コラム

 公開日: 2017-05-10  最終更新日: 2017-09-08

時代に合わせ、未来を見据えて


ある高名な学者がのたまったそうだが、
戦後の日本をダメにしたものの一つに、「マニュアル」があるという。

「日本をダメにした……」とは大ごとだが、もしそうだとしたら、戦後70年近くになってもいまだに
「マニュアル、あぁマニュアル」などと叫んでいるマニュアル屋さんは、さしずめA級戦犯ものである。
寝転んで「マニュアル恋唄」なんぞを、お気楽に唄っている場合ではないのだ。
戦後における「マニュアル」の果たしてきた役割やその功罪について、ここで検証するつもりはないが、
その影響力は非常に大きかったらしい。
そのせいか、現在にも続くマニュアルへの批判的な見方は、その反動?なのかもしれない。

何でもそうだと思うが、一つの時代に必要とされるものが出てくる。
そして、その後の時代の流れの中で、淘汰されていく。

進化論のダーウィンいわく、
「生き残ったのは、強いものではなく、変化に対応できたもの」
という説を踏まえれば、「マニュアル」は立派に生き残ってきていると言える。
つまり、「マニュアル」は、“変化に対応”してきたのだ。
確かに、従来の機械的作業マニュアルから、人間味?あふれるマニュアル、仕組みを伴うマニュアル
へと大きく変化してきている。
これからもさらに、成長変化していくことだろう。
だから、評価とか批評というのは、本来非常に難しいとも言える。
変化の激しい現代においては、なおさら未来志向の視点が問われているように思う。

最近、その「変化」に驚かされることがあった。
年代により「マニュアル」の捉え方が大きく違うのだ。
具体的には、50代以上と20代とではまるで違っている。
極端な言い方をすれば、「マニュアル排他主義VS依存主義」的な違いなのだ。
これはある意味当たり前のことかもしれない。まさに、年代による価値観の違い、ギャップである。
これは他のことでもそうだと思う。
「今の若い人の考え方がわからない」
「今どきの新人は、異星人だと思え」
などとも通じることだ。確かに、違うのだ。
だから、その違いを認めて、上手につき合うしかない。

一番成果があがる捉え方・作り方・活用の仕方を模索する

「マニュアル」についても同様である。
「必要だ」という点では少なくとも一致している気はするが、その範囲、内容、深さ、さらには、
「必要」という温度差にかなりの開きがある。

この認識を踏まえて、では成果をあげるためにはどうするか、という議論が必要になると思う。
50代以上の「認識」をただ押し付けても、何ら成果は出ない。
重要なことは、時代に合わせて、認識の違いを踏まえて、一番成果があがる捉え方・作り方・活用の
仕方を模索しなければならないということだ。
なぜなら、「マニュアル」は、時代の荒波に耐えて生き残ってきたのだから。
もっと評価をされても、良いはずである。

「マニュアル」がもっとより良く“変化対応”できるように、ますますマニュアル屋さんも頑張らねば。
オチオチ、唄など唄っている場合ではないのだ。
こりゃ、長生きせんといかんなあー。


■作成・活用事例~株式会社クオーレ ホームページ
■マニュアル作成のヒントが満載!マニュアル工房 (無料サンプルもあります)


工藤正彦 著作

『成功したければマニュアルどおりにやりなさい。』(実務教育出版) 2015年

この記事を書いたプロ

株式会社クオーレ [ホームページ]

経営コンサルタント 工藤正彦

東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL:03-5261-2294

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
スタッフのつぶやき
イメージ

このところ、マニュアルの改訂の仕事が続いています。マニュアルは一度作って終わりではなく、本当に使えるマニュアルにするには、定期的な改訂が必要です。改訂...

工藤正彦 著作
イメージ

産業能率大学通信教育講座  「仕事の見える化 マニュアル化」受講期間 2か月受講料  19,440円■主な対象者 ・マニュアルを作成する機会のある...

 
このプロの紹介記事
株式会社クオーレの工藤正彦さん

マニュアルの力で現場を強化し、組織の文化を作る(1/3)

 マニュアル作成・活用専門会社である株式会社クオーレ。代表取締役の工藤正彦さんは、前職で教育用ビデオを制作するうち、マニュアルの重要性に気づいたと言います。「ビデオのマニュアルにあたるシナリオがよければ、映像の出来もよくなるとわかり、文書の...

工藤正彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

マニュアルの作成・活用・改訂で組織を改革!

会社名 : 株式会社クオーレ
住所 : 東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL : 03-5261-2294

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5261-2294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤正彦(くどうまさひこ)

株式会社クオーレ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
業務マニュアルの作成は、自分の仕事の棚卸し
イメージ

マニュアルの原稿を書くということは、今やっている仕事を振り返ることから始まる。つまり、自分の仕事を“棚卸...

[ マニュアル作成のポイント ]

マニュアルを「作る側」と「使う側」の違い
イメージ

同じものを見ても、人によって感じ方・受け取り方が違う。当たり前なのかもしれないが、面白いと思う。先日...

[ マニュアルの活用と成果 ]

存在すら忘れられていた「マニュアル」
イメージ

定期的なメンテナンス。身体はもちろんのこと、様々なモノやコトのチェックや改良にとって、とても重要である...

[ マニュアル改訂 ]

習得すべき「基準」がない?
イメージ

「マニュアルは、自分たちが必要だと思わなければ、作っても使ってもらえない」と面と向かって言われたことが...

[ マニュアルとは? ]

マニュアル作成の落とし穴
イメージ

マニュアルに求められる“精度”とは、どんなレベルのことだろうか。一言で言えば、それは「再現できるかどう...

[ マニュアル作成のポイント ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ