プロTOP:上藤彰子プロのご紹介

障害者雇用を企業戦略に!そして、障害があってもなくても幸せに働ける社会へ!(1/3)

ダイバーシティ戦略コンサルタント 上藤彰子さん

障害者とその家族の不安を解消するとともに、企業の力になる

 近年、障害者雇用への理解が高まっています。一方で、障害者は「障害者枠」で働くものだという流れができてしまい、葛藤する障害者やその親御さんも増えています。
「キャリアコンサルティングを通して、本当はデザイナーがやりたい、プログラマーがやりたいといった思いを持つ障害者に多く出会ってきました。しかし現実では、大学を出てしっかりと知識を身に付けていても、障害があるが故、エントリーさえさせてもらえない…。障害があっても能力がある方はたくさんいます。障害者枠の外で働きたい方たちが希望を叶え、受け入れた企業の生産性が向上するように、両者の力になりたいです」
 こう話すのは、キャリアコンサルタントの上藤彰子さんです。発達障害と精神障害者の就職支援と、健常者も障害者も同じ環境で働ける企業風土・組織作りに尽力する“ダイバーシティ戦略コンサルタント”として活動しています。

 上藤さんには、知的障害を持つ弟さんがいます。「障害あっても能力を活かしたい本人がいる、その後ろには同じように願う親がいる」と痛感したことが事業へのモチベーションになったと話します。
「私の母親は、弟が健常者と同じように生きられるように環境をつくっていました。根底には、大人になったら安心して社会に送り出したいという思いがあったのでしょう。これは障害を持つお子さんを育てる親御さん皆に共通する思いでもあるはずです。ですが、送り出せる場所は非常に少ないです。本人も親御さんも悔しさを抱えています。皆さんの不安をなくすためにサポートしようと決意しました」

<次ページへ続く>

【次ページ】 障害があっても能力があれば問題ない、という考え方を広めたい

上藤彰子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者雇用枠にとらわれない採用を支援し、企業戦略につなげる

屋号 :  
住所 : 神奈川県横浜市神奈川区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

上藤彰子(かみふじあきこ)

 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
障がい者雇用が進まない企業の事情

中小企業の人事の方と、障がい者雇用が進まない事情について声を聞くことができました。法定雇用率が上がってあ...

健常者と障がい者、一緒に働いていますか。

新しい障がい者活用について同じご意見を持つ方と話をする機会を頂きました。条件が整えば障がい者も生産性が高...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ