コラム

 公開日: 2016-08-17 

自分が本当に望む生き方をしよう

だったら、やめちゃえば?


どんな人がどんなことで悩んでいるのかをネットの掲示板などを読んで勉強することがあります。
私ならばその質問にどのように答えるだろうかと考える時間です。
その悩みに対しての回答を分析したりもします。
多くの相談を読んでいる中で、少し気になることがありました。

○○が非常識なことを言った。
●●の一言に傷ついた。
□□の行動が理解できない。
▲▲と価値観が違うことに気付いた。
◎◎がどうも自分を嫌っているらしい。
■■が嫌いだ。

このような内容の相談に対して
「だったら付き合うのをやめちゃえば?」
と回答している方がとても多いのです。

「私ならそんな人とは付き合いません」
「友達をやめます」
「会社を辞めます」

そうきっぱりと言い切る人がとても多いのです。

付き合うことをやめれば解決するの?
友達をやめるって、結構難しいのでは?
新しい職場に嫌な人がいたら、その時もまた辞めるの?
相談している人へのアドバイスではなく、自分ならどうするかという主張ばかり。
回答している人たちは、自分が相談者と同じ立場になった時も同じ決断をするのでしょうか?

それって本当に自分のためになるの?


対人関係の悩みは尽きません。
悩みを抱えていることは辛いことです。
自分一人で解決出来ないことがたくさんあります。
苦手な人と接触を持つことや耐え難い苦痛を強いられる環境にいることで、気持ちが病んでしまうこともあります。
対人関係だけではありません。
人生の悩みにおいても同じですね。
壁にぶつかったときに、どのような対策をとればよいか途方に暮れることもあるでしょう。



嫌なこと、面倒臭いことを避けてしまえば楽になるのかもしれません。
嫌いな人に会わないでいれば何も悩まなくていいかもしれません。
それは、その時の、その人の、正しい判断なのかもしれません。
頑張って頑張って、考えて考えて...の結果かもしれません。
自分の気持ちを大切にすることは悪いことだとは思いません。
だけど...
なんだか腑に落ちないんです。
自分のことを悪く言う人や自分が嫌いな相手のために、なぜ、自分がその場所から離れなくてはいけないの?
それって、相手の思う壺になるのではないか?
自分が望んだ場所で、望んだように生きる権利を自ら放棄していることにならないか?
そう思ってしまうのです。

生き方は自分が決めるもの


今も含め、この先の人生には逃げたくなることがあるかもしれません。
どうしてもうまくいかない人が現れるかもしれません。
逃げたいけれど逃げられない状況も発生するかもしれません。
避けたいけれど避けられない人間関係の中にズッポリ入ってしまうかもしれません。
やめること、逃げることしか選べないと、ずっと逃げ回る人生になります。
本当は逃げたいわけではなく、どうにかしたいと思っていても、人は楽な方を選んでしまいます。
誰かや何かのせいにしてしまう、言い訳ばかりの人生になってしまいます。
自分の人生なのに、周りの人や環境に人生を乗っ取られた状態です。
ずーっと、ずーーっと逃げていたら、いつかは元いた場所に戻ってきます。
解決しないままのことは、いつか解決せざるを得なくなるからです。
自分ではなくて、自分の家族に同じ問題が降り掛かることもあります。
「頑張って」が最良の励ましとは限りません。
立ち向かうことばかりが素晴らしいことでもありません。
しかし、頑張ることも立ち向かうことも、反省も分析もなく逃げ続けることで得られるものは何でしょうか?
自分の生きる場所を誰かに決められっぱなし。
それは、本当に自分が望んでいることでしょうか?
生き方を決められるのは他人でなく自分自身です。
自分の人生の舵は他人に握らせてはならず、自らが取るべきなのです。



生きたいように生きる


「うざい!」
「だるい!」
「面倒くさい!」

こういった言葉もよく耳にしますね。
深い意味もなく日常的に使っている言葉でもあります。
しかし、結局は
「うざい」けれども「だるい」けれども「面倒くさい」けれども、仕方なくやっていることがほとんど。
なぜなら、嫌だけれどもそれをやることで得られるものがあるからです。
やらなくて仕方ないとわかっているからです。
私たちはこうした小さな嫌なことを積み重ね、よりよく生きる術を学んでいきます。
私たちは自分がそうしたいように生きる力をちゃんと持っているのです。
生きたいように生きる、という考えのもと、目の前の嫌な事象から身を引くという選択肢も当然アリです。しかし、あなたがそこから逃げる必要がないのに、あなたが生き方を諦め、あなたの生き方を無理して曲げる必要はありませんよね?

ネット上の掲示板を見ていると、自分が求めている状況や幸せの形を諦める、という結論にたどり着くのが早い気がします。
傷ついたり嫌われたりすることはいい気持ちではありません。
ストレスなく、毎日楽しく、好きな人たちだけに囲まれて生きていたいと思います。
それが現実に可能ならばそれで良いでしょうが、実際は...無理ですよね。

その前にできることはある


何だか知らないけれど、一方的に嫌われて途方に暮れることだってあります。
自分の力では改善できない最悪な状況に陥ることだってあります。
しかし、どんな状況にあってもできることはあります。
思い込みや情報不足が原因で、自らが問題を深く複雑にしている場合もあります。
自分の中だけで悶々としていると、その苦痛から一刻も早く逃げたくなるものです。
知りたいことはその答えを自らが求める。
わからないことがあれば相手に尋ねる、信頼できる人に意見を求める。
嫌なことは嫌だとハッキリ言うことも必要です。
それは、「やーめた」という後ろ向きな意味ではなく、理不尽な要求に対する強さです。



「だったらやめちゃえば?」の「だったら」。
それは、できることをやり尽くしたときにこそ使いたい言葉です。
もしくは
「こうしたら?」というアドバイスをつけて使いたい言葉です。



*問題によってはその場から逃げる(去る)ことが必要な場合があります*

お勧めです!好評です!


『カフェDEカウンセリング』
町田駅周辺のお洒落なカフェでリラックスしながらカウンセリングを受けてみませんか?
コーヒーを飲みながら色々なお話をしましょう。

『同行ショッピング』
お化粧品選びでお困りの方、お買い物をお手伝いをさせていただきます。
カフェで問診と簡単なカラー診断をした後に小田急百貨店やドラッグストアへ。
メイク初心者さん大歓迎です!!

この記事を書いたプロ

First step [ホームページ]

心理カウンセラー 玉川晃子

東京都町田市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金案内

ご利用料金は以下の通りです。<メールカウンセリング>1往復  5,000円*HPよりお申し込みください。*お申し込みから10日以内に指定口座へのお振込...

ご相談の実例

○赤ちゃんが生まれたことの不安○家事、育児全般○子供の幼稚園や学校についての不安○結婚、結婚生活○交際している人のこと○夫婦関係○浮気、不倫○妊娠中の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
女性応援カウンセリングFirststepの玉川晃子さん

頑張る女性に寄り添いながら、言葉と文章で心を癒す(1/3)

誰かに悩みを相談したいのに、人間関係などを考えると、なかなか言えない。真剣な悩みを相談できる相手が周囲にいない。安心して相談できるカウンセラーがわからない。カウンセリングを受けに行く時間がない。こうしたことで、一人で悩みを抱えてしまう女性は...

玉川晃子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

子育て・夫婦・恋愛・人生・人間関係等の悩みを言葉で解決に導く

会社名 : First step
住所 : 東京都町田市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

玉川晃子(たまがわあきこ)

First step

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

この出会いに感謝

あれから今日まで昔の夫に戻った感じです。 私は自分のしたい...

S.T
  • 女性 
  • 参考になった数(20

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
印象を変えてイメージアップ!あなたの印象、損してませんか?
イメージ

 40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持つ リンカーン(元アメリカ合衆国大統領)が残したこんな名言がありま...

[ 印象管理(メイク・カラー) ]

伝えたい気持ちをちゃんと伝えていこう
イメージ

 こんなことを言ったら相手は.... 相手に自分の気持ちを伝えることはコミュニケーションのひとつ。「あり...

[ メンタル ]

結婚している人はかわいそう??
イメージ

 独身女性から見た既婚女性 既婚女性が独身女性を見て思うこと。独身女性が既婚女性を見て思うこと。ど...

[ 夫婦 ]

子どもたちが教えてくれたこと〜当たり前とか、こうでなきゃいけないとか〜
イメージ

 授業参観 私は子どもたちの授業参観が好きでした。子どもたちの学校での姿が新鮮で、面白くて。授業参...

[ 子育て ]

自分の応援団長になりましょう!〜キャンディキャンディがお手本〜
イメージ

 自分のファンになろう 皆さんには、応援しているスポーツ選手やアーティストがいますか?また、応援した...

[ メンタル ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ