コラム

 公開日: 2016-01-05  最終更新日: 2016-06-02

マネジメントアドバイザリ―サービスのご紹介-困ったときの相談相手として

日常の「分からない」ことをどうしていますか?

皆さんが日々の事業活動を行う中で、以下の様な経験はないでしょうか?

・事業活動やプロジェクトが計画通りにうまく進まない、目標を達成することができないが、その理由が分からない。
・本業以外のITやセキュリティなどについて、委託業者の提案の妥当性が分からない。
・新しい法制度にどう対応したらよいか分からない。
・・・

このように日々の仕事の中でも、様々な「分からない」ことがたくさん発生します。
会計に関することであれば会計士さんや税理士さん、法律に関係することであれば弁護士さん、というように課題に対する相談相手が明確な場合は、その方に連絡を取って対処するでしょう。

では、それ以外の「分からない」ことはどうしていますか?

何とか自力で対応する場合、本来やるべき仕事の時間を割くことになるので、十分な対応ができなかったり、結局解決までたどり着くことができなかったりすることも多くは無いでしょうか。また、時間を割いた分の業績が抑えられてしまう可能性もあります。

一方で、「分からない」から対応をあきらめてしまい、放置することも散見されます。そのまま何も起きなければいいのですが、もし何かが起きた場合、想定外の被害をもたらすことにもなりかねません。

このような場合、コンサルタントに依頼するという解決策を検討してみてはいかがでしょうか。コンサルタントが専門知識を駆使して「分からない」ことを明確にし、課題解決の施策を提示する一方で、皆さんはその間も事業に集中することができます。
分からないことへの対応

今回は、デルタエッジコンサルタントが提供するサービスの一つである、「マネジメントアドバイザリ―サービス」について、簡単にご紹介します。

「コンサルティング」と「アドバイザリー」の違い

デルタエッジコンサルタントのサービスは、大きく「コンサルティングサービス」と「アドバイザリーサービス」があります。同様の他社も多く、それぞれの定義も様々ですが、弊社では以下の様に区別しています。
「コンサルティングサービス」は特定の課題に対して、期間を決めて集中して取り組むサービスです。その成果は一般に報告書という形式で提供します。それなりの文書を作成するため、相応の時間が必要になるため、コストは必然的に高くなります(内容にもよりますが、数十万円~)。
「アドバイザリーサービス」とは、定期的にクライアント先にお伺いして様々な相談を受け、アドバイスするサービスです。課題の対象は弊社が対応できる範囲で限定することなく、その時点で皆様が聞きたいことすべてです。原則、その場でお聞きしたことに回答するので、成果物は特に発生しませんが、その分コストは低く抑えられます(回数や時間によりますが、毎月数万円程度から対応可能です)。
「コンサルティング」と「アドバイザリー」の違い

「マネジメントアドバイザリーサービス」の特徴

デルタエッジコンサルタントの「マネジメントアドバイザリーサービス」は定期的なディスカッションとメール対応により、経営者などが都度直面する課題に対して、客観的な視点でアドバイスするサービスです。その特徴は、以下の通りです。
「マネジメントアドバイザリーサービス」の特徴

特徴1:ディスカッションは直接こちらからお伺いし、対面で行います
電話応対やメール対応で同様のサービスを提供する他社もあるようですが、弊社は必ずこちらからお伺いし、直接お話しすることを原則としております。

特徴2:ディスカッションの中で方向性が出なかった課題は、継続してフォローします
時間の限られた中で方向性の出なかった課題は引き続きフォローし、次回以降のディスカッション、または電子メールでご回答差し上げます。

特徴3:次回ディスカッションまでの期間は、メールでの質問等も承ります。
次のディスカッションまでの期間は、電子メールでの質問を受け付けます。回答は相談の内容によって、電子メールの返信する、またはディスカッションで対応します。

特徴4:ディスカッション時間の延長や回数追加など、臨機応変に対応します
スケジュールの都合にもよりますが、ディスカッションの時間が足りなく感じた場合の時間延長や、臨時のディスカッションを追加することは可能です。(追加料金が発生します)

特徴5:取り決めた時間の範囲内で、組み合わせは自由です
取り決めた時間の範囲内で、回数を分割したり、相談相手を変えたり、といった対応も可能です。
例えばディスカッションを月1回、2時間という取り決めとした場合、
・時間を1時間にして月2回対応とする
・1時間は特定の事業や部門の責任者で対応する
・1時間はITベンダーとの打ち合わせに同席する
・・・
といった様に、自由に組み合わせることが可能です。
時間の組み合わせ例

皆さんのお時間を有効活用して課題を解決する手段の一つとして、デルタエジコンサルタントのマネジメントアドバイザリ―サービスを、是非ご検討ください。

上記に関して、ご関心、ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームは、こちらです。

弊社ホームページの「マネジメントアドバイザリ―サービス」も参照ください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
ITを有効活用し、課題を解決します
デルタエッジコンサルタント株式会社
金子 清隆
URL  http://www.deltaedge.co.jp
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

この記事を書いたプロ

デルタエッジコンサルタント株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 金子清隆

東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル3階 [地図]
TEL:03-6869-8336

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービスメニュー

日常業務の中で、あるいは報道や世間の動向を見ている中で、以下のように感じたことはないでしょうか。・「現状にどこか満足できない」、「どこかに課題がありそう...

お知らせ

企業や組織はIT部門やITリーダーに対して、戦略的にITを活用したビジネスを実施するための貢献を期待する様になっています。一方で、IT部門の多くは以下の理由により...

 
このプロの紹介記事
金子清隆・ITコンサルティング・デルタエッジコンサルタント株式会社

ITを中小企業のビジネスに有効活用するには?ITの運用方法やコストでお悩みの方に(1/3)

 2013年9月にデルタエッジコンサルタント株式会社を立ち上げた金子清隆さん。中小企業の業務改善をサポートするコンサルティングをベースに、特にITの最適化を通して顧客のビジネスを陰から支えています。 「ITとビジネスとの関係は年々密接に...

金子清隆プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小企業の実情を踏まえた、最適コストによるIT活用をご提案

会社名 : デルタエッジコンサルタント株式会社
住所 : 東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル3階 [地図]
TEL : 03-6869-8336

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-8336

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子清隆(かねこきよたか)

デルタエッジコンサルタント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
FAKEニュース(偽ニュース)に惑わされないために

最近はネット上にFAKEニュース、または偽ニュースと呼ばれる、事実とは異なるニュースが氾濫しています。先日も「...

[ リスク管理 ]

長期休暇のセキュリティ対応 − IT機器も休暇入りさせましょう

今年もお盆休みの時期が来ました。全社で夏期休暇が設定されている会社もあるでしょう。こうした長期休暇は、年末...

[ セキュリティ ]

世界規模のランサムウェア攻撃に注意

現在、世界規模でランサムウェアによる感染被害が報告されいることはご承知だと思います。今回観測されているラ...

[ セキュリティ ]

事業者が取り扱う「個人情報」とは?-改正個人情報保護法施行前の確認

2015年夏に改正された個人情報保護法が今年(2017年)の5月30日に施行されることが正式に決定しました。現行法では...

[ 個人情報保護 ]

ネット通販の詐欺サイトによる被害に遭わないために

ネット通販における詐欺の被害が続いています。こうした詐欺サイトで商品購入手続きを行うと、代金を振り込んでも...

[ リスク管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ