コラム

 公開日: 2016-04-25 

工賃向上の軸足:「誰に」「なぜ」「なにを」

就労継続支援事業には2つの会計があり、福祉事業会計(事業所運営のための会計)と就労支援事業会計(利用者工賃のための会計)があります。工賃向上の取り組みは就労支援事業会計で表され、生産活動の売り上げから経費を引いた残り(利益)を、原則として、利用者に工賃として全額支払うことになります。

工賃を多く払うには利益を大きくすることが必要 - ここまではその通りと納得が得られると思いますが、大きな疑問が次に湧いてくるはずです。「どうやって????」

以前遭遇したケースで次のようなことがありました。
「利用者全員が参加できるので漬物作りをすることにした。近所の農家が作り方を教えてくれた。材料にこだわって高いものを使ったので高級漬物として1パック500円として売ることにした。いざ販売したら全く売れない。作業は楽しいのでどんどんできていくが、売れないので在庫になっていく・・」

原価計算もきちんとして、利益率の高い商品に値付けしたそうです。食べ物なので安心・安全を考えて、衛生管理やコンプライアンスの研修に行ったり、指導も受けたそうです。しかし、売れない・・・

なぜでしょうか?

このケースの場合、一番残念だったのは、誰に買ってほしいのか・どんな人に喜んでもらいたいのか、具体的なイメージがなかったことです。

「あなたたちのお漬物を、誰に買ってほしいんですか?」(私)
「一般の人です(福祉関係者以外の人をこう表現するらしい)」「地域の人です」「高齢者です」(事業所の職員さん)
この3つが大体のお答えのパターンです。

「その方たちはどういう理由であなたたちのお漬物を買うと思いますか?」(私)
「・・・・・・・・・」「・・・・・おいしいから?・・・かな?」「・・・・福祉だから?・・・?・・」(事業所の職員さん)
この辺でお答えが消えていきます。

2つの質問は、「誰に(対象消費者)」「なぜ(消費者のニーズ・購買理由)」を聞いたものです。
シンプルな質問ですが、これに答えられる人はとても少ないです。
逆に言えば、この質問にできるだけ具体的に答えることができれば(それも客観的な事実を使いながら)、作れど作れど全く売れないというリスクはかなり軽減することができます。

例えば「その地方に伝わる昔ながらの味を懐かしむ高齢者や、地域のつながりに関心のある若い移住者を対象に、地産地消のニーズに応える」とするならば、そのどうやって作るか、種類はどうするか、いくらにするか、包装形態はどうするか、どこで販売するか、流通はどうするか、宣伝方法はどうするかがおのずと見えてます。
ここまで来れば、作れど作れど全く売れないというリスクはさらに少なくなっていきます。

「一生懸命作っているけど全然売れない」と困っている方は、一度、「誰に」「なぜ」「何を」売っているのか・対象の人たちにとって自分たちの商品がどうであったら喜ばれるのかを考えてみることをおススメします。

=========================
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp

Acvive Days(障がい者就労事業の問題解決を支援するブログ)
http://activedayscuvel.blogspot.jp/
=========================
キュベルのコンサルティング
就労事業の改善、新規事業の導入

キュベルの研修
「工賃向上ワークショップ」(工賃向上計画作成支援と推進支援を行うビジネスワークショップ 年間プロブラム)
「なぜ工賃向上が必要なのか。障がいのある人の働くを考えるワークショップ」(はじめて就労事業に就いた方向け
「工賃向上に必要な就労会計の基礎」(はじめて就労事業に就いた向け)
「工賃向上に役立つ数字作り」(就労事業担当者、就労事業計画作成者向け)
==========================

この記事を書いたプロ

有限会社キュベル [ホームページ]

経営コンサルタント 風間英美子

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL:03-5201-3631

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
NPO法人K-NET!

K-NET!の下半期の活動は、障害のある人の「働く」に関わっている人・関心のある人たちが集まって話し合う、「共創カフェ」を行っていきます。皆さんの関心のあるこ...

キュベルの研修

地域や法人内で、工賃向上を推進する立場にある人におすすめの講座です。『工賃向上ファシリテーター講座』対象:中間支援組織職員、法人で工賃向上を推進する立...

 
このプロの紹介記事
風間英美子 かざまえみこ

障害者の経済的自立実現のために。事業所が運営できるスキームを手渡して(1/3)

「多くの障害者就労事業所(以下、事業所)の経営者の方は、『働くことが働くに見合う金額の工賃にしたい』お気持ちがありますが、現実的には理想通りにいかないと悩んでいらっしゃいます。福祉的な想いで事業所を運営していますが、別のスキルである経営ノウ...

風間英美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者のやりがいある仕事・社会参加・経済的自立の為の事業支援

会社名 : 有限会社キュベル
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL : 03-5201-3631

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
春蘭の宿さかえやを知っていますか?

奈良時代から1300年続く信州渋温泉に、従業員の平均年齢28歳!という温泉旅館があります。「春蘭の宿さかえや」...

工賃向上の共同受注で見落としがちな点は?

障害者が働く就労継続B型事業所(非雇用型)の月額平均工賃は約1万4千円。この工賃を上げるには必要な利益を生み出...

合理的配慮とチェンジマネジメント

某大手企業の管理職の方が、障害のある社員とそうでないの社員とのパフォーマンス評価をどうしたらいいのか、とぼ...

意識向上とか、啓発とか

工賃向上の取り組みの中で永遠の(?)テーマは、管理者・職員の「意識向上」とか「啓発」とかです。上手く出来...

非営利組織の使命

社会福祉法人やNPOの経営や事業支援を行う中で、一番初めに行うのが「使命とは何か」を考えることです。漠として...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ