コラム

 公開日: 2017-09-19 

障害者施設商品のブランド化は、どこへ行った?

工賃向上活動で障害者施設商品のブランドを作ろう!という動きが多かったが・・・

工賃向上のかけ声が大きかった頃、全国のあちこちで障害者施設商品のブランド作たりというのが起こっていた(流行っていた?)と思いますが、あれはどこにいったのでしょうか?

障害者施設商品が売れない→売れないのは知られていないからだ→知ってもらうために「ブランド」を作ろう!という盛り上がりで、同じ地域内の施設の商品を束ねるようなマークやキャッチを作って、区役所や市役所などに販売場所を設けてのぼりを立てて福祉バザーを行う、みたいな流れだったと思います。中には販売場所を、「自前で店舗を設けて」とか、「集客のある店舗での委託販売で」などどいうもののあったみたいですが。

「ブランド」を作ってみたものの・・・

最近いただくご相談の中に、この「ブランド化のその後」的な案件がぽつりぽつりと入ってきています。大体が、「ブランド化をしてマークを作ったのに、売れません。ブランドの見直しをしたいのですが・・・」という内容のもの。
このブランド化問題、いくつかの課題に分けられそうです。

1.コンセプトやロゴ、メッセージはきれいに出来上がっているのに、個別商品への展開が上手くいっていない。
専門家など詳しい人が入ってコンセプト等を作ってみたものの支援がたぶんそこまでだった?
コンセプト等が実は実践者(障害者就労施設)に腹落ちしていなかった?
個別商品への展開スキルが不足していた?

2.コンセプト、ロゴ、メッセージ、個別商品への展開が統一性がなく、バラバラ。
言葉の持つ意味や統一性が理解されないまま、個別に考案されていた?
ブランドそのものの理解不足?

3.ブランド=マークを貼ることと理解している
マークを作って貼ればいいと思っていた?
ブランドそのものの理解不足?

ブランド狂騒曲の根っこにあるもの

そもそもこのブランドを作ろう!という動きは、多くは、「障害者施設商品が売れない→売れないのは知られていないからだ→知ってもらうために「ブランド」を作ろう!」という背景だったと理解しています。しかし「売れないのは知られていないからだ」というのは、十分に検討されたのでしょうか?知られたら、施設商品は売れるのでしょうか?知られるというのは、誰に知られたいのでしょうか?どのように知られたいのでしょうか?そこの十分な検討があっての商品化であったり、売り方であったりするわけですが、そこには提供価値=お客さんからしたら買う理由が明確にありますか?
これらの質問を何度も何度も問いかけながら商品や売り方ができ、それらを管理していって、ブランドって出来上がってくるものだと思います。

「同じ地域内の施設の商品を束ねるようなマークやキャッチを作って、区役所や市役所などに販売場所を設けてのぼりを立てて福祉バザーを行う」のであれば、単に従来の福祉施設商品の販促活動に力を入れたということ。それはそれで悪くないですが、福祉に関心のある人たちに福祉商品を強くアピールしたということで、「障害者施設商品が売れない→売れないのは(福祉に関心のある人たちだけでなく一般の人たちに)知られていないからだ」という考えには合っていない行動ということになります。

障害者施設商品が売れるためには

地味ですが、買ってくれるお客さんに支持されることです。
福祉に関心のある人たちが大半のお客さんかもしれませんが、中には商品なり、サービスなりの「ここがいい」と思って買ってくれている人もいるはずです。そういう声を一つ二つ集めていくというのが地味ですが、力になります。
でもここが、実はすっぽり抜けている。
お客さんの声を聞くというのは、誰でもできます。支援員1年生でもできます。
おカネもかかりません。必要なのは好奇心だけです。
自主製品を看板(ブランド)にしたいなら、好奇心を持ってお客さんと向き合うましょう。

もう一つは他人評価。自己評価や身内評価は偏りが生まれるので、モノやサービスの力を客観的に評価するのは、例えば消費者調査があります。最近は廉価でできるものもありますから、それらを活用するものも良いでしょう。

「ブランドを作ってみたものの・・・」とお困りの方がいらしたら、「障害者施設商品が売れるために、ブランドを作ろう!」という飛躍的なアプローチは脇に置いて、「消費者施設商品が売れるために、喜んで買ってもらえるように商品や売り方を考えよう」とアプローチをセットしなおしてみたらいかがかなと思います。

=========================
ソーシャル事業の経営支援
Leadership & Management
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
=========================
Mission
何らかの「障害」があっても、張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルファーム/ソーシャルビジネスを支援します。

Value
「組織やチームを作る」「事業を作る」「仕組みを作る」を通して
障がいのある人の働く場をエンパワメントします。
==========================

この記事を書いたプロ

有限会社キュベル [ホームページ]

経営コンサルタント 風間英美子

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL:03-5201-3631

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
CUVELとは

Mission何らかの「障害」があっても張合いをもって「働ける」社会の実現を目指すソーシャルファームとソーシャルビジネスを支援します。「なぜ働きたいの?...

CUVELサービス
研修と講座 一覧

【研修】ソーシャルファーム(障害者就労継続事業所、雇用企業など)が、個の力を引き出し、力を合わせて成果を出していくチームを作る研修です。「方針への理解...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
風間英美子 かざまえみこ

障害者の経済的自立実現のために。事業所が運営できるスキームを手渡して(1/3)

「多くの障害者就労事業所(以下、事業所)の経営者の方は、『働くことが働くに見合う金額の工賃にしたい』お気持ちがありますが、現実的には理想通りにいかないと悩んでいらっしゃいます。福祉的な想いで事業所を運営していますが、別のスキルである経営ノウ...

風間英美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者のやりがいある仕事・社会参加・経済的自立の為の事業支援

会社名 : 有限会社キュベル
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL : 03-5201-3631

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

管理者や職員の役割が明確になりました!向かう方向がはっきりしました!

管理者や職員の役割が明確になり、向かう方法がはっきりしま...

S・K
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春蘭の宿さかえやを知っていますか?

奈良時代から1300年続く信州渋温泉に、従業員の平均年齢28歳!という温泉旅館があります。「春蘭の宿さかえや」...

[ 事例 ]

工賃向上の共同受注で見落としがちな点は?

障害者が働く就労継続B型事業所(非雇用型)の月額平均工賃は約1万4千円。この工賃を上げるには必要な利益を生み出...

[ 工賃向上 ]

就労継続支援A型事業所の利用者も職員も「人財」。職員の育成計画を作りませんか?

 社会課題を解決する事業の就労継続支援A型 就労継続支援A型の事業者さんの研修をさせていただいたり相談をお...

[ 就労継続支援A型 ]

ソーシャルビジネスやソーシャルファームの創業を後押しします「女性若者シニアの創業サポート事業」

 東京都の女性若者シニアの創業サポート事業 東京都内の女性・若者・シニアによる地域に根ざした創業を支援す...

[ 事例 ]

障害者就労事業所の働く喜びを称える「よかっぺコンテスト」、授賞式が行われました。
イメージ

 働く喜びを称える試み 障害者就労事業所の働く喜びを称える「よかっぺコンテスト」(主催:日本セルプセンタ...

[ 工賃向上 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ