コラム

 公開日: 2015-03-26  最終更新日: 2015-07-02

ITベンダーとの打ち合わせ内容は理解できていますか?

一般企業であれば、そのほとんどが情報システムの構築、運用を外部の委託業者、いわゆるITベンダーやSIerに依存しているでしょう。この委託業者と打ち合わせを行うのは主に情報システム部門の担当者になるでしょうが、システムの新規構築や大規模更改の際は、対象となる事業部門の担当者も出席することがあるでしょう。

打合せではITベンダーからスケジュールの進捗状況やプロジェクトの課題といった報告が行われるとともに、仕様の再確認等の依頼があると思います。一方、企業側も仕様変更の依頼やプロジェクト進行上の確認等行なわれると思います。

さて、その打ち合わせの中で、ITベンダーの発言内容がきちんと理解された上で合意形成が行われているでしょうか。技術的な内容ならともかく、もしかしたら業務に依存する仕様の確認であるはずなのに、その内容さえもよくわからないということは無いでしょうか。

・カタカナ語や英字の略語が飛び交う
・自分たちの業務固有の言葉もITベンダーの言葉に置き換えられている
・仕様変更に対して、技術的な困難さやスケジュール遅れの要因になることを前面に出してくる

というような状況を経験したことは無いでしょうか。
でも、「まぁ、相手はITの専門家だから」、ということでITベンダーの主張通りにプロジェクトを進めてしまい、結果として納品されたシステムが思い描いていたのと違う内容だったりします。ITベンダーに説明を求めると、
「これがシステムの仕様です」
「こちらから確認して、了解をしてもらいましたよね」
と返されてしまう。
そんな経験はありませんか?

私も企業側の一員としてITベンダーさんとの打ち合わせに同席することもあるのですが、いまだに技術論を振りかざして自分たちの都合良く進めたがるITベンダーの担当者が多いことに辟易とします。(昔よりは減ったとは思いますが)
ひどい場合は、提案時点では
「やります」
と言っていたことが、いつの間にか、
「技術的に難しいのでこのへんで」
という主張にすり代わっていたりします。(しかもそこがシステム構築の重要な部分だったりします)
企業側の方々はITベンダーに「お願いしている」という姿勢が見られる傾向があります。そのため、ITベンダーの強い主張に流されてしまうことも見受けられます。
しかしながら、システム構築はあくまでも企業側の業務上の課題を解決することが目的です。目的を達成できないような意見には応じるべきではありません。当初の案が本当に実現困難だとしても、同等の効果が得られるような代替案をITベンダーは示すべきであるはずです。
企業側の担当者はITベンダーに対して、一般の人にもわかる平易な言葉で説明を求めるとともに、わからない言葉が出てきたら、わからないことに負い目を感じることなく、積極的に確認していくべきです。一方で、システムの仕様を決める上で業務上の知識、特に制度的な要請や業界ルールなどは、逆に平易な言葉に言い換えて説明をするようにしなければいけません。

それでも不安な場合は、外部のIT専門家を同席させて、技術面での対応を支援してもらうのも一つの考えです。実際、私もプロジェクト支援の一環として打ち合わせに同席してITベンダーとさんざん議論をし、相互の風通しを良くし、プロジェクトをスムーズに運営することに努めてきました。

上記内容に関連して、ご相談や質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。
デルタエッジコンサルタントでは、ITベンダーを効果的に管理・監督するため、
・ベンダー選定
・ベンダーによる提案書の評価
・定期ミーティングの支援
・内部統制、個人情報保護、マイナンバー制度等に関わる監督業務の策定
といったサービスを提供しております。
お問い合わせフォームは、こちらです。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
ITを有効活用し、課題を解決します
デルタエッジコンサルタント株式会社
金子 清隆
URL  http://www.deltaedge.co.jp
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

この記事を書いたプロ

デルタエッジコンサルタント株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 金子清隆

東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル3階 [地図]
TEL:03-6869-8336

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービスメニュー

日常業務の中で、あるいは報道や世間の動向を見ている中で、以下のように感じたことはないでしょうか。・「現状にどこか満足できない」、「どこかに課題がありそう...

お知らせ

大きな被害が発生した熊本地震の被災地では、まだ余震の続く中で復興作業が行われています。このような大地震発生等の事象に備えて、多くの企業では防災対策や業務継...

 
このプロの紹介記事
金子清隆・ITコンサルティング・デルタエッジコンサルタント株式会社

ITを中小企業のビジネスに有効活用するには?ITの運用方法やコストでお悩みの方に(1/3)

 2013年9月にデルタエッジコンサルタント株式会社を立ち上げた金子清隆さん。中小企業の業務改善をサポートするコンサルティングをベースに、特にITの最適化を通して顧客のビジネスを陰から支えています。 「ITとビジネスとの関係は年々密接に...

金子清隆プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中小企業の実情を踏まえた、最適コストによるIT活用をご提案

会社名 : デルタエッジコンサルタント株式会社
住所 : 東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル3階 [地図]
TEL : 03-6869-8336

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-8336

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子清隆(かねこきよたか)

デルタエッジコンサルタント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
パスワードの再確認~女性芸能人のデータ盗み見事件に関連して
イメージ

先日、複数の女性芸能人のメールサービスやデータ保存サービスなどに不正に接続し、保存されたメールや写真データ...

[ セキュリティ ]

マイナンバー制度と年末調整等

今年も残すところ2ヶ月という時期となりました。給与計算関連の業務担当者にとっては、年末調整、及び法定調書等...

[ マイナンバー制度 ]

水害に対応するための簡易的なBCP策定のすすめ

ここ数年、日本各地で台風や集中豪雨による水害の発生や被害が増えています。もし、皆さんの会社や施設が水害に遭...

[ BCP・防災 ]

2016年上半期のネットバンキング不正送金被害状況
イメージ

先日、警察庁から今年上半期(2016年1月~6月)に発生したインターネットバンキング利用者の預貯金を狙った不正送...

[ セキュリティ ]

メールマガジンなどの不要なメールを安易に「配信停止」していませんか?

毎日の様に送信されてくる、勧誘や告知、広告などを目的としたメールマガジンや迷惑メールにうんざりしている方も...

[ セキュリティ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ