コラム

 公開日: 2018-05-01 

「痴漢捜査マニュアル」の「効率性」


マニュアルは、目標やゴールに達する最も効率的・効果的な方法を具現化したものである。
平たく言えば、簡単に・早く・誰でもできる方法がまとめられている。
マニュアルの果たす役割の中でも、この「効率性」は非常に重要である。
この視点で「行動や作業を振り返る・見直す」ことが、成果を上げるマニュアルづくりにおいて欠かせない。
そして、マニュアルは会社(仕事)の基準・ルールとして、全員に厳守を求める。
人によって行動や作業がバラバラでは問題が起きるからだ。

前置きが長くなったが、実は警視庁が作成したという「痴漢捜査マニュアル」についての
記事(ブログ)を読んでちょっと考えさせられた。
正式なタイトルは「卑猥行為事件発生時における留意事項等について」。
A4版10枚。冤罪防止のために警察官に慎重な捜査を求める内容がまとめられているとのこと。
現場の警察官がしっかりとした基準や手続きを踏んで捜査にあたる。
至極当然のことだと思うが、これが実は大変なことであるという。

「痴漢事案発生時の7項目の捜査」の中には、
   ・目撃者の確保
   ・犯行再現による証拠保全
といった内容が並んでいるが、この一つ一つの項目を確実に実施するためには
膨大で困難な作業を地道にこなさなければならない。
こうした事件が1件起きれば、駅前交番などはそれだけでお手上げ状態。
他の事案(道案内、子供の迷子、酔っ払い、喧嘩などなど)は手付かずになってしまうとのこと。

マニュアルに書いてあることを忠実に実行しようとすればするほど大変な労力がかかり、
現場の警察官の負担はますます増してくるのである。
「マニュアルが導入されてから、これまで以上に仕事が大変になった」という現場の声。
冒頭にあげた「効率性」とは程遠い「時間と労力」がかかる事態。

う~ん、これは困った。しかし、逆の見方をすれば、これまでは経験と勘に頼った捜査、
被害者の嘘や勘違いだけで立件、つまり「誤認逮捕」の確率が高かったのは
こうした捜査方法が原因だったともいえるのではないか。
それによって、「人生が台無し」になってしまった人もいるだろう。
捜査のヌケ・もれを防ぎ、しっかりとした証拠を集めるためにも、このマニュアルに書かれていることを
厳守することは「冤罪防止」のためにも必須なことだと思う。必要以上の時間や労力がかかってもだ。

これまでともすれば、「効率性」とは「時間を短くする」的捉え方をしていたと思う。
しかし、この「捜査マニュアル」における「効率性」とは、「真実に近づく最も合理的な方法、
冤罪を生まない最も確率の高い方法」として捉え直すべきだろう。
現状は時間がかかって大変らしいが、これを「たたき台」に、さらに現場の知恵を反映させて、
より「効率的な」マニュアルに精度アップさせてもらいたいと切に願っている。

しかし、警察官も毎日ホントにシンド!ですね。
マニュアル屋さんも、もっともっと効率的な仕事の仕方、こちらは無駄なくもれなく速くですが……
いや、成果に直結する仕事の仕方、の方です。
頑張りまーす!


■作成・活用事例 ~ 株式会社クオーレ ホームページ
■マニュアル作成のヒントが満載! 「マニュアル工房」 (無料サンプルもあります)


工藤正彦 著作

『成功したければマニュアルどおりにやりなさい。』(実務教育出版) 2015年

この記事を書いたプロ

株式会社クオーレ [ホームページ]

経営コンサルタント 工藤正彦

東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL:03-5261-2294

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
スタッフのつぶやき
イメージ

このところ、マニュアルの改訂の仕事が続いています。マニュアルは一度作って終わりではなく、本当に使えるマニュアルにするには、定期的な改訂が必要です。改訂...

工藤正彦 著作
イメージ

産業能率大学通信教育講座  「仕事の見える化 マニュアル化」受講期間 2か月受講料  19,440円■主な対象者 ・マニュアルを作成する機会のある...

 
このプロの紹介記事
株式会社クオーレの工藤正彦さん

マニュアルの力で現場を強化し、組織の文化を作る(1/3)

 マニュアル作成・活用専門会社である株式会社クオーレ。代表取締役の工藤正彦さんは、前職で教育用ビデオを制作するうち、マニュアルの重要性に気づいたと言います。「ビデオのマニュアルにあたるシナリオがよければ、映像の出来もよくなるとわかり、文書の...

工藤正彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

マニュアルの作成・活用・改訂で組織を改革!

会社名 : 株式会社クオーレ
住所 : 東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL : 03-5261-2294

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5261-2294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤正彦(くどうまさひこ)

株式会社クオーレ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マニュアル整備で成果を出す会社は ココが違う
イメージ

マニュアルを作成し、それを現場で徹底的に活用し、そこで気づいたことや改善点などを反映させて、改訂版を発行...

[ マニュアルの活用と成果 ]

「ムダの正体」を追求するよりも
イメージ

「ムダ・ムラ・ムリをなくす」業務改善活動でよく使われるフレーズである。ムダの代表例として、「長時間...

[ マニュアルとは? ]

「厳格なマニュアル」なんてものは・・・
イメージ

ある新聞記事に、「厳格なマニュアル」という表題で始まる記事が載っていた。はて? “厳格な”とはどういうこ...

[ マニュアルとは? ]

マニュアルと具体性
イメージ

マニュアルに求められる「具体性」とは何か。マニュアルを読んで同じようにできるという「再現性」。これがマニ...

[ マニュアルとは? ]

マニュアルづくりは、「考えや感覚」を鍛える
イメージ

「今回気づいたことなんですが……」マニュアル作成メンバーの一人が、おもむろに口を開いた。「やっぱ、感覚...

[ マニュアル作成のポイント ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ