コラム

 公開日: 2015-12-15 

他人のストレスに影響を受けないために

オフィスで誰かがイライラしながら作業していると、その空間全体で何かピリピリしたものを感じることは無いでしょうか。こうした誰かのストレスは周囲の人間にも影響を与え、結果としてイライラしている本人ばかりか、周囲のメンバーを巻き込んでパフォーマンスの低下をもたらしかねません。
今回は周りのストレスに影響を受けずに作業を行うためにはどうすればいいのか、確認します。

ストレスは「感染」する

人間は周りの人の感情に影響されやすい生き物です。一緒にいる人が嬉しそうにしていると、こちらも自分にいいことがあったかのように喜びを感じる、といった経験がある人も多いと思います。こうした現象は心理学用語で「情動感染(Emotional Contagion)」と呼ぶそうです。
「感染」という言葉を使っておりますが、別に何らかのウィルスや細菌が引き起こす訳ではありません。最近の脳科学の研究で、脳の神経細胞の一種であるミラーニューロンによって、我々は他者の感情を理解したり共感したりできるとのことです。
問題は、楽しいことばかりでなく、悲しいことなどの負の感情にも「情動感染」が機能することです。そのため、冒頭に述べたように、他人がストレスを感じながら作業していると、いつの間にか自分自身もストレスを感じながら作業する状況になってしまいます。こうしたストレスを「セカンドハンド・ストレス」と呼びます。
海外の実験によると、以下の様な結果が出ています。
・見知らぬ他者がストレスを感じている映像を見て、ストレス反応を示した人は、全体の24%
・身近な人(同僚や家族、等)がストレスを感じている姿を見てストレス反応を示したる人は、全体の40%

現代の職場ではITの進化もあり、様々な局面で様々な人々や物事がつながり合うため、他者に触れ合う機会も増えてきています。例えば、ネットニュースやソーシャルメディアでのネガティブな投稿、ニュース映像の不安気な人たち、仕切りが無い広々としたオフィスで目にする同僚たちの仕草、といったものすべてによって、ストレスやネガティブな感情が感染しやすくなってきており、パフォーマンスの低下を引き起こすリスクに直面しています。

ストレスに「感染」しないためには

こうした「セカンドハンド・ストレス」に感染しないためにはどうすればいいでしょうか。
ここで幾つかの対処法を紹介します。

1.ストレスと戦わない

ストレスを脅威と捉え、これに抗うことでイライラとした感情になります。しかし、ストレスはプラスの効果をもたらすこともあります。例えば、精神力の強化、認識力の向上、意義・やりがいの感覚、達成感、といったことです。こうしたストレスによる効用に目を向けることで、ネガティブな意識が低減すると考えられます。

2.相手のネガティブな態度にポジティブな返しをする

ストレスを抱えた人によるネガティブな意識を中和させることで、ストレスの感染力を弱めることができます。これには、上記の「情動感染」を逆手に取ることで実践することができます。つまり、しかめ面をしている同僚に対して、微笑みやうなずき等のプラスの感情を示すことで、相手の負の感情を和らげるようにすればいいと思います。
また、言葉を交わす際も、その第一声をポジティブな言葉で始めることで、その後の流れが一変すると考えられます。

3.強い自己肯定の感情を持つ

「セカンドハンド・ストレス」に感染しないためには、自分自身をしっかり持つことも重要です。誰かの気分に影響を受けているような感じがあったら、一旦立ち止まって、自分に関して状況は順調であり、どんなことが起きても対処できる、ということを思い起こすべきです。
また、自己肯定の感情を強くするには、ストレッチや数分のウォーキング、といった運動を行うことも有効だとされています。

4.ストレスに感染しない様、ポジティブな気持ちになっておく

仕事に取りかかる前や、ストレスを感じそうな環境に行く前に、あらかじめ心の準備を行うことも効果的です。例えば、以下の様な行為です。
・ありがたい、と感じる何かを幾つか書き出す
・ポジティブな体験を書き記す
・瞑想をする

最後に

以上から、大切なことは自分自身のマインドセットをポジティブに保つことです。そうすることで他者のストレスを跳ね返すばかりでなく、自分からストレスを発散させずに、むしろ幸福感を醸成することもできるようになります。
私も十分に実践できている訳ではないですが、少なくともこのように努めることで、仕事に集中し、パフォーマンスを上げることができると考えています。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
ITを有効活用し、課題を解決します
デルタエッジコンサルタント株式会社
金子 清隆
URL  http://www.deltaedge.co.jp
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

この記事を書いたプロ

デルタエッジコンサルタント株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 金子清隆

東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル3階 [地図]
TEL:03-6869-8336

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービスメニュー

日常業務の中で、あるいは報道や世間の動向を見ている中で、以下のように感じたことはないでしょうか。・「現状にどこか満足できない」、「どこかに課題がありそう...

お知らせ

大きな被害が発生した熊本地震の被災地では、まだ余震の続く中で復興作業が行われています。このような大地震発生等の事象に備えて、多くの企業では防災対策や業務継...

 
このプロの紹介記事
金子清隆・ITコンサルティング・デルタエッジコンサルタント株式会社

ITを中小企業のビジネスに有効活用するには?ITの運用方法やコストでお悩みの方に(1/3)

 2013年9月にデルタエッジコンサルタント株式会社を立ち上げた金子清隆さん。中小企業の業務改善をサポートするコンサルティングをベースに、特にITの最適化を通して顧客のビジネスを陰から支えています。 「ITとビジネスとの関係は年々密接に...

金子清隆プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小企業の実情を踏まえた、最適コストによるIT活用をご提案

会社名 : デルタエッジコンサルタント株式会社
住所 : 東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル3階 [地図]
TEL : 03-6869-8336

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-8336

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子清隆(かねこきよたか)

デルタエッジコンサルタント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイナンバー制度と年末調整等

今年も残すところ2ヶ月という時期となりました。給与計算関連の業務担当者にとっては、年末調整、及び法定調書等...

[ マイナンバー制度 ]

水害に対応するための簡易的なBCP策定のすすめ

ここ数年、日本各地で台風や集中豪雨による水害の発生や被害が増えています。もし、皆さんの会社や施設が水害に遭...

[ BCP・防災 ]

2016年上半期のネットバンキング不正送金被害状況
イメージ

先日、警察庁から今年上半期(2016年1月~6月)に発生したインターネットバンキング利用者の預貯金を狙った不正送...

[ セキュリティ ]

メールマガジンなどの不要なメールを安易に「配信停止」していませんか?

毎日の様に送信されてくる、勧誘や告知、広告などを目的としたメールマガジンや迷惑メールにうんざりしている方も...

[ セキュリティ ]

「ポケモンGO」の偽アプリや偽サイトに注意!

海外で先行配信されていたスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」が日本で配信開始され、社会現象となって...

[ セキュリティ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ