コラム

 公開日: 2017-01-11  最終更新日: 2017-02-06

言葉の活力

ある地方の企業から講演を頼まれた。
講演の前に、その企業の社長に会社のあれこれについてお話を伺ったあと、
なぜ講演を依頼してきたのか、ぶしつけにも聞いてみた。
「工藤さんの本を読んで、何ていうか、作者の思いというものが随所に
感じられたんですよ。他のマニュアル本は、テクニックが中心だったですから……」
「えっ、えっ、本当ですか!」思わずドモってしまった。
正直、とてもうれしかった。

“思い”という言葉は、マニュアル屋さんにとって、キーワードである。
マニュアルを再定義したときも、「トップの熱い思いを出発点として……」と書いたくらいである。
(詳しくは、拙著『実戦 業務マニュアルの作り方・活かし方』を参照していただければ……)

“コト”にかける思い、熱い思いが、すべてを制する(最も重要である)。
このフレーズをマニュアル屋さんは、至る所で頻繁に使っている。
セミナーや講演は言うに及ばず、企画書やレジュメといった類にも、
さらには部下を指導するときにも使う。
「君の仕事を見ていると、思いが感じられない」といった具合に。
好きなのである、この言葉が。いつ頃から、どういう理由で使い始めたのか、
とんと記憶にないが、気がついたら使っていた。
この言葉を口にするだけで、何となく元気になれる。ポジティブになれる。
ちょっとスランプに陥ったときも、「何とかしようとする思いがあったのか?
強烈に思ったのか?」と自問自答する。
マニュアル屋さんにとって、この言葉は活力を、叱咤激励を与えてくれる言葉なのである。

くだんの講演は、いつにも増して思いを込めて、まさに熱演した。
「マニュアルの作成は、“思い”から始まるのです!」
マニュアル屋さんの思いは、聴衆に伝わったであろうか……。

帰り道、同行した社員と話をした。
「いやぁー、うれしいなぁー。思いがわかる人がいるんだなぁー。(ルンルン)」
「はぁー、でも、片思いにならなければいいんですが……」
「ん? 何、それ!」
「……いつもよりカンでいましたし、スベってましたよ」
「…………」
気をつけよう、思い言葉と自己満足。(オソマツ)

工藤正彦 著作

・ 『業務マニュアルの作り方・活かし方―作成・活用・改訂、これこそがマニュアル! 』
(アスカビジネス) 2005年
『実戦 業務マニュアルの作り方・活かし方』 (アスカビジネス) 2009年
『成功したければマニュアルどおりにやりなさい。』(実務教育出版) 2015年

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

マニュアル作成のヒントが満載!サンプル豊富!!(無料サンプルもあります)
 → マニュアル工房

この記事を書いたプロ

株式会社クオーレ [ホームページ]

経営コンサルタント 工藤正彦

東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL:03-5261-2294

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
スタッフのつぶやき
イメージ

2月14日の火曜日はバレンタインデーでした。チョコをあげる人、もらう人、悲喜こもごも?の一日だったと思います。中には、「まったく関係ない」とう方もいらっ...

工藤正彦 著作
イメージ

産業能率大学通信教育講座  「仕事の見える化 マニュアル化」受講期間 2か月受講料  19,440円■主な対象者 ・マニュアルを作成する機会のある...

 
このプロの紹介記事
株式会社クオーレの工藤正彦さん

マニュアルの力で現場を強化し、組織の文化を作る(1/3)

 マニュアル作成・活用専門会社である株式会社クオーレ。代表取締役の工藤正彦さんは、前職で教育用ビデオを制作するうち、マニュアルの重要性に気づいたと言います。「ビデオのマニュアルにあたるシナリオがよければ、映像の出来もよくなるとわかり、文書の...

工藤正彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

マニュアルの作成・活用・改訂で組織を改革!

会社名 : 株式会社クオーレ
住所 : 東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL : 03-5261-2294

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5261-2294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤正彦(くどうまさひこ)

株式会社クオーレ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【朗報!】 業務マニュアルのつくり方が通信教育に!
イメージ

産業能率大学の通信教育の教材が、ようやく完成した。自分で言うのもなんだが、1年間に及んだ労作である。依...

[ マニュアル作成のポイント ]

マニュアルからは、本当に創意工夫は生まれないのか?
イメージ

普段なにげなく「マニュアル」という言葉を使っているが、この「マニュアル」の捉え方やイメージは人によって様...

[ マニュアルとは? ]

いつもやっていることを、ひとつひとつ丁寧に分解してみよう
イメージ

これまで何度か「マニュアル」づくりの大変さについて書いてきたが、それはクライアント(依頼者)側が中心で...

[ マニュアル作成のポイント ]

習得すべき「基準」がない?
イメージ

「マニュアルは、自分たちが必要だと思わなければ、作っても使ってもらえない」と面と向かって言われたことが...

[ マニュアルとは? ]

使えるマニュアルは、時代を映す
イメージ

「マニュアル」は、時代を映す“鏡”である。例えば、メールの書き方や携帯電話を使用するときの注意事項など...

[ マニュアル作成のポイント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ