コラム

 公開日: 2014-10-15  最終更新日: 2014-10-16

同情と共感の大きな違い・・・セラピストの役割

今年も2か月半残す時期になりました。
実りの多い季節を迎え、人生においても秋というのは
収穫の時期と言えます。
そこで今日は、セラピストとしての役割(実り)について考えてます。

私はカラーセラピーの受講生さんたちに
必ず初めに伺うことがあります。


「あなたはどうしてカラーセラピーを学びたいのですか?」と。
すると皆さん、異口同音におっしゃいます。
「以前の辛かった自分の経験を活かして、今度は私が助けてあげたい!!」と。

正義感も溢れて、目が輝いていることも多いのが
印象的です。

ところが、とても素敵なお話しのようですが
ちょっと待ってください!
「助けてあげること」が本当にできるのでしょうか。

悩み事を、聞いてあげることはできるでしょう。
そして、その話に「同情」したり「意見」を伝えたりもできるでしょう。

しかし、その意見は、意見している人の
経験だったり性格が大いに反映しているものです。
相談者を否定し、傷つけることにもなりかねません。
ですから、相手のためと思っても
その意見は、自己満足やエゴに過ぎないということです。

セラピストは、クライアントの人生に立ち入ることはできません。
人生におけるお悩みや問題、これはその人自身の中に答えが
あると考えます。
つまり、クライアントを、「助けてあげること」などできないのです。
ではどうすれば良いのでしょう。

まず、「傾聴」できることが第一です。
傾聴とは、「傾いて、心で聴くこと」です。
「聴く」ことができる人こそ、セラピストなのです。

それは、ただ黙って聴くという意味ではありません。
ここで、もう一つの要素。
「共感」ということが重要です。
聴くためには、同情ではなく「共感」が必要です。

さらには、クライアント自身の中で答えが見つかるように
興味を持って質問すること。
つまり、質問することが、クライアントの気づきに繋がります。
「質問上手」になること、これがセラピストには必須ということですね。
なんて難しいと思っている方も多いでしょう。

振り返ると、私も初めて傾聴ワークを経験した時には
セラピストとしての役割を果たしてないような思いを抱いたのを
今でも想い出します。

長い年月を経て、歳を重ねたお蔭でしょうか。
「共感」することの大切さと難しさを改めて感じますが
セラピストとしての役割は、私のしあわせ
つまり冒頭に書きました「実り」にも通じると
考えるようになりました。

次回のコラムは「ダメージ」という言葉の検索が
多いようですから、この言葉について書いてみたいと思います。

********
<企業向けカウンセリングについて>
企業内でのお悩みは、他人との人間関係にその原因があることは
否めないものの、はやり根本は「個」の中にあるのではと
考えます。

職場での円滑な人間関係やコミュニケーションを希望される方
どうぞ一度ご相談ください。
まずは、ご自分に向き合う時間を作りませんか。
いつでも傾聴に参ります。
★カラールームEnchante <ストレスコントロールセミナー開催中!!>
職場への出張も賜りますのでお気軽にご連絡ください。
簡単な体験ワークさせて頂きます。
http://www.color-enchante.com/
09039077125(内田朱美)
Email cocoiro@pp.em-net.jp

この記事を書いたプロ

カラールーム Enchante(アンシャンテ) [ホームページ]

講師 内田朱美

東京都杉並区荻窪 [地図]
TEL:03-6765-1325

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
強み発見診断
イメージ

ビジネスマンのための「自分の強みを引き出すパーソナルコーディネート」~こころの色と勝負色のコンサルタント~*完全予約制のセッション★カラータ...

上司と部下の個性診断
イメージ

アンシャンテでは、組織内の円滑なコミュニケーションのためには人間関係のストレスをため込む前のケアとして上司や部下が、自分の特性を知ること自分のこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「カラールームEnchante」内田朱美さんプロフィール画像

企業を成長させるのは人の力。経験豊富なカラーコンサルタントがマンパワーを引き出し企業力アップ!(1/3)

 「色彩学というとファッションをイメージする方が多いと思いますが、色は人を動かす力になることをご存知ですか?契約社員やパート社員など、さまざまな雇用形態が集まる現代の企業は、人のマネジメントがとても難しいと思います。そこで、モチベーションア...

内田朱美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現代の複雑な人間関係を色で読み解き、色彩心理学で円滑へ導く

屋号 : カラールーム Enchante(アンシャンテ)
住所 : 東京都杉並区荻窪 [地図]
TEL : 03-6765-1325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6765-1325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田朱美(うちだあけみ)

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

悩みにドンピシャでびっくり

【負のスパイラル・・気づいていてもなかなか抜け出せません...

K.K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
答えはあなたの中にある~初書籍『本当の幸せは色で見つけられる』
イメージ

書籍がAmazonから出てから約2週間が経ちました。私の半生を振り返りますと、身体が弱かった幼少期に自然の色と...

[ 出版本 ]

嫉妬の正体に気づく~初書籍『本当の幸せは色で見つけられる』
イメージ

いよいよ初書籍Amazonにて公開になりました。 https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%...

[ 出版本 ]

部下が「報告」をしない3つの理由
イメージ

Enchanteの新Webサイトの公開から、早いもので2ヶ月が経過しました。既存のカラールームEnchanteから、少し脱皮...

[ 組織の関係性 ]

答えはきっとあなたの中にあるはず ~7月31日のセッション会を前に
イメージ

7月も最終週ですね。時間がどんどん加速度がつく感じの今日この頃。でも、最近はお蔭様で充実感もどんどん増し...

[ 組織の関係性 ]

悩めるビジネスマンへ 部下のやる気を引き出す上司の勇気
イメージ

いつの間にか梅雨明けしたのか?毎日、暑い日が続いておりますが、お元気でしょうか?さて、私のEnchanteの...

[ 組織の関係性 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ