コラム

 公開日: 2016-08-30 

体幹トレーニングのデメリット ~体幹は固めてはいけない!~

こんにちは、スポーツトレーナーの八巻です。

今回は前回記事に引き続き、体幹トレーニングのお話です。


最近は何かと体幹トレーニングがスポーツパフォーマンスアップに良いという
メディアの風潮もあり、体幹トレーニングという存在を知る方も多いですが、
私共の業界では必ずしもその認識で一致している訳ではなく、
一つの説に過ぎないという事です。
私を含め、体幹トレーニングはパフォーマンスアップにつながらないという考えを持っている
トレーナーの方もいます。

私が体幹トレーニング肯定説をいまいち信用していないのは、
体幹を強化する事で、なぜパフォーマンスが上がるのかの具体論が無い事が理由です。
「この選手は体幹トレーニングで体幹を強化したから、メダルにつながった」
というような言い方もよく耳にしますが、なぜ体幹が強くなるとパフォーマンスが上がるのかの
メカニズムの説明が無いのです。


「このトレーニングでパフォーマンスがアップする!」
と言うのであれば、もっと具体的にその理由を説明すべきです。

腕・脚の動きは、体幹を起点に行われている


そんな意見を述べたところで、私の体幹論をお話すると、
私はスポーツパフォーマンスアップをするためには、
体幹を固めるトレーニングをしない方がよく、
逆に背骨を前後左右に自在にしならせる事が出来るよう、
逆に出来るだけ体幹はリラックスさせた方がいいと考えています。

普通に考えて、競技をする際は出来るだけ体に緊張・力みを残さない方が
本来の力を発揮する事が出来ると思いますが、
今流行の体幹トレーニングは逆にこの緊張をつくってしまいかねないのです。

トップアスリートは、体幹を固めていない!


トップアスリートの動きを実際にチェックしてみるとわかります。
これは去年の世界陸上の画像ですが、
ボルト選手の走りをみると、
脚が後ろへ大きく振られた時、体幹部が大きく前湾しています。

そしてその脚が戻ってくると同時に、前湾していた体幹部が逆に後湾しています。

これは走る際に腕脚の動きだけでなく、それに連動して体幹も使われている事の表れです。
動画で観ると、ボルト以外の選手も同様でした。


体幹部が前後に動いている=これはすなわち背骨が前後にしなっているという事です。
体幹をガチッと固めてしまうと、この動きが無くなってしまいます。

体幹が大きく動いている例だとテニスのサーブ・バレーボールのスパイク・サッカーのスローインなどがあります。
体幹を柔らかくしなやかにしならせる事で、腕により大きな力が伝わるのです。



そんなしなやかで柔らかい競技動作を行うにあたって、体の「力み・緊張」は禁忌です。
体幹が緊張すると、四肢にも緊張が伝わります。
走考えても体幹は逆に出来るだけリラックスするように心がけないといけないのではないでしょうか?



次回に続きます。

姿勢や歩き方をみれば、カラダ改善の方法、きっとわかります

スポーツ上達のコツはもちろん、
スポーツをしながらの腰痛・膝痛などのお悩み。
姿勢や動作のゆがみからその原因を見つけます。

東中野駅徒歩五分の姿勢改善パーソナルトレーニングジム「体玄塾」にて無料カウンセリングを随時行っています。
現状を変えたいという方はこちらへ
http://taigenjuku.com

この記事を書いたプロ

姿勢改善・動作改善教室 動作力.com [ホームページ]

パーソナルトレーナー 八巻稔秀

東京都中野区東中野5丁目10−6 ニュービラ東中野 1F 体玄塾 [地図]
TEL:090-7188-8785

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
レッスンメニュー
イメージ

40代~70代のミドル・シニア世代を主に対象にした、”姿勢からスキーを見直す”スキーレッスンスクールです。●他のスキーレッスンとはここが違う!①.姿勢...

 
このプロの紹介記事
姿勢改善・動作改善教室 動作力.comの八巻としひでさん

姿勢や動作が変われば、体の不調が改善してスポーツも上達する(1/3)

パーソナルトレーナーとして活躍している、姿勢改善・動作改善教室 動作力.com代表の八巻としひでさん。お客さまの姿勢や歩き方、動作を指導することで、体の軸を整えたり、スポーツの上達をサポートするのが仕事です。特に、自らも趣味として楽しむスキ...

八巻稔秀プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

40代からでもパフォーマンスが上がる体の使い方を教えます

会社名 : 姿勢改善・動作改善教室 動作力.com
住所 : 東京都中野区東中野5丁目10−6 ニュービラ東中野 1F 体玄塾 [地図]
TEL : 090-7188-8785

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-7188-8785

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八巻稔秀(やまきとしひで)

姿勢改善・動作改善教室 動作力.com

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
オフのスキーレベルアッププログラム・“動作力トレーニング“入会までの流れ

コラム等当ページをご覧いただき、トレーニングにご興味を持って持っていただいた方の為に、トレーニングまで...

[ 40代からの、スキー・スポーツ上達法 ]

お腹と”背中”も引き伸ばそう! 健康になる姿勢づくりのコツ
イメージ

肋骨と骨盤の間の部分は、引き伸ばすといい姿勢をつくることになるよというお話を以前しました。前回記事 ...

[ 本当に役に立つ、姿勢のお話 ]

食事は適量を、バランス良く。
イメージ

こんにちは、八巻です。だいぶ寒くなって、温かい食べ物がおいしい季節になってきました。私がパーソナル...

[ 本当に役に立つ、姿勢のお話 ]

お腹が緩む姿勢
イメージ

こんにちは、八巻です。今回はお腹が緩む姿勢についてのお話です。先日、健康ランドに行ってきました。...

[ 本当に役に立つ、姿勢のお話 ]

腹筋トレーニングでお腹が凹まないのはなぜ?

こんにちは、八巻です。今回も腹筋のお話。トレーニングをしているのに、なかなかお腹だけは上手く凹んでいっ...

[ 本当に役に立つ、姿勢のお話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ