コラム

 公開日: 2016-12-10  最終更新日: 2016-12-22

中学で教えて欲しかった! 英語の発音(とリスニング)が上達するためのコツとは?

英語の音は変化する

前回は「何年も勉強してきたのになぜ聞き取れないのか?」についてお伝えしました。そして、その理由の一つが、私たちが英語の「正しい音」を知らないからである、聞き取りたかったらまず「正しい音を身につけるのが一番の近道である」とご説明しました。

「発音」と言っても、LやRの区別をつける、という音素の問題だけではありません。(もちろん音素は基本なんですけど)

実は、それよりも、学校ではほとんど教えてもらえなかった「英語の音が変化する=音声変化」のルールを知り、それを体得することの方が、聴き取りにはずっと助けになります。

そう、英語の音は変化します。どういうことでしょうか?

ネイティヴは私たちが学校で教わった通りになど発音していない

そもそもネイティヴは私たち日本人が学校で教わった通りになど発音していません。もっというと、文字に書いてある通りには発音していないのです。

英語の音は、つながったり、消えたり、違う音になったり、と変化するからです。

私が発音を勉強して一番驚いたのがこの部分ですし、スクールの生徒さんたちが口をそろえて「こんな風に発音するんだ!知らなかった!」とおっしゃるのもこの「音声変化」のパートです。

その「音声変化」ルールの主なものは次の6つです。

連結、同化、短縮、脱落、変形、弱化 

その中で日本人が一番知らない、苦手なものが「弱化」です。

日本の英語教育 最大の盲点  それは「弱化」を教えてないこと

英語の文章は「内容語」と「機能語」という2種類の単語が組み合わさって出来ています。

「内容語」とは文章の中で重要な情報をともなった単語・・・・名詞、動詞、副詞、形容詞、疑問詞など。

「機能語」とは文章の中であまり重要な内容を示さない単語・・・・代名詞、助動詞、冠詞、接続詞、前置詞、関係詞など

実は、「機能語」には2通りの発音があるのです!試しに 機能語である代名詞の you を辞書でひいてみて下さい。
「弱」とか「強」って発音のところに書いてありますよね。

これが「弱形」[ユ][ィェ] と 「強形」[ユー]のことなんですが(発音記号が文字化けしてしまうので、あえてカタカナで記しています)、私たちが学校で教わった発音は「強形」のみで、それしか知らない場合がほとんど。
でも、実際の会話では「弱形」で発音される方が多いのです!!

つまり私たちは ホントの発音をずーっと知らなかったのです。
そんな別な(ホントの)発音があるなんて思ってないから、リスニングで「聴き取れなかった!」と混乱してしまうのです。

英語らしく発音するためのコツ 弱化のルールでリズムを体得

では具体的にはどう発音すればよいのでしょうか?
機能語で使われる弱形の発音は、弱く発音されるというより、【短く】発音されます。

例えば
What do you want?
「弱化」の意識がないと、単語を全部同じリズム(長さ)で発音してしまいます。

WHAT DO YOU WANT?

リズムでいうと、こんな感じ。ダーダーダーダー

では、この中で、機能語と内容語はどれでしょうか?
機能語はdo you 内容語は what, wantですね。それでは機能語の発音を辞書で調べてみてください。do は ドゥー と発音されないということがわかります。

機能語(do, you)は弱形発音でしかも短く、内容語(what, want)はアクセントをつけて(伸ばし気味に)発音すると

WHAT do you WANT?
リズムはこんな感じ。ダーダダダー。

これをスクールで生徒さんにやっていただくと、「あ、ほんとだ!ネイティヴの発音になった!」とたいていおっしゃいます。「これを中学で教えて欲しかった。そうしたら、こんなに何十年も困ることはなかったのに…。」

内容語は長く、はっきりと、機能語は短く、あいまいに発音する。これが英語らしいリズムを作るコツです。
(機能語も文意によっては強形で発音されることもあります。)

この弱化のルールを意識して発音するだけでも、英語がカタカナ発音、ぶつ切れ発音から、英語らしいリズムの発音に変わります。

このリズムを知らずして、リスニングの上達などないと言ってもいいくらいです。
中学でまずこれだけでも教えて欲しい!!リスニングが楽になるから。私は切実に思ってます。

読むだけで発音が上手くなるコツをメルマガで公開中

そのコツをどうぞ無料で手に入れて下さい。ご登録はこちらからどうぞ。

こんなに変わる生徒さんの発音

生徒さんの劇的な変化は?

この記事を書いたプロ

イングリッシュ・ジョイ [ホームページ]

英会話講師 阿久澤淳子

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
阿久澤さんプロフィール写真

発音を劇的に変える発音矯正トレーニングで、発音に自信のない人の発音、リスニング力を大幅UPの実績(1/3)

 「英語の勉強をしてもリスニングが上達しない、話せるようにならない経験は多くの人がお持ちでしょう。そんな時にはぜひ私のところで発音矯正レッスンを受けてください。発音が良くなるとリスニングが飛躍的に上達し会話もできるようになりますよ!」 こ...

阿久澤淳子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

英語の発音を劇的に変える発音矯正トレーニングを提供

屋号 : イングリッシュ・ジョイ
住所 : 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

阿久澤淳子(あくざわじゅんこ)

イングリッシュ・ジョイ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
たった1ヶ月でネイティヴ並みの発音を手に入れる!2時間特別体験 開催日迫る!
イメージ

 たった1ヶ月でネイティヴ並みの発音を手に入れるセミナーです。 発音の基礎(英語発声から)から徹底ト...

[ 英語の発音 ]

英語の発音を2日でマスターする! 「仕事で使える 脱カタカナ発音土日集中特訓」受付中
イメージ

昨年開催して、大好評だった「英語の発音 集中セミナー」を今年も開催します。 昨年受講生のご感想から...

[ 英語の発音 ]

【8月満席】発音トレーナー養成講座 9月は余裕あります
イメージ

◆英語の先生、英語力を活かして仕事をしたい人のための「発音トレーナー養成講座」おかげさまで8月開催は...

英語の先生は気づかぬふりをしているが、生徒の側はもっと発音をよくしたいと思っている!!
イメージ

「英語の発音トレーナー養成講座」お申し込み、お問い合わせをありがとうございます。早期割引終了まで(8月...

[ セミナー ]

英語の先生、英語力を活かして仕事をしたい人のための「発音トレーナー養成講座」受付開始
イメージ

もしもあなたが◆講師自身の発音をネイティヴに並みにしたい!◆生徒の発音の指導方法が知りたい!◆生徒をも...

[ セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ