コラム

 公開日: 2018-01-10 

ベタですが、就労支援事業A型は就労事業責任者を決めて、やっぱり事業計画を作りましょう。

ずっとモヤモヤしている謎深い事例

就労継続支援A型事業所の事例で、ずっと気になっていることがあります。

1つは、意気揚々と地域でミニスーパーを開業したものの、1年で閉店してしまった事例。食品流通の経験のある人材を揃えず、福祉畑の職員が利用者とともに奮闘。しかし、赤字に耐え切れず閉店。未経験な事業に体制を整えず実施にいたったのは、どのような意思決定があった?深い謎です。

もう1つは、地域の食品雑貨の小売店。そこそこ売り上げはあるものの、A型としてはもう少し数字を頑張らなければならない。店長(職員)が専門家の力を借りて、売れ筋分析や、新規顧客の開拓、仕入れ先の探索・選定方法の指導を受けけ、いざ、実行へ。が、ここで動きがフリーズ。理由は、「忙しくて時間がとれない」。改善したいという希望で改善の道まで見えたのに、なぜ「忙しい」とフリーズしたのか?これも深い謎です。

おそらく、「就労事業責任者」不在?


この謎はずっと心に引っかかっていて、折に触れて思い出し、思い出しては考えてみたりしていました。そして、もしかしたらと思い至ったのは、両方とも「事業責任者」が不在だったのでは、ということ。

A型事業所として「事業所管理者」はいらっしゃいますが、その方々がスーパーや小売店の「事業責任者」であったかどうか。「事業責任者」は売上や利益に責任を持ち、その目標を達成するためにヒト・モノ・カネを動かして、調整したりする権限を持っています。スーパーでは店長(一般職員)が頑張っていたことは聞いていますが、ヒト・モノ・カネを動かせる立場になかったようです。小売店でも店長は一般職員で、同様に事業の責任者でありませんでした。

では、「事業責任者」とは誰だったのか??
おそらくここが完全に不在だったのではないかと思います。

「事業責任者」がいないので、当然事業計画はなく(誰かが作っていたかもしれませんが)、計画がなければ向かう方向が分からず、それでも目の前に仕事があるからそれをみんなでこなしていた、という様子だったんではないかなと想像します。そして目の前の仕事をこなしているけど前進感がなく、計画がないから優先順位もなく、時間内にできないことは「時間がなくてできませんでした」ということになったのでは?

なにより、もしそうだったらコワいのは、やっている仕事に無関心?ではないかということ。少しでも変だなと思わなかったのだろうかということです。スーパーにしても客足はどんどん減って行っているだろうからこのままで大丈夫かなと思ったり、小売店にしても仕入れがなければ棚はスカスカなのでマズいなと思ったり。

もっとも店長や店員が「大丈夫かな」「マズいんじゃないか」と思っても、「事業責任者」がいなければ、その不安を伝える相手もいませんが・・・・。

事業責任者を明確にして、やっぱり事業計画を作りましょう

就労支援継続A型事業は、障害者雇用を前提にした中小企業のようなものなので、事業計画は当然あるのかなと思っていたのですが、実際に作成されているところは多くないようです。雇用契約を結んだ利用者の支払賃金が分かっているので、その上での売上計画・事業計画を作っていくのが肝だと思うのですが。(もちろん簡単な作業ではないことは承知です)

もし事業責任者が不在であれば、まずは事業責任者を決めてみてはいかがでしょうか?
そして事業を推進する担当者を明確にし、誰がどんな責任をもつということを明確にされてみたら良いのではないかと思います。そしてそして、やっぱり事業計画書を作りましょう。

事業計画書は目標に向かって進む道しるべですし、なにより事業責任者・担当者の事業チームをつなぐコミュニケーションツールになります。

もしこの2つをまだやっていないという事業所さんがいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。
事業を改善する、またはより良い事業を作っていく足がかりになると思います。

=========================
ソーシャル事業の経営支援
Leadership & Management
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
=========================
Mission
何らかの「障害」があっても、張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルファーム/ソーシャルビジネスを支援します。

Value
「組織やチームを作る」「事業を作る」「仕組みを作る」を通して
障がいのある人の働く場をエンパワメントします。
==========================

この記事を書いたプロ

有限会社キュベル [ホームページ]

経営コンサルタント 風間英美子

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL:03-5201-3631

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
CUVELとは

Mission何らかの「障害」があっても張合いをもって「働ける」社会の実現を目指すソーシャルファームとソーシャルビジネスを支援します。「なぜ働きたいの?...

CUVELサービス

【コンサルティング】「強い組織づくり」「動くチームを作る」「成果重視の事業を作る」を通して、障害のある人の働く場をエンパワメントします。エンパワメントと...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
風間英美子 かざまえみこ

障害者の経済的自立実現のために。事業所が運営できるスキームを手渡して(1/3)

「多くの障害者就労事業所(以下、事業所)の経営者の方は、『働くことが働くに見合う金額の工賃にしたい』お気持ちがありますが、現実的には理想通りにいかないと悩んでいらっしゃいます。福祉的な想いで事業所を運営していますが、別のスキルである経営ノウ...

風間英美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者等が活躍するソーシャルファームの経営支援

会社名 : 有限会社キュベル
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL : 03-5201-3631

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

みんなで一緒にやりがいのある仕事を!で職場に活気が生まれました!

私たちは、障害のある人が福祉的サービスを受けながら働く就...

M・T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春蘭の宿さかえやを知っていますか?

奈良時代から1300年続く信州渋温泉に、従業員の平均年齢28歳!という温泉旅館があります。「春蘭の宿さかえや」...

[ 事例 ]

工賃向上の共同受注で見落としがちな点は?

障害者が働く就労継続B型事業所(非雇用型)の月額平均工賃は約1万4千円。この工賃を上げるには必要な利益を生み出...

[ 工賃向上 ]

人・もの・街を繋げる力で、障害者の仕事と社会参加の課題に挑戦するカラコネオフィス
イメージ

 障害者の社会参加というけれど・・・その課題に挑戦 障害者就労の目的は、障害者の経済的自立や社会参加の機...

[ 事例 ]

就労継続B型の平均工賃に応じた報酬見直しで、改めてB型とは何かを話し合いました

 基本報酬は月額平均工賃に連動した改定に 平成30年度障害福祉サービス等報酬改定で、就労継続B型の基本報酬に...

[ 工賃向上 ]

就労継続支援A型事業所が成果を上げるために大事なことは何だろうか~A型研修より
イメージ

昨年度、沖縄県では就労継続支援A型事業者に向けて、適正な運営に向けた指定基準見直し等にかかる制度改正対応学習...

[ 就労継続支援A型 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ