コラム一覧

1件~15件(186件)

過去の15件

業務マニュアルの作成は、自分の仕事の棚卸し

イメージ

マニュアルの原稿を書くということは、今やっている仕事を振り返ることから始まる。つまり、自分の仕事を“棚卸し”するわけだ。そうすると、色々なことに気づく、気づかされる。一番代表的なのは、「結構、イイ加減にやっている」ということかもしれない。言葉は悪いが、その場その場のやり... 続きを読む

マニュアル作成のポイント

2017-11-14

締め切りは、守る。

イメージ

「必ず予定通りに提出してください」「締切日は、厳守です」などと、結構厳しくお願いしている。送られてきたマニュアルをチェックする側としては、それに合わせて人数や日程を組むわけだから、これが守られないと困るのだ。マニュアル屋さん一人のチェックならいざ知らず、複数のス... 続きを読む

マニュアル屋の独り言

2017-11-07

研修講師とマニュアル屋

イメージ

企業研修の講師と話をした時のことである。「研修は、どうしても言いっぱなしになる。その点、マニュアルは形になるから、 繰り返し使えていいよなー」「確かに、繰り返し使えるというのは、マニュアルの強みだね」このコラムにも書いたが、視点や立場の違いによって、そのモノやコ... 続きを読む

マニュアル屋の独り言

2017-10-31

「マニュアル」の伝道師

イメージ

ある企業のトップに言われた。「マニュアル屋さんは、伝道師ですね。熱い思いを伝えようとしている」正直、とても嬉しかった。これまで、「マニュアルって、本当に効果や成果が上がるんですよ」と色々な機会を利用して熱く語ってきた。ホントにそう思うからだ。時に口から泡を飛ばし... 続きを読む

マニュアル屋の独り言

2017-10-24

マニュアルを「作る側」と「使う側」の違い

イメージ

同じものを見ても、人によって感じ方・受け取り方が違う。当たり前なのかもしれないが、面白いと思う。先日、こんなことがあった。ある企業でのマニュアル検討会でのことである。今回は幹部も出席するということなので、事前にマニュアルを渡して読んでもらっていた。開始早々、幹部曰... 続きを読む

マニュアルの活用と成果

2017-10-17

マニュアルで躾ける?

イメージ

企業内研修の講師をしている友人と久し振りに会った。お酒の酔いが回って饒舌になった友人曰く、「ゆとり世代の教育は、ホント難しい。ちょっと注意すると、すぐ涙目になるんだぜ。 すごく酷いことを言ったみたいで、こっちがドギマギしてしまうよ」彼ほどではないが、マニュアル屋... 続きを読む

マニュアル屋の独り言

2017-10-10

存在すら忘れられていた「マニュアル」

イメージ

定期的なメンテナンス。身体はもちろんのこと、様々なモノやコトのチェックや改良にとって、とても重要である。マニュアルも、しかり。「マニュアルは固定したものではない」「改訂は、必須事項である」などなど、事あるごとに「改訂」の必要性を訴えてきた。改訂されないマニュアル... 続きを読む

マニュアル改訂

2017-10-03

ヤーさんとマニュアル 3

イメージ

「過去の成功体験を捨てよ!」変化の厳しい現代、“どんな企業”のトップも、生き残りのためにすさまじい危機感を持ってコトにあたっている。実は、冒頭の一文の前に、「代紋を使ってシノギ(経済活動)ができる時代ではない」というのが書いてある。そう、これは“ヤーさん”の組織のト... 続きを読む

マニュアル屋の独り言

2017-09-29

マニュアル職人の矜持

イメージ

友人が 「会社の経営には、トップの熱い思いが、ホントに必要だ!」と、まさに熱く語ってくれた。このことはよく言われていることでもあるが、実践し続けることはなかなか難しい。やれ売上が上がらない、やれ人が定着しないなどなど、モグラ叩きのように次から次と問題が起きる。それに忙... 続きを読む

マニュアル屋の独り言

2017-09-27

目標・目的達成への近道

イメージ

何事もそうだと思うが、地道にコツコツ、粘り強く前に進めることが、何かを実現・達成するための近道。まさに、「継続は、力なり」である。「マニュアル」においても、そうである。特に、作成した後の活用、そして、改訂は長期戦になるから、「何としてでも!」という覚悟と思いが継続... 続きを読む

マニュアルの活用と成果

2017-09-25

経営者とマニュアル

イメージ

「マニュアルが千ページもあって、使われていないので困っている」「うちはまったくマニュアルを必要としていない。みんな頑張って仕事を工夫しているよ」ある経営セミナーで、こんな発言があったとのこと。このセミナーに参加された経営者の方曰く、「作成・活用・改訂のサイクルを... 続きを読む

マニュアルの活用と成果

2017-09-21

マニュアルの成否を握るのは、徹底するチカラ

イメージ

「重要なことは、ただやるのではなく、『やり切る』こと。 一つのことを徹底するチカラ、『徹底力』が問われています」こんなことを、講演会や研修で毎回強調している。いくら頑張ってマニュアルを作成しても、その活用が現場任せであったり、おざなりな取り組みでは、成果は上がらな... 続きを読む

マニュアルの活用と成果

2017-09-19

マニュアル作成の時間を保証する

イメージ

マニュアルを作成する、原稿を書くという作業は、膨大なエネルギーと時間、そして集中力を必要とする。経験した人ならわかると思うが、一言で言えば、非常にしんどい作業なのだ。「マニュアル作成プロジェクト」に選ばれたメンバーは、言うまでもなく、このマニュアルを「書く」という... 続きを読む

マニュアル作成のポイント

2017-09-15

マニュアルによる業務改善へのアプローチ事例

イメージ

マニュアル作成をお手伝いした企業の役員の方からお手紙をいただいた。「問題があるのはわかっていましたが、それをどのように解決したら良いのか、手の打ちようがまったくわからない状態が続いていました。マネジメントが問題なのか、構造上に欠陥があるのか、クリエィティブ部門という... 続きを読む

マニュアルの活用と成果

2017-09-13

マニュアル活用のポイントは、ゴールの設定にあり

イメージ

マニュアルの作成・活用をスポーツに例えると、作成は短距離走、活用はマラソンである。作成は、スタートが非常に重要になる。最初にマニュアルの理解、作成方法などをしっかり把握しておかないと、あとあと困る。変な方向に走ったり、変なところにパワーや時間をかけてしまうからだ。... 続きを読む

マニュアルの活用と成果

2017-09-11

1件~15件(186件)

過去の15件

RSS
スタッフのつぶやき
イメージ

このところ、マニュアルの改訂の仕事が続いています。マニュアルは一度作って終わりではなく、本当に使えるマニュアルにするには、定期的な改訂が必要です。改訂...

工藤正彦 著作
イメージ

産業能率大学通信教育講座  「仕事の見える化 マニュアル化」受講期間 2か月受講料  19,440円■主な対象者 ・マニュアルを作成する機会のある...

 
このプロの紹介記事
株式会社クオーレの工藤正彦さん

マニュアルの力で現場を強化し、組織の文化を作る(1/3)

 マニュアル作成・活用専門会社である株式会社クオーレ。代表取締役の工藤正彦さんは、前職で教育用ビデオを制作するうち、マニュアルの重要性に気づいたと言います。「ビデオのマニュアルにあたるシナリオがよければ、映像の出来もよくなるとわかり、文書の...

工藤正彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

マニュアルの作成・活用・改訂で組織を改革!

会社名 : 株式会社クオーレ
住所 : 東京都新宿区矢来町24-3 マリオン神楽坂2F [地図]
TEL : 03-5261-2294

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5261-2294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤正彦(くどうまさひこ)

株式会社クオーレ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
業務マニュアルの作成は、自分の仕事の棚卸し
イメージ

マニュアルの原稿を書くということは、今やっている仕事を振り返ることから始まる。つまり、自分の仕事を“棚卸...

[ マニュアル作成のポイント ]

マニュアルを「作る側」と「使う側」の違い
イメージ

同じものを見ても、人によって感じ方・受け取り方が違う。当たり前なのかもしれないが、面白いと思う。先日...

[ マニュアルの活用と成果 ]

存在すら忘れられていた「マニュアル」
イメージ

定期的なメンテナンス。身体はもちろんのこと、様々なモノやコトのチェックや改良にとって、とても重要である...

[ マニュアル改訂 ]

習得すべき「基準」がない?
イメージ

「マニュアルは、自分たちが必要だと思わなければ、作っても使ってもらえない」と面と向かって言われたことが...

[ マニュアルとは? ]

マニュアル作成の落とし穴
イメージ

マニュアルに求められる“精度”とは、どんなレベルのことだろうか。一言で言えば、それは「再現できるかどう...

[ マニュアル作成のポイント ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ