コラム

 公開日: 2016-06-20 

強靭な体質のA型事業所を作るには

第2回中小企業家同友会の「障害者就労継続支援A型事業者全国フォーラム」がありました。全国から120人余りが参加。「事業を継続・発展させていくための事業計画の立て方」「インクルーシブな働き方~就労継続支援事業所だからできること」「就労継続支援事業所の安定のための仕事おこし」の3分科会に分かれて、報告&グループ討論で議論を深めました。

第1分科会の「事業を継続・発展させていくための事業計画の立て方」に参加。報告は、株式会社富士山ドリームビレッジ。就労移行支援、A型事業、B型事業、生活介護事業、放課後等デイサービスなど8事業所を運営しています。平成26年度就職数28人、B型作業工賃15,367円、A型事業所平均給与59,729円。経営の危機はあったものの、それを乗り越えてからは順調に推移してます。
http://www.dream-village.net/

報告のポイントは、
〇危機を乗り越えるにあたって、社長は何をしたか?
経営の勉強、経理の勉強、理念の作成、仲間を探す、利用者と利用者の仕事の確保。
〇存続・発展するために、法人として何をしているか?
就労をキーワードにした仕事作り、福祉スキルの教育
〇仕事の特色は?
施設外就労の多さ(法人全体で24契約)

この報告に基づいて、5人ほどのグループで「事業を継続・発展させていく上での課題はなにか」を話し合いました。(グループ長をさせていただきました)

**福祉的支援をしながら働く場を作るには、職員という人材が非常に大事。福祉は応募が少なかったり、採用になっても定着が悪かったりする。給料の金額だけではなく、「やりがい」という部分が示せるかどうかが大きいのではないか。教育も重要。先輩のやり方を見て覚えるだけでは限界はあるし、自分の施設のやり方だけでは広がりがなくなる。存続発展していくために職員の福祉と就労のスキルの継続的な教育は必須。**

まったくそのとおりだと思います。

「継続的な教育」のやり方は、それぞれの施設に合う方法があるのでしょうが、「自施設のやり方として閉じない方法」があると良いのかなと思いました。発展のためには、他のやり方・新しいやり方を学び、取り入れていくことがなにより重要です。こんなアプローチが職員の継続的な教育の具体的なプログラムに入ってくると、面白くなりそうです。
この具体的なプログラムこそが強靭な体質のA型事業を作るキモなのでしょう。

とても良い報告を受け、良い議論をすることができ、充実した1日でした。

=========================
就労事業の改善や新規事業の導入などお気軽にご相談ください。

有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
Acvive Days(障がい者就労事業の問題解決を支援するブログ)
http://activedayscuvel.blogspot.jp/
=========================
●キュベルのコンサルティング
就労事業の改善、新規事業の導入

●キュベルの研修
「工賃向上ワークショップ」(工賃向上計画作成支援と推進支援を行うビジネスワークショップ 年間プロブラム)
「就労事業をよく知るワークショップ」(はじめて就労事業に就いた方向け
「工賃向上に必要な就労会計の基礎」(はじめて就労事業に就いた向け)
==========================

この記事を書いたプロ

有限会社キュベル [ホームページ]

経営コンサルタント 風間英美子

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL:03-5201-3631

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
NPO法人K-NET!

K-NET!の下半期の活動は、障害のある人の「働く」に関わっている人・関心のある人たちが集まって話し合う、「共創カフェ」を行っていきます。皆さんの関心のあるこ...

キュベルの研修

地域や法人内で、工賃向上を推進する立場にある人におすすめの講座です。『工賃向上ファシリテーター講座』対象:中間支援組織職員、法人で工賃向上を推進する立...

 
このプロの紹介記事
風間英美子 かざまえみこ

障害者の経済的自立実現のために。事業所が運営できるスキームを手渡して(1/3)

「多くの障害者就労事業所(以下、事業所)の経営者の方は、『働くことが働くに見合う金額の工賃にしたい』お気持ちがありますが、現実的には理想通りにいかないと悩んでいらっしゃいます。福祉的な想いで事業所を運営していますが、別のスキルである経営ノウ...

風間英美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者のやりがいある仕事・社会参加・経済的自立の為の事業支援

会社名 : 有限会社キュベル
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL : 03-5201-3631

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
春蘭の宿さかえやを知っていますか?

奈良時代から1300年続く信州渋温泉に、従業員の平均年齢28歳!という温泉旅館があります。「春蘭の宿さかえや」...

工賃向上の共同受注で見落としがちな点は?

障害者が働く就労継続B型事業所(非雇用型)の月額平均工賃は約1万4千円。この工賃を上げるには必要な利益を生み出...

合理的配慮とチェンジマネジメント

某大手企業の管理職の方が、障害のある社員とそうでないの社員とのパフォーマンス評価をどうしたらいいのか、とぼ...

意識向上とか、啓発とか

工賃向上の取り組みの中で永遠の(?)テーマは、管理者・職員の「意識向上」とか「啓発」とかです。上手く出来...

非営利組織の使命

社会福祉法人やNPOの経営や事業支援を行う中で、一番初めに行うのが「使命とは何か」を考えることです。漠として...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ