージ

 もう、過去のこと 辛いときを過ごした場所へ行くと、今でもその当時のことを思い出して胸を掴まれるような...

[ メンタル ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ