コラム

 公開日: 2018-02-22 

生徒が4技能の試験や授業で成功するための一番の壁となるのは?

Q. 生徒が4技能の試験や授業で一番の壁となるのは?


A. 指導に対する先生の常識を覆す です。

実は、英教塾の先生向け講座に、
4技能実践講座という定期講座があるのですが、

その中でよくお話をすることなので、
ここでシェアさせていただきます。


現在、英教塾では様々な講座を開講しております。
その中に4技能指導実践講座という定期講座があります。
月一回の講座ですが、こんなことをしています。

1.私が大事な指導ポイントを入れて
デモレッスンを行います。

2.その指導ポイントを、各先生が実際に使っている
教材を用いて、どのようにその指導ポイントを入れて授業をするのかを議論します。

3.実際にレッスンプランをして、皆さんの前でデモレッスンをしてもらいます。

4.私や他の受講されている先生方からフィードバックをもらいます。

英語のみで普段から授業されている先生は、
英語のみでデモレッスンをしますが、

日本語を交えながら授業されている先生は、
学校方針もあると思いますので、
英語のみのデモレッスンをあえて強制していません。

ただし、英語で分かるものはどんどん英語で言ってあげて、
極力日本語を使わないようにしましょう。
とお伝えしています。


そんなデモレッスンをやっていただいた後に、
私はよく先生方に質問します。

「なぜ、〇〇の部分を日本語で説明したのですか?」

「日本語で説明しないとわからないと思うからです。」

とお答えが返ってきます。

すると、私は、実際そのパートを日本語を使わないで、
やってみるんです。

「そんな方法があったとは!これなら日本語の説明入りませんね。」

と驚かれます。


同じようにお感じの先生で、生徒に理解してもらうために
日本語で説明するという方はいませんか?


実は、教え方で、日本語を使わずに英語だけで生徒に理解させ、
英語を使うことができるようにすることは可能なんです。


そのためには、
1.発想や手順を根本から変える 
2.絵や、写真、動画、ジェスチャー、facial expressions などで
言葉で説明しなくてもわかるようにする
3.はじめはゆっくり発話し、慣れてきたら早くする

など、様々な工夫をすれば英語だけで授業は可能です。

でも、一番大事なのは、

先生自身の
「説明をしなければ、生徒は理解をしてくれない」という考えを
見直すということです。

やり方を変えれば日本語を使わなくてもよくなりませんか?

生徒の理解力の問題ではなく、

「指導する側が指導を変えれば、
生徒は理解できる」

という常識を覆すことです。



多くの先生に相談される文法についてもしかりです、

説明しなければ生徒はわからない。

いいえ、説明しなくてもわかるような方法で教えればいいんです。

4技能実践講座は、そんな方法をたくさん学んでもらっていて、
先生方から

「私自身、こんな風に学んだことがなかった!」
「この方法で子供の頃から学んだらもっと英語に自信が持てたのに!」
「自分の生徒も、この方法ならできるようになる!」

と、目を輝かせながら、言っていただきます。


これまでの指導法の常識のとらわれず、
新しい方法はないか、探ってみませんか?

**********************************
<講座案内>
定期講座: 
1.4技能を統合しての指導実践講座 (お申し込み受付中)
2.4技能指導のための発音トータルトレーニング講座 (お申し込み受付中)

一日・半日講座:
1.4技能指導に必須の4冊の辞典 第2弾 (お申し込み受付中)
Longman Language Activator
2.4技能指導に必須の4冊の辞典 第3弾 (お申し込み受付中)
Oxford Collocations Dictionary


3月以降、新たな講座を開講予定。お楽しみに。

この記事を書いたプロ

英語の先生のための英教塾 [ホームページ]

英会話講師 長沼ゆかり

東京都新宿区西新宿7-4-7イマス浜田ビル5階 [地図]
TEL:03-5937-3390

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
英語の先生のための英教塾 代表 長沼ゆかりさん

2020年目前!英語で4技能(聞く・話す・読む・書く)を教えられる先生になりましょう!(1/3)

 2020年、大学入試が大きく変わります。中でも英語は大改革され、「聞く・話す・読む・書く」の4技能が重要に。しかし、対応するのに十分な英語力・指導力を持つ先生は非常に少ないのが現実で、焦りや悩みも広がっています。こうした先生たちの英語力...

長沼ゆかりプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「聞く・話す・読む・書く」4技能を有効に教えられる先生に!

屋号 : 英語の先生のための英教塾
住所 : 東京都新宿区西新宿7-4-7イマス浜田ビル5階 [地図]
TEL : 03-5937-3390

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5937-3390

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長沼ゆかり(ながぬまゆかり)

英語の先生のための英教塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(英教塾) 4月、5月 定期講座・一日講座のご案内 (締め切り直前です)

 英教塾 4~5月 定期講座・一日講座のご案内 4月になり、新年度スタートですね。気持ちも新たに、生...

[ 英教塾からのお知らせ ]

TEAP講座についてご質問をいただきました

 TEAPの試験対策は、これまでの入試対策と大きく違う! 3/24 に行われる英語指導者向けTEAP講座についてご質...

[ 大学入試 ]

3/24 春期・英語指導者のためのTEAP講座 参加者募集

 2018年春期・英語指導者のためのTEAP特訓講座参加者募集 年々、TEAP大学入試に導入している大学や学部が...

[ 英教塾からのお知らせ ]

センター試験と、他の4技能試験との決定的な違いとは? リスニング編

センター試験が終わりました。受験生も先生方もお疲れさまでした。受験生を担当されている先生方は、セ...

[ 大学入試 ]

Listening力を上げるために、いきなりディクテーションをしてはいけない訳とは?

Listening 力を上げるために、聞いたものを書きとる(ディクテーション)のが有効と言われます。確かに、有...

[ 4技能指導 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ