コラム

 公開日: 2016-07-05  最終更新日: 2017-04-05

孤独な子育てをしないで

思春期


こんにちは。
今日は思春期の子供を育てていたときに思ったことを書かせて頂きますね。
思春期というのは、だいたい小学校高学年から高校生くらいまでを指します。
体が大人になる準備を始めてから成熟していく期間ですね。
子供が心身ともに大人になっていくまでの大切な過程です。
体の変化に戸惑ったり、親に反発したり、自分や他人について考えたり、
自分の思春期を思い出すと実に様々な思いや経験をした時期でした。
自分も思春期を経験してきたはずなのに、いざ自分の子供が思春期に差し掛かると
想像していなかったようなことが次々と起こりました。

それは〇〇不足です


子供がやんちゃだと、その子供の親も同じように批判されることが多いのではないでしょうか。
「親がああだから子供がああなっちゃうのも当然よね。」
こういう話はよく耳にしましたし、私も陰で言われていたかもしれません。

「お子さんが問題を起こす理由として考えられるのは
愛情不足、指導不足、監督不足、躾不足.... 」

先生や相談員はもちろんのこと、
私よりも人生経験が豊富な方ややママ歴の長い人にそう言われてしまったら、
「そうなのかもしれません」と非を認めるような心境になり、頭を下げるしかありませんでした。

”私の躾が行き届かなかった結果です。
悪いのは私です”

こんな私の姿勢が、より子供を悪い方向へ向かわせていたと知るのは随分あとになってから。

「○○不足です」と他人に言われた時には「まさか!」と愕然としましたが、真っ向から否定出来なかったのは自分の子育てに自信がないのと、子供がやってしまったことの結果が全てだったからかもしれません。
しかし、実際は指摘されたようなことには思い当たることがなく、
ないからこそ、子供の問題行動に「なぜ??」という思いでいっぱいでした。
その「なぜ??」が私をどんどん追い込んでいったのです。

原因は様々


やんちゃな子供の親は、放任で無責任だと言われる。
愛情が足りないんじゃない?って言われる。
そういう傾向があるのは知ってる。
実際、そういう家庭があるのも知ってる。
でもね。
みんながみんなそうじゃないってことを言いたい。
めいっぱい愛していて、子供もそれをちゃんとわかっていて、
家族関係が良くても、子供が道を外すことはある。
子供は子供の考えで、全ての行いを自ら選択してやっています。
そういうことをしないように教え、育ててきてもです。
子供の世界は成長にしたがってどんどん広がっていきます。
様々な出来事や一緒にいる友達などによって影響されるようになります。
悪いことと知っていてそれをしてしまうことも、多かれ少なかれ出てきてしまいます。
親や大人へのサインも含め、好奇心、友達との関係、ノリ、うっぷんを晴らすためなど、
原因は家庭だけとは限らないのです。

子育てには正解がない


未成年が起こした重大な事件を聞くと、その子の家庭環境に思いを巡らせます。
親はどんな人だったのか、どういう家庭だったのか、この子はどんな性格だったのか。
夫婦で話し合い、自分たちの子育てを見つめ直すこともあります。
私だけではないと思うのですが、
子育てに自信があるなしに関わらず、何か、誰かの例をとって、自分の子育てが間違っていないか、他人と自分の子育てはどこが違うのかなどを常に比べている気がします。
そうやって他人の子育てに関心を持ち、批判したり賛同したりすることで安心したいのだと思うんです。
成功例も悪い例も模範解答のように見ているところがあるんですよね。
見なくちゃいけないのは、他人の子育ての成功や失敗ではなくて自分の子供の心や成長のはずなのに。

孤育てはやめられる


私は一生懸命子育てをしてきたのに、なんでこんなことになってしまったんだろう?
私の育て方(教育)がいけなかったの?
どこがいけなかったの?
どうしてうちの子はこんなことをするの?
こんなふうになってしまったの?
これから私はどうしたらいいの??
これからこの子はどうなってしまうの?
誰も自分の気持ちを分かってくれない。
自分がどうしていきたいのかも分からない。
子育てに自信をなくしてしまった。





この状況はまさに「孤独な子育て=孤育て」の状態です。
一人で悩みを抱え込まないで下さい。
誰にも心配や迷惑をかけたくなくて一人で問題を解決しよう、解決しなきゃいけないんだと思っていませんか?
自分の子育てを批判されたくなくて誰にも相談などできないと頑なになってはいませんか?
自分の子供が起こした出来事を恥ずかしいとか情けないとか思う前に、
そんなことをした子供の親である自分を責める前に、
一呼吸を置いて誰かに声をかけてみて下さい。
お子さんの問題に応じて相談する場所や、親御さんをサポートしている機関がたくさんあります。
警察の少年課、児童相談所、保健所、ママサークル。
これから入る幼稚園や小学校、中学校にはスクールカウンセラーがいるかもしれません。
今はSNSで気軽に気持ちを発信することもできますし、
同じような境遇の方と知り合い、励ましあうことも可能です。
心理カウンセリング、児童カウンセリング、心療内科。
こういった心の機関も積極的に利用してもらいたいです。
子育てに苦労してきた私も、今は悩んでいる方の窓口のひとつです。
メールでお話を聴いています。
私はとても孤独に子育てをしてきました。
だからこそ、子育てに悶々としている方のお力になりたいと思っています。

子供が教えてくれること


子供のしていることには意味があります。
なぜ?からわかることがたくさんあります。

”私のしつけが悪かったから”という考え方では問題解決には至りません。
”この子がこういうことをしてしまった、こうなってしまったのは何故なんだろう?”が問題解決へのスタートなのです。
子供が教えてくれることは、親にとっては見たくない知りたくない現実かもしれません。
子供が生きている世界は、自分(親)が経験した周知の世界ではありません。
どんなにコミュニケーションを図っていても問題は起きるし、コミュニケーションを図っていなくても問題が起きないこともあります。
面白いもので、起こっている問題によって解決出来ることがある反面、起きていないからこそ解決できない問題もあるというのも事実です。

子供が教えてくれること。
それは、親になったからこそ教わる(知る)ことのできる貴重な体験の数々です。
親は子供が生まれて初めて親になります。
わからないことがあったり、できないことがあっても不思議ではありません。
孤育てだけはしないでください。
子供が巻き起こすたくさんの出来事を、一緒に考えていきましょう。

<関連記事>
子育て中のお母さんたちへ

玉川晃子ができること

◉メールカウンセリング
一番人気のメニュー!対面が苦手な方にオススメ

◉カフェDEカウンセリング
町田駅周辺のカフェでゆったりとカウンセリング!

◉魅力が向上!美人度アップ♡コスメ同行ショッピング
お化粧品選びでお困りの方、お買い物をお手伝いをさせていただきます

詳細はHPで→https://www.counseling-firststep.com

この記事を書いたプロ

First step [ホームページ]

心理カウンセラー 玉川晃子

東京都町田市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

19

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金案内

ご利用料金は以下の通りです。<メールカウンセリング>1往復  5,000円*HPよりお申し込みください。*お申し込みから10日以内に指定口座へのお振込...

ご相談の実例

○赤ちゃんが生まれたことの不安○家事、育児全般○子供の幼稚園や学校についての不安○結婚、結婚生活○交際している人のこと○夫婦関係○浮気、不倫○妊娠中の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
女性応援カウンセリングFirststepの玉川晃子さん

頑張る女性に寄り添いながら、言葉と文章で心を癒す(1/3)

 誰かに悩みを相談したいのに、人間関係などを考えると、なかなか言えない。真剣な悩みを相談できる相手が周囲にいない。安心して相談できるカウンセラーがわからない。カウンセリングを受けに行く時間がない。こうしたことで、一人で悩みを抱えてしまう女性...

玉川晃子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

子育て・夫婦・恋愛・人生等の悩みを言葉とメイクで解決に導く

会社名 : First step
住所 : 東京都町田市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

玉川晃子(たまがわあきこ)

First step

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

いざとなったらカウンセラーに相談できるという安心感

彼については、いろいろと心境も変わってきて、自分なりに整...

T・T
  • 女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ジョン・レノンの言葉
イメージ

 人の言うことなんて気にしない 今日はジョン・レノンの言葉を紹介します。:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:...

[ 名言 ]

写真から伝わる愛、伝える愛
イメージ

 家族写真への憧れ 昔から、家族写真を撮ることにとても憧れていました。実家では、写真館できちんとした...

[ 子育て ]

水泳の授業が大嫌いだった私が「泳ぎたい」と思えるようになったわけ
イメージ

 水泳の授業が大っ嫌い! 小学生の頃の話です。私は泳ぎが不得意だったので、いかにして水泳の授業を休も...

[ メンタル ]

欲張りな私
イメージ

今朝の朝食は欲張りに..チョコクリームも、ピーナツクリームも食べたかったからそれぞれ半分ずつに。パ...

[ メンタル ]

ツルゲーネフの言葉「乗りかけた船には...」
イメージ

こんばんは。今日の名言はイワン.ツルゲーネフ(小説家)の言葉です。「はつ恋」という小説は有名ですね。私は中...

[ 名言 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ