コラム

 公開日: 2016-04-04 

障害者就労支援事業は小さくても大切な事業

他の事業所は工賃向上の取り組みはどのようにしてるのだろう?
これは経営者・管理者や、工賃向上を支援する自治体や団体にとって関心の高いテーマです。
各地で工賃向上の事例紹介が行われていますが、先月3月26日に「K-NET!工賃向上フォーラム2016」が行われました。



K-NET!(NPO法人障がい者就労事業共創ネットワーク)は、「障がい者の働く場を考える事業者と共に、誰もが働ける社会を創ります」というミッションのもと、経営コンサルタントや専門家や民間事業経営者らが集まり、障害者就労支援事業を行っている事業者に一般的にビジネスで使われる知識や考え方を研修などを通して提供し、工賃向上に貢献しようと考えるNPOです。

今回のフォーラムは、3事業所から工賃向上の取組みとその成果・今後の課題についてプレゼンテーションがあり、それを受けてK-NET!メンバーが問いかけをして深掘りをするというスタイルです。問いかけは、事業の実情を踏まえながら、利益等の数値やマーケティングといったフレームワークをベースに行い、発表者も含め参加者全員で理解を深めました。

よく行われる事例発表では「すばらしい発表だが、あそこの施設だからできたこと。うちではできない」という声が多く聞かれることがありますが、今回のフォーラムでは個別事例をビジネスフレームワークや理論的な考え方で解釈することで、自分たちの事業にどう適応することができるかを考えることを促しています。経営コンサルタントや事業経営者等が主体となっているNPOならではのスタイルと言えます。



今回の事例発表と公開討論のテーマは下記のとおりです。
・手芸店とリサイクル店を経営。利用者店員が付加価値を向上し売上拡大。付加価値とは何か、どのような工夫で付加価値を作っているのか?
・月額平均5万円を目指して事業展開を行っている。受注や自主事業をどのように最適化させて、事業展開を考えているのか?事業構築のポイントは?
・労務作業で売上拡大。拡大の背景にある営業と品質向上の課題は何があったのか?その克服はどのようにしたのか?

一般の工賃向上事例発表とは若干異なり、ビジネス的なフォーラムです。これは主催者のK-NET!や、発表者である事業所、参加した事業所が、障害者就労事業が「小さくても大切な事業」であること、「社会にとって確実に大切な事業」であることと認めているからだと思います。

「小さくても大切な事業」「社会にとって確実に大切な事業」が育っていくためにも、このようなフォーラムが多く開催されることが必要だと思います。

=========================
K-NET!(NPO法人障がい者就労事業共創ネットワーク)
http://kyoso-net.jimdo.com
=========================
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp

Acvive Days(障がい者就労事業の問題解決を支援するブログ)
http://activedayscuvel.blogspot.jp/
=========================
キュベルのコンサルティング
就労事業の改善、新規事業の導入

キュベルの研修
「工賃向上ワークショップ」(工賃向上計画作成支援と推進支援を行うビジネスワークショップ 年間プロブラム)
「なぜ工賃向上が必要なのか。障がいのある人の働くを考えるワークショップ」(はじめて就労事業に就いた方向け
「工賃向上に必要な就労会計の基礎」(はじめて就労事業に就いた向け)
「工賃向上に役立つ数字作り」(就労事業担当者、就労事業計画作成者向け)
==========================

この記事を書いたプロ

有限会社キュベル [ホームページ]

経営コンサルタント 風間英美子

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL:03-5201-3631

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
CUVELとは

Mission何らかの「障害」があっても張合いをもって「働ける」社会の実現を目指すソーシャルファームとソーシャルビジネスを支援します。「なぜ働きたいの?...

CUVELサービス

ソーシャルファーム・ソーシャルビジネス・コミュニティビジネスなど社会課題や地域ニーズに対応するビジネスに関するコンサルティングです。『強い組織・動く組織...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
風間英美子 かざまえみこ

障害者の経済的自立実現のために。事業所が運営できるスキームを手渡して(1/3)

「多くの障害者就労事業所(以下、事業所)の経営者の方は、『働くことが働くに見合う金額の工賃にしたい』お気持ちがありますが、現実的には理想通りにいかないと悩んでいらっしゃいます。福祉的な想いで事業所を運営していますが、別のスキルである経営ノウ...

風間英美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害者のやりがいある仕事・社会参加・経済的自立の為の事業支援

会社名 : 有限会社キュベル
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F [地図]
TEL : 03-5201-3631

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

管理者や職員の役割が明確になりました!向かう方向がはっきりしました!

管理者や職員の役割が明確になり、向かう方法がはっきりしま...

S・K
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春蘭の宿さかえやを知っていますか?

奈良時代から1300年続く信州渋温泉に、従業員の平均年齢28歳!という温泉旅館があります。「春蘭の宿さかえや」...

[ 事例 ]

工賃向上の共同受注で見落としがちな点は?

障害者が働く就労継続B型事業所(非雇用型)の月額平均工賃は約1万4千円。この工賃を上げるには必要な利益を生み出...

[ 工賃向上 ]

障害者就労の仕事の面白さや挑戦する取り組みに一票!「よかっぺコンテスト」

 元気な職場の共通点は?働く障害者では 仕事がらたくさんの障害者就労系事業所(就労継続支援A型、B型等)に...

[ 工賃向上 ]

新規事業に挑む勇気と、その勇気を裏付ける「見える化」

 新規事業に挑む勇気とその源泉 先日、数年の付き合いになる障害者就労継続支援事業所「あしたね」(千葉市)...

[ 事例 ]

障害者就労事業所の人材不足に特効薬はないけれど

 職員不足で、工賃上がらず? 最近よく聞くのは、障害者就労の仕事に職員が採用できないということ。募集を出...

[ 組織変革 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ