コラム

 公開日: 2017-08-07 

新規事業に挑む勇気と、その勇気を裏付ける「見える化」

新規事業に挑む勇気とその源泉

先日、数年の付き合いになる障害者就労継続支援事業所「あしたね」(千葉市)の管理者から、最近取り組んだ新規事業に関して、同業の管理者や職員の方々を前に事例発表をしてもらいました。同事業所は2012年に開業。カフェ運営・受注作業・リサイクルを生産活動を行い、平均工賃月額は6千円~7千円に留まっていました。当初想定していた施設内厨房の活用が上手くいかず、工賃は低迷していました。事業者としてなんとか工賃を上げたい、そのために事業の核を作りたい。そう思い続けていたところ、千葉市花見川区役所の食堂運営事業者が撤退後、食堂運営を打診されます。工賃向上を支援するNPOのK-NET!(障がい者就労支援事業共創ネットワーク)に相談し、事業の実現可能性を検討。昨年7月に無事受託し、11か月が経って運営もなんとか軌道に乗ってきました。
食堂運営という新規事業に推し進めていったのは、利用者が輝く仕事を作りたいという思いだったということです。
NPO法人障がい者就労支援事業共創ネットワーク

その勇気を裏付ける「見える化」

順風満帆にも聞こえる新規事業の立ち上げですが、もちろん無風だったはずはなく、一番の課題は職員の不安感でした。今まで自分たちのペースでやってきたカフェ運営の経験で、本当に区役所の食堂という待ったなしの運営ができるんだろうか、利用者ができる仕事なのだろうか、支援をしながら運営できるのだろうか、なにも分からないのでなにもかもが不安・・・。こういう不安感にどのように対応していくかが、一番の課題でした。そしてその不安の解消のために、これから何が起こるか、一日の現場の流れはどうなるのか、一週間の現場の流れはどうなるのか、その中で各職員や利用者の動きはどうなるのかを表で「見える化」していきました。その見える化は、K-NET!のサポートを受けながら、自分たちで作っていきました。自分たちで作ることで、やるべき作業と流れと各人の動きが明確になり、見えていなかったものが見えることで、安心感につながりました。この安心感が新規事業に踏み出す勇気を裏付けたと言えます。

その勇気を後押しする「なぜ私たちはこの事業を行うのか」

さらにもう一つ勇気を後押ししたのは、見える化のワークに合わせて、「なぜ私たちはこの事業を行うのか」という軸をすり合わせたこと。職員が頑張っても・逆に頑張らなくても自分たちの給与には反映しないので、工賃に関連する事業に職員のインセンティブはないと言われます。しかし、そうでしょうか? 「なぜ私たちはこの事業を行うのか」を、改めて考えて、行動の指針を作ることがとても重要です。そしてこの行動指針=軸がさらに新規事業に踏み出す勇気を裏付けたと言えます。
工賃向上の3つの軸足

この事例を聞いた他の事業所の管理者の声

この事例発表を聞いて、同業の事業所の管理者や職員の方々は下記のような感想を述べています。
*思い切りの良さ、決断力にパワーを感じました。B型の利用者さんが?と偏見を抱いていたことの(差別)躊躇が、情けなく感じてしまい、我見広がりのなさに、来てよかったと、しみじみ感じました。
*「利用者が輝ける事業」「地域での雇用」を実現できており、素直にすごいなと思いました。利用者にお客様から直接フィードバックがある環境も、支援として良いです。
*はじめて食堂立上げのお話を聞けて、いろいろな工夫や今後どのように運営し、利用者さんのやりがいややる気につなげていくかを明確化されていたのですごいと思いました。
*ちょうど新事業所の構想を練っている中で、どんな作業をメインにしていくか?は大きな悩みどころでした。何をするにしても、工賃向上の観点が大切であることは理解していましたが、職員の不安が大きく前に進めずにいます。職員の不安を取り除く、覚悟を決めて前に進もうと気持ちを切り替えることができました。

ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスに共通

新規事業に挑むためのリーダーの勇気やその源泉、リーダーの勇気を推し進めるために職員(社員)の不安を解消するための作業の内容や流れや個々人の動きの見える化、「なぜこの事業を私たちがやらなければならないのか」というミッションを明確化することは、社会課題を解決するソーシャルビジネスや地域課題を解決するコミュニティビジネスに共通の取り組みです。「障害者就労」からの学びを、ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスの経営に生かすことができます。それぞれの学びを共有し、小さいけれど力強いビジネスがどんどん生まれていくことが望まれます。
成果を重視したソーシャル事業の経営支援

=========================
成果を重視したソーシャル事業の経営支援
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
=========================
●キュベルのコンサルティング
社会的企業の組織変革、事業計画作成・推進支援
就労事業におけるサービス品質の改善支援

●キュベルの研修
「障害者就労事業の自己評価 使命と成果」
「工賃向上に必要な3つの軸足(使命・会計・マーケティング)」
「就労事業におけるサービス品質の標準化(仕様書と手順書)」
==========================

この記事を書いたプロ

有限会社キュベル [ホームページ]

経営コンサルタント 風間英美子

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL:03-5201-3631

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
CUVELとは

Mission何らかの「障害」があっても張合いをもって「働ける」社会の実現を目指すソーシャルファームとソーシャルビジネスを支援します。「なぜ働きたいの?...

CUVELサービス
研修と講座 一覧

【研修】ソーシャルファーム(障害者就労継続事業所、雇用企業など)が、個の力を引き出し、力を合わせて成果を出していくチームを作る研修です。「方針への理解...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
風間英美子 かざまえみこ

障害者の経済的自立実現のために。事業所が運営できるスキームを手渡して(1/3)

「多くの障害者就労事業所(以下、事業所)の経営者の方は、『働くことが働くに見合う金額の工賃にしたい』お気持ちがありますが、現実的には理想通りにいかないと悩んでいらっしゃいます。福祉的な想いで事業所を運営していますが、別のスキルである経営ノウ...

風間英美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者のやりがいある仕事・社会参加・経済的自立の為の事業支援

会社名 : 有限会社キュベル
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL : 03-5201-3631

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

管理者や職員の役割が明確になりました!向かう方向がはっきりしました!

管理者や職員の役割が明確になり、向かう方法がはっきりしま...

S・K
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春蘭の宿さかえやを知っていますか?

奈良時代から1300年続く信州渋温泉に、従業員の平均年齢28歳!という温泉旅館があります。「春蘭の宿さかえや」...

[ 事例 ]

工賃向上の共同受注で見落としがちな点は?

障害者が働く就労継続B型事業所(非雇用型)の月額平均工賃は約1万4千円。この工賃を上げるには必要な利益を生み出...

[ 工賃向上 ]

就労継続支援A型事業所の利用者も職員も「人財」。職員の育成計画を作りませんか?

 社会課題を解決する事業の就労継続支援A型 就労継続支援A型の事業者さんの研修をさせていただいたり相談をお...

[ 就労継続支援A型 ]

ソーシャルビジネスやソーシャルファームの創業を後押しします「女性若者シニアの創業サポート事業」

 東京都の女性若者シニアの創業サポート事業 東京都内の女性・若者・シニアによる地域に根ざした創業を支援す...

[ 事例 ]

障害者就労事業所の働く喜びを称える「よかっぺコンテスト」、授賞式が行われました。
イメージ

 働く喜びを称える試み 障害者就労事業所の働く喜びを称える「よかっぺコンテスト」(主催:日本セルプセンタ...

[ 工賃向上 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ